新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:93
1 / 5
 2017/03/23:●神奈川県からのお知らせ●「平成29年度集団指導講習会」について
(このメールは、県域(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市を除く県内)に所在する事業所に配信しています。なお、横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市に所在する事業所については、各市が開催する集団指導講習会に出席する必要がありますので、各市の案内に従って受講してください。)

日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
さて、神奈川県では、毎年度、県域(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市を除く県内)に所在する介護保険指定事業者を対象に標記講習会を実施しておりますが、この度、平成29年度講習会の日程が決定しましたのでお知らせします。
本講習会は、介護保険法第24条に基づく事業者指導として実施するものですので、原則として事業所の管理者の方が必ず出席してください。
また、本件につきましては、郵送による個別の通知は行いませんのでご注意ください。

(日程表掲載場所)
「介護情報サービスかながわ」
 →ライブラリ(書式/通知)
  →10.セミナー・講習会・研修
  http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=21
     →平成29年度集団指導講習会

講習会の出席方法等、詳細については、4月中旬以降にメール配信システム「介護情報サービスかながわ」にてお知らせいたします。

***************************
問合せ先
 電話045(210)1111(代表)
 高齢福祉課在宅サービスグループ  内線4840~4843
   〃  保健・居住施設グループ 内線4856~4859
   〃  福祉施設グループ    内線4851~4854
***************************
 2017/03/23:<神奈川県からのお知らせ>「介護職員研修受講促進支援事業補助金について」
介護職員初任者研修や実務者研修を受講する従業員に対して、介護事業者が受講料の負担や代替職員の配置などの支援を行う場合に、その費用に対して補助します。

平成29年度の申請手続きについて、県ホームページ及び介護情報サービスかながわの書式ライブラリーに掲載しましたので、ご確認をお願いします。

○県ホームページ 介護職員研修受講促進支援事業補助金
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f533152/
○書式ライブラリー
 トップカテゴリー「18補助金・助成金等」
 カテゴリー「介護職員研修受講促進支援事業費補助」

********************
 231-8588 横浜市中区日本大通1
 神奈川県保健福祉局
 福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
 TEL 045-210-4768
********************
 2017/03/16:●神奈川県からのお知らせ●平成29年度喀痰吸引等研修実施体制強化事業費補助金の募集について
「喀痰吸引等研修実施体制強化事業費補助金」は、国の地域医療介護総合確保基金を活用し、喀痰吸引等研修の事業の開始又は拡充のための初度経費等について助成するものです。
平成29年度の募集要項等を次の箇所に掲載しましたので、ご案内します。

●HP「介護情報サービスかながわ」
    書式ライブラリー
  14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養
    喀痰吸引等研修実施体制強化事業費補助金 
  http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=841&topid=23

●HP「障害福祉情報サービスかながわ」
   書式ライブラリ
6.お知らせ(県内共通)
  2 喀痰吸引等制度に関するお知らせ
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=67&topid=15

補助を希望する場合は、補助条件等を十分にご確認いただき、必要書類を揃えて、事前に連絡の上、平成29年3月15日(水)~平成29年4月14日(金)までに申請してください。
交付申請締切り後、申請内容、拡充計画等を審査の上、補助対象事業者を選定し、交付決定します。

問合せ・申請先
【第1号、第2号登録研修機関】
神奈川県 高齢福祉課 福祉施設グループ 佐々木
  電話(045)210-1111 内線4852
【第3号研修登録研修機関】
  神奈川県 障害福祉課 調整グループ 間瀬、時岡
電話(045)210-1111 内線4734 
 2017/03/16:●神奈川県からのお知らせ●登録研修機関の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録研修機関の登録状況(平成29年3月15日現在)について「介護情報サービスかながわ」及び「障害福祉情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。


(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録研修機関一覧」

障害福祉情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録研修機関一覧」
 2017/03/16:●神奈川県からのお知らせ●登録特定行為事業者の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録特定行為事業者の登録状況(平成29年3月15日現在)について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録特定行為事業者登録状況一覧」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」

