介護用語辞典
介護福祉士(かいごふくしし)
昭和62(1987)年制定の「社会福祉士及び介護福祉士法」において定められた国家資格で、社会福祉士・精神保健福祉士とともに「三福祉士」と呼ばれます。
利用者本位・自立支援・専門的サービスの提供・プライバシーの保護などを基本理念とする「介護の専門職」です。訪問介護員(ホームヘルパー)として在宅の利用者の身体介護(排泄・食事・入浴などの介助)や、調理・買い物・掃除・洗濯などの生活援助、相談・助言などを行い、また入所や通所の事業所でケアワーカーや介助員として利用者の介助などを行っています。
介護福祉士になるには、ヘルパー資格(厚労省指定の研修を修了した者)等を取得後3年以上の実務経験のあと国家試験(年1回実施)に合格する方法と、養成校を卒業する方法※があり、ともに財団法人社会福祉振興・試験センターに登録することが必要です。国家試験や受験資格については財団法人社会福祉振興・試験センターのサイトに詳しく掲載されています。
※平成23年度から受験資格の変更があり、平成24年度からは更に、実務経験3年以上に加え養成施設6か月以上履修が必要となり、、また養成施設卒業者にも国家試験受験が義務付けられる予定です。