介護用語辞典
ADL(日常生活動作)(えーでぃーえる(にちじょうせいかつどうさ))
ADLとは「Activities of Daily Living」の略称で、「日常生活動作」と訳されます。
食事、排泄、入浴など生きていく上で必要な基本的動作のことです。
主に医療、リハビリテーション、福祉の分野などで活用される概念です。
またADLに対し、IADL(Instrumental Activities of Daily Living)「手段的日常生活動作」という、在宅生活や社会生活を営むために必要な家事、買い物、外出、服薬や金銭の管理などの、より高度な動作を指す概念もあります。
介護保険の要介護認定調査では、このADLとIADLなどについて調査します。
近年では医療、福祉とも、ADLだけではなくQOL(生活の質)の向上を目指し、利用者にとっての理想やゴールを尊重するという「ADLからQOLへ」という流れが主流になっています。