介護用語辞典
地域密着型サービス(ちいきみっちゃくがたさーびす)
平成18年4月の改正介護保険法施行に伴って導入された新しいサービスです。要介護状態や要支援状態になっても、住み慣れた地域で安心して暮らせることを目的として創設されました。
地域密着型サービスは、事業所の指定や指導監督を市町村で行うため、原則として事業所のある市町村在住の方が対象となります。

具体的には次のようなサービスがあります。
※各サービスの解説はこのサイト内の介護用語辞典に掲載されています。

*要介護1~5の方が対象です。
(1)夜間対応型訪問介護  
(2)認知症対応型通所介護  
(3)小規模多機能型居宅介護
(4)認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
(5)地域密着型特定施設入居者生活介護
(6)地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

*要支援1・2の方が対象です。
(1)介護予防認知症対応型通所介護  
(2)介護予防小規模多機能型居宅介護

*要支援2の方のみ対象です。
(1)介護予防認知症対応型共同生活介護(介護予防グループホーム)