介護用語辞典
ターミナルケア(たーみなるけあ)
ターミナルケア(Terminal Care)とは、終末(期)の医療や看護のことです。
主に末期がんなどの方を対象としますが、専門的な施設としては、ホスピス(Hospice)とも呼ばれるものがあります。在宅のサービスとしては、往診や訪問看護でのケアが挙げられます。
最近では医療だけではなく、「看取り」のケアとして介護の領域でも積極的に取り上げられるようになりました。
対象となる方も末期がんだけではなく、さまざまな疾患や老衰など広範囲にわたっており、すでに一部の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)や有料ホームなどで行われています。。
今後は在宅を中心として、延命だけではなく、「住み慣れた地域で家族や親しい人に囲まれた、穏やかな人生の終焉」を迎えるために、QOL(生活の質、人生の質)に重点を置くケアを目指すことが必要とされています。