介護用語辞典
ケアカンファレンス(けあかんふぁれんす)
「カンファレンス」は「会議」という意味で、「ケアカンファレンス」とは医療や福祉の現場で、よりよい治療やケアのためにスタッフ等関係者が、情報の共有や共通理解を図ったり、問題の解決を検討するための様々な会議のことです。
スタッフが学びや気づきを深めるために、事例検討を行うこともあります。
開催の目的や状況によって、利用者や家族の同席がある場合と、スタッフや関係者だけで行われる場合がありますが、いずれもスタッフ、関係者には個人情報に関する厳しい守秘義務が課せられています。
また「サービス担当者会議」もケアカンファレンスの一種ですが、介護保険制度特有の名称であり、介護支援専門員(ケアマネジャー)が主催すること、法令で開催が義務づけられていることなどが、通常のケアカンファレンスとは異なります。