新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:82
1 / 5
 2019/09/12:<小田原保健福祉事務所からのお知らせ>令和元年度地域口腔ケア連携推進研修会
文書内容:令和元年10月24日(木)18時00分から開催。
多職種で要介護高齢者等の口腔ケアを支援する地域づくりを目指し、小田原保健福 祉事務所管内で取り組んだ、入院患者の口腔ケアや、病院と歯科診療所との地域連携事例を紹介する研修です。振るってご参加ください。

研修会名:「地域口腔ケア連携推進研修会」
日  時:令和元年10月24日(木) 18時00分から20時00分まで
場  所:山近記念総合病院研修室(小田原市小八幡3-19-14)*駐車場有
対  象:小田原市、足柄下郡にある病院、介護保険事業所職員、市町の職員等
定  員:50名
お申し込みは令和元年10月15日(火)までに、別添参加申込書によりファクシミリでお願いします。

詳細・申込書は「介護情報サービスかながわ」↓をご覧ください。
 → 書式ライブラリー
 → 10.セミナー・講習会
 → その他
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21


問合せ先:神奈川県小田原保健福祉事務所 保健福祉課歯科担当 加藤、中條
     電話 0465-32-8000(内線3236)
     ファクシミリ 0465-32-8138




 2019/09/12:<神奈川県からのお知らせ>地域生活定着促進事業啓発研修会(横浜刑務所見学会)の御案内について
 本県の地域福祉の推進につきましては、日頃格別の御協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、矯正施設入所者の理解をより広げるため、県内の高齢者関係施設の施設長及び職員を対象として、別添案内文のとおり標記研修会を開催することといたしました。
 横浜刑務所を見学後、港南区社会福祉協議会に移動して意見交換を行います。
 皆様の御参加をお待ちしております。

1 日時 令和元年10月10日(木曜日)13時から16時まで
     ※ 12時50分までに横浜刑務所正門に集合(時間厳守)
2 場所 横浜刑務所(横浜市港南区港南4-2-2)
     港南区社会福祉協議会(横浜市港南区港南4-2-8)
3 定員 25名程度(事前申込制・先着順・参加費無料)
4 内容 横浜刑務所の説明、施設内見学、質疑応答、情報交換及び神奈川県地域生活定着支援センター業務説明
5 案内文(参加申込書)
  書式ライブラリー
   10.セミナー・講習会・研修
    その他 http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/work/lib/CT609ID10044N705.docx

 参加御希望の方は、案内文にございます参加申込書に必要事項を御記入の上、令和元年9月24日(火曜日)までにファックスにてお申込みください。

 申込先 神奈川県地域生活定着支援センター
TEL:045-322-6842/FAX:045-548-6841
 2019/09/03:<神奈川県からのお知らせ>【訪問看護ステーションの皆様へ】「令和元年度看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)」にご協力ください。
【訪問看護ステーションの皆様へ】
「令和元年度看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)」にご協力ください。
 ※今回の調査は、保険医療機関(みなし指定)は該当いたしません。

 本県の健康医療行政の推進につきましては、日頃格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 県では「保健・医療・福祉人材の養成・確保」を県政の重点施策に位置づけ、その一環として看護職員確保対策を推進しています。
 このたび、看護職員確保対策の基礎的資料とするため、昨年度に引き続き、訪問看護ステーションの看護職員就業状況について調査を実施いたします。お忙しいところ大変恐縮ですが、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
 なお、調査票は郵送にて送付しております。

1 調査名  令和元年度看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)
2 調査目的  訪問看護ステーションの看護職員就業状況について実態を把握し、看護職員確保対策に活用する。
3 調査対象  神奈川県内の訪問看護ステーション692事業所
4 調査方法  別紙調査用紙にご記入のうえ、FAXまたは電子メールでご返送ください。
        調査用紙は以下のホームページアドレスからダウンロードできます。
        http://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/houmon/houmon-jyouhou1.html
5 調査期限  令和元年9月13日(金)まで
6 返送先  神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ 宛
        FAX  045-210-8858
        電子メールアドレス chiho-kanjin@pref.kanagawa.jp
7 その他  
・調査で得られたデータは、本調査目的以外に使用しません。また、データは統計的に処理し、
 個人や事業所が特定できないように細心の注意を払います。
・調査票へのご回答、ご返信をもって調査へのご協力に関して同意されたものとみなします。
・調査結果は県のホームページに掲載いたします。