障害福祉情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
 「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」
 2017/03/13:経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者受入れ希望機関の求人登録受付け及び受入れ説明会開催のご案内
 本県の保健福祉行政の推進につきましては、日ごろより格別のご協力をいただき厚く御礼申し上げます。
 本県では、経済連携協定(EPA)に基づき来日し、病院・介護施設において就労しながら国家試験合格を目指している外国人看護師・介護福祉士候補者への支援を行っています。この制度は、看護師候補者は3年、介護福祉士候補者については4年以内に日本の資格を取得し、引き続き日本に滞在できるようにするものです。
 このたび、別公益社団法人国際厚生事業団において平成30年度看護師・介護福祉士候補者の受入れに係る求人登録申請の受付け及び受入れ説明会を行いますので、ご案内いたします。

《平成30年度 経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者受入れ希望機関の求人登録申請の受付けについて》
■申請期間  
 平成29年3月30日(木)~平成29年5月12日(金) ※当日消印有効
■申請方法  
 ・国際厚生事業団ウェブサイトにて平成29年3月30日(木)より案内開始します。
    http://jicwels.or.jp/?p=3384

《平成30年度 済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者受入れ説明会について》
(東京会場)※その他、福岡会場、大阪会場でも実施します。
■日時 平成29年4月10日(月)、4月11日(火) 13時開会(予定)
■会場 JA共済ビル カンファレンスホール(1階)(東京都千代田区平河町2-7-9)
■定員 各日162名
■説明内容 詳細は国際厚生事業団ウェブサイトにてご確認ください。
    http://jicwels.or.jp/?p=3377

===================
問い合わせ先
神奈川県保健人材課調整グループ 伊藤
電話:045-210-1111(内線 4766)
===================
 2017/03/10:<神奈川県からのお知らせ>「介護職員子育て支援代替職員配置事業費補助」について
神奈川県では、平成29年度より、出産・育児休業等から復職した介護職員が育児のために短時間勤務等を希望する際に、介護サービス事業者が代替職員を雇用する場合の費用の一部について、補助する制度を開始する予定です。

(補助額)
  短時間勤務の介護職員1人当たり 上限額 25万円
(補助対象)
  出産・育児休業後に復職し、短時間勤務制度を利用する介護職員の他、出産・育児のために一度退職し、介護職員として短時間勤務の雇用形態で再就職した職員について代替職員配置した場合も、補助の対象とする予定です。

補助制度の詳細及び平成29年度の申請手続きについては、3月下旬にお知らせします。

*****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県保健福祉局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4768
*****************
 2017/03/10:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設管理者の皆様へ肝炎対策に係るアンケートのお願い
 本県の保健福祉行政の推進につきましては、日ごろ格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 神奈川県では、神奈川県肝炎対策推進計画に基づき、肝炎対策に取り組んでいます。
 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスは、肝がんの原因の8割を占めていますが、肝がんによる死亡者をひとりでも減らすよう肝炎対策の取組みをさらに充実させるため、各施設における状況をお伺いしたいと考えています。
 本アンケート調査結果が県の施策に反映されることで、肝がんに苦しむ方がひとりでも少なくなるよう切に願っております。
 つきましては、ご多忙のこととは存じますが、下記掲載場所のアンケートにご回答いただきますようお願い申し上げます。

 回答期間は平成29年3月10日~平成29年3月31日までとなっております。

↓アンケート掲載場所です。クリックしてください。

http://enquete-pref-kanagawa.force.com/apex/pageQuestionMain?qe=ODxuLvATul3RcFezYg5fJg3KYSmx7Row7GiYTUDCFCquikoALJCZh3Moprsxbh3T

問合せ先
保健福祉局 保健医療部 がん・疾病対策課 がん・肝炎対策グループ
電 話:(045)210-5015
FAX:(045)210-8860
 2017/03/08:<神奈川県からのお知らせ>「介護職員研修受講促進支援事業費補助金について
介護職員初任者研修や実務者研修を受講する従業者に対して、介護事業者が受講料の負担や代替職員の配置などの支援を行う場合に、その費用に対して補助します。

