介護用語辞典
介護サービス情報の公表制度(かいごさーびすじょうほうのこうひょうせいど)
 介護サービス情報公表制度は、利用者のサービス選択を支援する子とを目的として、平成18年4月に施行されました。この制度は、介護保険制度の基本理念である「利用者本位」「高齢者の自立支援」「利用者による選択(自己決定)」を現実のサービス利用において保障するための仕組みです。
 情報公表制度の基本的な考え方は、あくまでも介護サービスの内容を明らかにし、利用者がサービス選択を適切に行えるようにするための情報開示の徹底であり、サービスの評価ではないということが特徴です。様々な価値観がある中で、サービスの質を一定のものさしで測ることは難しく、介護サービスの評価は、あくまでも利用者自らが行うという考え方を基本としています。
 公表される情報は、基本情報と運営情報から構成され、基本情報は、事業所を運営する法人の概要やサービス従事者の数、サービスの内容や料金体系、利用者の実績など、事業所のサービスを選択するうえでの事実情報です。
 運営情報は、利用者本位のサービス提供の仕組み、職員教育の状況など、介護サービス事業所のサービスの内容、運営等に関する取り組みの状況を利用者が把握するための情報です。


関連用語