介護用語辞典
訪問入浴介護(ほうもんにゅうよくかいご)
入浴が困難な要介護状態の方の自宅に、看護職と介護職の合計3名(要支援の場合は2名)が1チームとなって訪問し、居室内に浴槽を運び込み、看護職等の健康チェックを受けた上で、浴槽内で洗髪・洗体などの入浴介助を受けるサービスです。
1回1時間程度で、料金は介護度に関係なく一律です。
状態によって清拭(蒸タオルなどで体を拭くこと)や洗髪のみ等の部分浴となった場合は料金が変更になります。事業所の体制による加算がつく場合もあります。

*在宅で要介護1~5の方が対象です。
要支援1・2の方は介護予防訪問入浴介護の対象となります。

<平成23年4月現在>1回の料金のめやす:
介護保険自己負担額
・全身浴 およそ1400円程度   
・部分浴 およそ950円程度 

※介護保険自己負担額は加算や地域によっても金額は異なります。