介護用語辞典
認定調査(にんていちょうさ)
要介護認定の申請をした方がどのくらいの介護を必要としている状態であるかを確認するために、市町村が認定調査員を自宅や病院、施設に派遣して本人や家族に聞き取りをする調査のことです。
全国一律の項目による認定調査票に基づいて、心身の状況・医療の必要性・認知症状などを確認し、概況調査として周辺や屋内の環境・家族の状況なども調査されます。
認定調査は市町村の職員・嘱託員のほか、市町村の委託を受けた指定市町村事務受託法人に所属し、市町村指定の研修を修了した介護支援専門員(ケアマネジャー)も行うことができます。
この調査結果と主治医の意見書をもとにコンピュータによる一次判定が出されます。