介護用語辞典
療養通所介護(療養デイサービス) (りょうようつうしょかいご(りょうようでいさーびす) )
平成18年4月の改正介護保険法施行に伴って導入されたサービスの一つです。
在宅でがんの末期(ターミナル)の方や、痰の吸引、人工呼吸器の管理など医療処置の必要な中重度の要介護状態の方が、医療機関や訪問看護ステーションと連携したデイサービス事業所等に通い、日帰りで健康チェック・入浴・食事・機能訓練などを受けるサービスです。
従来の通所介護では受け入れが不可能だった方の外出や交流の場として、また家族の介護負担軽減も、より大きな役割となっていることが特徴です。
介護保険の利用料の他に食費や日常生活費など、利用に応じて実費が必要になる事業所もあります。事業所の体制による加算がつく場合もありますが、事業所によって異なりますので利用の際には確認することが必要です。
 
*要介護1~5の中でも、医療依存度の高い中重護の方などが対象です。
また医療保険の場合は、事業所の定める金額(全額自己負担)で利用することも可能です。

<平成23年4月現在>1回の料金のめやす:
介護保険自己負担額およそ1600円程度(介護度区分なし)
食費およそ500~900円程度、
日常生活費など適宜

※介護保険自己負担額は加算・地域によっても異なります。