介護用語辞典
レスパイトケア(れすぱいとけあ)
レスパイト(respite)とは、「休息」「息抜き」「小休止」という意味です。
レスパイトケアとは、在宅介護の要介護状態の方(利用者)が、福祉サービスなどを利用している間、介護をしている家族などが一時的に介護から解放され、休息をとれるようにする支援のことです。
具体的には、介護保険の通所系のサービスやショートステイ(行政が行う緊急ショートステイもあります)などがレスパイトサービスですが、インフォーマルサービスとして、普段は介護していない親族や、友人、近隣などが支援することも挙げられます。
これは介護をする側へのケアですが、その大きな目的は、在宅介護の継続が可能になることにあります。
介護者がほっと一息つくことで心も体もリフレッシュし、介護疲れや共倒れを防ぐことができること、利用者も気分転換や家族の介護を客観的に見ることができ、主体的に介護を受けることができるなど、利用者の視点でのメリットも大切にする必要があります。