(平成29年度の変更点)
 ○介護職員初任者研修受講料補助の上限を増額しました。
 ○従業者が介護職員初任者研修を受ける際の代替職員の費用も補助の対象になりました。
 ○介護事業者が負担した実務者研修の受講料も補助の対象になりました。

(補助額)
 ○介護職員初任者研修
  ・受講料補助  1人につき上限24,000円
  ・代替職員補助 1人につき1日13,000円×上限5日間
 ○実務者研修
  ・受講料補助  1人につき上限40,000円
  ・代替職員補助 1人につき上限13,000円×上限3日間

 平成29年度の申請手続きについては、3月下旬にお知らせします。
 県のホームページ 介護職員研修受講促進支援事業費補助金
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f533152/

 *****************
 231-8588 横浜市中区日本大通1
 神奈川県保健福祉局
 福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
 TEL 045-210-4768
 *****************
 2017/03/01:●神奈川県からのお知らせ●通所系サービスにおける事業所規模の点検について
 日ごろ、介護保険サービスの適正な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 指定通所介護事業所及び指定通所リハビリテーション事業所は、毎年3月15日までに、前年度(3月を除く。)の1月当たりの平均利用者延人員数を算出し、当該年度の通所介護費についてどの区分を適用するか確認しなければなりませんので、各事業所においては必要な手続を行うようお願いします。
 確認に必要な書類等については、下記の掲載場所に掲載しておりますので、ご確認ください。


(書類等掲載場所)
1 通所介護
「介護情報サービスかながわ」(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/)
ライブラリー(書式/通知)
  →3.加算届
   →7.通所介護 【在宅サービスグループ】
    →8.平成29年度通所系サービス事業所規模点検書
     (新規開設等事業所用)
    →9.平成29年度通所系サービス事業所規模点検書
     (既存事業所用)
    →10.指定通所介護と第一号通所事業を一体的に実施する場合の
      取扱いについて
    →11.事業所規模確認フローチャート


2 通所リハビリテーション
「介護情報サービスかながわ」(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/)
ライブラリー(書式/通知)
  →3.加算届
   →8.通所リハビリテーション 【在宅サービスグループ】
    →7.平成29年度通所系サービス事業所規模点検書
     (新規開設等事業所用)
    →8.平成29年度通所系サービス事業所規模点検書
     (既存事業所用)
    →9.事業所規模確認フローチャート


***************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県保健福祉局福祉部
高齢福祉課在宅サービスグループ
TEL 045-210-4840 
FAX 045-210-8866
***************
 2017/03/01:【再掲】●神奈川県からのお知らせ●平成28年度後期 居宅介護支援費に係る特定事業所集中減算について<指定都市・中核市以外に所在する事業所>
【再掲】
※注意 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市に所在する事業所からの提出が大変多くなっています。御注意ください。
※先日、居宅介護支援事業所へ一斉メールした内容と同じものになります。
 
日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
平成28年度後期分の特定事業所集中減算の適用状況に係る報告書の作成及び提出時期について、「介護情報サービスかながわ」に掲載されている報告書をダウンロードの上、作成をお願いします。
報告書等掲載先: http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=421&topid=6

地域密着型通所介護については、平成28年度前期に引き続き、通所介護、地域密着型通所介護を分けて計算する方法と、合算する方法どちらでも可能とします。合算する場合、報告書の通所介護の欄にある「地域密着型通所介護を合算して居宅サービス計画数を算出している」に丸を付けてください(参考:平成28年5月30日厚生労働省事務連絡)。

作成した結果、紹介率最高法人の紹介率が80%を超えた場合は、『報告書』の他に『報告書(別紙)』についても作成し、下記提出先まで提出してください。
※注意 計画件数が1件であっても、紹介率最高法人の紹介率が80%を超えた場合は、報告書の提出が必要になります。

