介護用語辞典
介護認定審査会(かいごにんていしんさかい)
要介護認定の申請をした方の要介護度を判定するために、市町村から任命された地域の保健・医療・福祉の専門家など3~5名程度の委員で構成する合議体のことです。
公正を期するため、審査会資料には申請者の氏名など個人情報は提示されません。
介護認定審査会では認定調査結果等をコンピュータで判定した一次判定の結果と、認定調査の特記事項や主治医の意見書をもとにして二次判定を行い、自立(非該当)、要支援1・2、要介護1~5のいずれに該当するかが決定されます。
自立(非該当)となった場合、介護保険サービスは利用できませんが、市町村が実施する地域支援事業の介護予防プログラム等を利用することができます。