介護用語辞典
第三者評価(だいさんしゃひょうか)
 介護分野における第三者評価とは、介護サービスの質について、サービスを提供する事業者でなく、サービスを利用する利用者でもない公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場からおこなう評価をいいます。
 評価の目的は、個々の事業者が事業運営における問題点を把握し、事業者自らがサービスの質の向上に取り組むことができるよう支援することと、評価結果を公表して利用者のサービス選択に資することの2つがあります。
 第三者評価は、第三者評価機関が事業所に調査員を訪問させ、評価項目にしたがってサービスの質を点検し、改善につなげる仕組みです。一方、介護サービス情報公表制度は、利用者が介護サービスを選択するために必要となる情報を事業所自らが提供する仕組みです。