●報告書作成対象期間:平成28年9月1日~平成29年2月28日
●提出期限:平成29年3月15日(水)必着
●提出物:報告書、報告書(別紙)、82円切手を貼った返信用封筒(長3)
※返信用封筒が同封されていない場合は、判定結果を送付することができませんので、必ず同封してください。また、封筒には返信先の住所も必ず記入してください。
● 提出先:〒231-8588 横浜市中区日本大通1
          神奈川県保健福祉局福祉部
          高齢福祉課在宅サービスグループ
          特定事業所集中減算係 あて

なお、紹介率最高法人の紹介率が80%を超えており、「正当な理由の判断基準」にも該当しない場合は、減算が必要となります。詳しくは、同サイト内「特定事業所集中減算「正当な理由」の判断基準」を確認してください。
(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/)
「ライブラリ(書式/通知)」
>「5.国・県の通知」
>「■居宅介護支援関連(集中減算などはこちら) 【在宅サービスグループ】」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=421&topid=6
「特定事業所集中減算「正当な理由」の判断基準」


(80%を超えなかった場合)
『報告書』は、紹介率最高法人の紹介率が80%を超えず、提出不要の場合であっても、全ての事業所で必ず作成の上、事業所内で2年間保管しておいてください(※居宅介護支援の提供に関する記録については保存期間を5年間とする独自基準を設けていますので、『報告書』についても5年間の保存をお願いします)。

(80%を超えた場合)
対象の18サービスを位置付けたプランのうち、いずれかひとつでも紹介率最高法人の紹介率が
80%を超える場合は、18サービス分の『報告書』と、80%を超えたサービスごとの『報告書(別紙)』を作成し、県に提出するとともに、その控えを事業所内で2年間保管しておいてください。(※居宅介護支援の提供に関する記録については保存期間を5年間とする独自基準を設けていますので、『報告書』についても5年間の保存をお願いします)。
 2017/02/21:●神奈川県からのお知らせ●平成29年3月開催の「介護ロボット普及推進センター」の公開について
■ 特別養護老人ホーム芙蓉苑に「みまもりシステム」が、長田病院に「パワーアシストハンド&レッグ」が導入されました。
■ 平成28年12月から海老名市の「介護老人保健施設アゼリア」の公開が始まりました。

 県では、介護ロボットを導入した現場の状況や導入の感想など、現場の生の声を聞くことのできる機会として、「特別養護老人ホーム芙蓉苑」(横浜市)、「長田病院」(横浜市)及び「介護老人保健施設アゼリア」(海老名市)で介護ロボットの見学会を開催しています。
 見学を希望される場合は、各施設の公開予定日を御確認のうえ、介護ロボット普及推進センターホームページの「見学申込フォーム」からお申し込みいただくか、「見学申込書」を介護ロボット普及推進センター事務局へFAXしてください。
 開催の概要等については、介護ロボット普及推進センターホームページ又は介護情報サービスかながわに掲載しています。

 当センター見学者からは、
「利用者さんが生き生きとしていた」
「勤めている事業所でも導入してみたいと思った」
「実際の現場を見られてよかった」など様々な御感想をいただいております。
この機会により多くの方に介護ロボットの活用方法等について知っていただければと思います。

(掲載場所)
1 神奈川県ホームページ
  介護ロボット普及推進の取組みについて
  http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f420373/

2 介護情報サービスかながわ(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
→ライブラリ(書式/通知)→「5.国・県の通知」→「介護ロボット普及推進」

*******************
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
介護ロボット普及推進センター事務局
神奈川県保健福祉局 福祉部
高齢福祉課 企画グループ 
TEL 045-210-4835 FAX 045-210-8874
*******************
 2017/02/21:<神奈川県からのお知らせ>在留資格「介護」の新設に係る特例措置について
 出入国管理及び難民認定法の改正により、介護福祉士の資格を有する外国人に対して在留資格「介護」が新たに新設され、平成29年11月までに施行されることになっています。
 それに伴い、平成29年4月から法施行日までの間、一定の要件を満たす外国人に対し、介護福祉士として就労することが可能となるよう在留資格「特定活動」を付与する特例措置の実施について、国より周知依頼がありましたのでお知らせします。
 
