介護用語辞典
医療ソーシャルワーカー(MSW)(いりょうそーしゃるわーかー(えむえすだぶりゅう))
医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker)は、略してMSWとも呼ばれます。
保健医療分野のソーシャルワーカー(社会福祉における相談援助の専門職)で、主に病院、介護老人保健施設(老健)、精神障害の方の在宅支援施設や行政の保健福祉センターなどに配置されています。
法律で規定された資格は特にありませんが、採用にあたっては国家資格である社会福祉士と、精神の領域では精神保健福祉士が必須とされることが多いようです。
業務内容は、病院では医療相談室や地域連携室などに所属し、利用者が治療や療養を安心して受けられるよう経済的な相談にのったり、患者や家族の立場に立って医療職との交渉や調整を行います。
また退院退所に向けて在宅生活への不安を取り除き、介護保険や障害の制度などの情報提供や手続きの支援をしたり、ケアカンファレンス、サービス担当者会議などに参加します。
行政や在宅支援施設では、保健師や地域の医師、地域包括支援センター、介護支援専門員(ケアマネジャー)などと連携をとりながら、利用者の在宅生活を支えるため、医療的な相談にのったり、他の制度につなげる支援などを行います。


関連用語(外部サイト)