介護用語辞典
第一号被保険者(だいいちごうひほけんしゃ)
介護保険法に規定されている65歳以上の高齢者のことです。
第一号被保険者は介護保険料が原則として年金からの天引きとなっています。
65才になると住民票のある市町村から全員に介護保険証が郵送されますが、介護保険のサービスを利用するには、その介護保険証を添付し市町村に要介護認定申請を行い、認定結果が要支援1・2または要介護1~5に該当する必要があります。
要介護認定の申請は、地域包括支援センターや指定居宅介護支援事業所でも代行できます。