 詳しい内容については、法務省のホームページをご覧ください。
 http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00119.html

 問い合わせ先
 東京入国管理局横浜支局就労・永住審査部門 電話 045-769-1721


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県保健福祉局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2017/02/15:●神奈川県からのお知らせ●登録特定行為事業者の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録特定行為事業者の登録状況(平成29年2月15日現在)について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録特定行為事業者登録状況一覧」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」

 障害福祉情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
 「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」
 2017/02/13:●神奈川県からのお知らせ●喀痰吸引等に係る登録特定行為事業者の皆様へ
~喀痰吸引等を行う介護福祉士・認定特定行為業務従事者の名簿に変更が発生
した場合の取扱いについて~(変更登録届出書の提出)

 日頃から、高齢介護並びに障害福祉サービスの適切な提供に御尽力いただきありがとうございます。
さて、喀痰吸引等を行う登録特定行為事業者において、平成29年2月末日時点の「介護福祉士・認定特定行為業務従事者」の名簿が、直近で県に提出した名簿から変更が生じている場合は、平成29年3月末日までに、変更登録届出書(下記の書類)を提出してください。

■届出に必要な書類■
ア 登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)変更登録届出書(第3号様式)
イ 認定特定行為業務従事者認定証の写し、看護師等の資格をもって喀痰吸引等業務を行うものについては免許証の写し
※前回提出した名簿と比べて平成29年2月末時点で変更のあった者の分だけ提出のこと。
ウ 介護福祉士・認定特定行為業務従事者名簿(様式1-1)
※全ての特定行為業務従事者等について記載すること。
エ 変更登録届出書に受理印を押した写しを送付するための返信用封筒
※定型長3号封筒(82円切手を貼付、あて先を明記すること)

■提出先■※事業所のサービスの種類により提出先が異なります。
【住所】〒231-8588 横浜市中区日本大通1 神奈川県
【担当課・グループ】
 ①高齢福祉課 福祉施設グループ(特別養護老人ホーム、特別養護老人ホーム併設の短期入所生活介護事業所、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホーム、(看護)小規模多機能型居宅介護等)
 ②高齢福祉課 在宅サービスグループ(介護保険に係る在宅サービス事業所(①に記載のサービスを除く。))
 ③障害福祉課 調整グループ(障害者(児)施設及び在宅サービス事業所、特別支援学校、保育園等)

■提出様式等の掲載場所■(2箇所)
①「介護情報サービスかながわ」 (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
→書式ライブラリー
 →「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
  →「認定特定行為業務従事者の認定及び登録喀痰吸引等事業者の登録手続き
   (平成28年4月1日以降)について」
   (以下はダウンロードする文書名)
○認定特定行為業務従事者の認定及び登録喀痰吸引等事業者の登録手続き(平成28年4月1日以降)について
    ○【申請様式】介護福祉士・認定特定行為業務従事者名簿(様式1-1)
○【申請様式】登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)変更登録届出書(第3号様式)

②障害福祉情報サービスかながわ(http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
→書式ライブラリー
 →6.お知らせ(県内共通)
  →2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ
(以下はダウンロードする文書名)
○認定特定行為業務従事者の認定及び登録喀痰吸引等事業者の登録手続き (平成28年4月1日以降)について
   ○【申請様式】介護福祉士・認定特定行為業務従事者名簿(様式1-1)
○【申請様式】登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)変更登録届出書(第3号様式)
   
問合せ先
神奈川県保健福祉局福祉部 電話045(210)1111
 高齢福祉課福祉施設グループ (内線4852)
 高齢福祉課在宅サービス   (内線4841)
 障害福祉課調整グループ   (内線4734)
 2017/02/01:●神奈川県からのお知らせ●登録特定行為事業者の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録特定行為事業者の登録状況(平成29年2月1日現在)について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。
 なお、これまで行っていたメール配信は今回で終了し、今後は「介護情報サービスかながわ」への掲載のみ行います。毎月1日及び15日(土日祝日の場合は、その翌日)に更新した登録状況を下記の場所に掲載しますので、そちらをご覧ください。
 よろしくお願いいたします。
 
(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録特定行為事業者登録状況一覧」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」

 障害福祉情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
 「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」
 2017/01/27:●神奈川県からのお知らせ●DVD「運動で認知症予防!コグニサイズ&コグニライフ」の利用について(高齢福祉課)
 本県の介護保険行政の推進につきましては、日頃から格別の御理解と御協力をいただきありがとうございます。
 さて、神奈川県では、県内高齢者の健康寿命の延伸を目指し、認知症リスクの軽減に効果が期待される「コグニサイズ※」の普及に取り組んでいます。その一環として、第一生命保険株式会社の御協力を得て、誰でも気軽にコグニサイズを学び、実践できるDVDを作成しました!
 DVDは、お近くの市区町村、地域包括支援センター及び保健福祉事務所で貸し出していますので、少しでもご興味のある方は、そちらへお問い合わせください。
 多くの皆さまのご利用をお待ちしております!

※コグニサイズとは
 国立研究開発法人国立長寿医療研究センターが開発した「認知(cognition)」と「運動(exercise)」を組み合わせた造語。

(紹介チラシ掲載場所)
 介護情報サービスかながわ
  →5.国・県の通知
  →運動による認知症リスクの軽減~コグニサイズ~


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 神奈川県保健福祉局福祉部
 高齢福祉課企画グループ 岩本・江川
  TEL 045-210-1111 内線4838
  FAX 045-210-8874
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2017/01/26:●神奈川県からのお知らせ●平成29年度介護職員処遇改善加算届出書の提出について(高齢福祉課)
 介護職員処遇改善加算を算定しようとする事業者・施設は、毎年度、前年度の2月末日までに、指定(許可)権者あて届出を行う必要がありますが、平成29年度については、現在国において介護職員処遇改善加算に係る制度改正の作業が行われており、このことについて、今後新たな加算の要件等が示される見込みです。
 つきましては、平成29年度介護職員処遇改善加算の届出は、国から具体的な通知等が出されるまで提出をお待ちください。(現行の様式で2月末日までに提出する必要はありません。)
 なお、詳細が決まり次第お知らせしますので、神奈川県からの連絡を定期的に確認していただくようお願いします。

【神奈川県からのお知らせの掲載場所】
 「介護情報サービスかながわ」
  ⇒ライブラリ(書式/通知)
  ⇒0.介護職員処遇改善加算
  ⇒平成29年度介護職員処遇改善加算
  ⇒1 平成29年度介護職員処遇改善加算届出書の提出について
    http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=19

 
問い合わせ先
電話045-210-1111(代)
 神奈川県保健福祉局福祉部高齢福祉課
  福祉施設グループ   内線4851~4854
保健・居住施設グループ  内線4856~4859
  在宅サービスグループ 内線4840~4843、4824
 2017/01/04:●神奈川県からのお知らせ●登録特定行為事業者の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録特定行為事業者の登録状況(平成29年1月1日現在)について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。
 


(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録特定行為事業者登録状況一覧」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」

 障害福祉情報サービスかながわ  (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
 「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」
 2016/12/15:登録特定行為事業者の登録状況について
 日ごろから、介護保険サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
 登録特定行為事業者の登録状況(平成28年12月15日現在)について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。
 


(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/
 「書式ライブラリー」
  >「14.介護職員等によるたんの吸引・経管栄養」
   >「登録特定行為事業者登録状況一覧」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」

 障害福祉情報サービスかながわ (http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/default.asp
 「書式ライブラリー」
  >「6.お知らせ(県内共通)」
   >「2.喀痰吸引等制度に関するお知らせ」
    >「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)一覧」