なお、調査票は別途、郵送にて送付しております。
回答についてご協力くださいますようお願い致します。


問 合 せ 先:神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ
       電話045-210-4759
 2019/09/03:<神奈川県からのお知らせ>「苦情解決研修会(実践編Ⅰ~事例検討~)」開催のお知らせ
 本県の社会福祉事業の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、次のとおり「苦情解決研修会(実践編Ⅰ~事例検討~)」を開催します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時
 Aコース 令和元年11月25日(月)10:00~16:00   
Bコース 令和元年11月26日(火)10:00~16:00    
     (研修内容は同じです。どちらかのコースを選択してください)

2 会 場
  神奈川県社会福祉会館 第3第4研修室

3 詳細及び申し込み方法
  詳細及び申込方法については、次に掲載のチラシをご覧ください。

「介護情報サービスかながわ」>「ライブラリ(書式/通知)」>「10.セミナー・講習会・研修」>「その他」
(URL:http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21)

○問合せ先
 かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
 電話 045-312-1121(内線3558)
 FAX 045-322-3559
 2019/09/03:<神奈川県からのお知らせ>手話講習会の講師を派遣します。ぜひ手話講習会を開催してみませんか?
 神奈川県では事業者の皆様が従業員を対象に開催する手話講習会について、講師派遣に係る費用を県で負担しています。事例なども通して、聴覚障がい者(ろう者)の方へのより良い対応・接遇について考えてみませんか!

1 内容
  手話講師等が2人1組2時間以内を基本として、手話の魅力や聴覚障がい者(ろう者)への理解を深めていただき、より良い対応につなげていただくため、講義や技術指導を行います。

2 開催する事業者へのお願い
  ・会場の確保
  ・従業員など参加対象者への周知、参加促進(従業以外の方も参加可能です)
  ・参加者のとりまとめ

3 案内掲載場所
  県ホームページ「手話言語の普及推進」→「手話講習会」
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f537527/p1192121.html

4 申込方法
  県ホームページ掲載の「手話講習会 講師派遣依頼票」にご希望の日時等、必要事項をご記入の上、委託先の神奈川県聴覚障害者連盟にファクシミリにてお申込みください。

5 問合せ先
  まずは気軽にご相談、お問合せください。
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  電話番号 045-210-4804
  ファクシミリ 045-210-8859
 2019/08/28:<鎌倉保健福祉事務所から講演会のお知らせ>「令和元年度難病講演会」の御案内
 在宅療養中の神経難病患者さんと御家族を対象に、リハビリテーションについての講演会を開催することになりました。
当日は、鶴巻温泉病院リハビリテーション部より、清水 拓人 氏(作業療法士)、瀬戸 優氏(理学療法士)を講師にお招きし、御講演と実技の指導をいただきます。
 対象者への周知の御協力をよろしくお願いいたします。
 講演会の内容の詳細は、添付ファイルのチラシをご確認ください。
 1 日時  令和元年10月11日(金)14:00~16:00
 2 場所  鎌倉保健福祉事務所 1階 講堂
 3 テーマ 令和元年度難病講演会
       講義・実技「自宅でできる 神経難病のリハビリテーション」
 4 対象  
   管内及び近隣地域在住の神経難病患者及びその家族
   (お一人で歩行が可能で、介護保険サービス等のリハビリをまだ利用していない方)
 5 定員 30名
 6 受講料 無料
   ・電話・FAX・来所にて、令和元年9月9日(月)から10月4日(金)まで申し込みを受け付けます。

【掲載場所】介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
 >「10.セミナー・講習会・研修」
 >「その他」http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

問合せ先
鎌倉保健福祉事務所
保健予防課  坂口
電話 0467-24-3900 内線257    
FAX  0467-24-4379
 2019/08/28:「鎌倉保健福祉事務所三崎センター主催 認知症施策従事者研修10月15日の参加者募集」
 当所の保健福祉事業の推進につきましては、日ごろ格別の御理解と御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび、介護保険関係に従事されている皆様を対象に、鎌倉保健福祉事務所三崎センター主催 認知症施策従事者研修を開催することになりましたので、ご案内します。
 申し込みにつきましては、10月4日(金)までに、電話またはファクシミリ(研修参加申込書)にてお願いします。

日 時  令和元年10月15日(火) 14時から16時まで
会 場  神奈川県鎌倉保健福祉事務所三崎センター(三浦合同庁舎) 4階 衛生教育室
住 所  神奈川県三浦市三崎町六合32
テーマ  「認知症の人のアセスメントとそれに基づいたケアについて」
講 師  医療財団法人青山会 福井記念病院
     認知症疾患治療病棟看護師長 認知症認定看護師 松葉口美穂 氏
     地域連携室主任 三浦市認知症初期集中支援チーム統括責任者 渡邊真伊 氏


掲載場所)
介護情報サービスかながわ
 → 書式ライブラリー
  → 10.セミナー・講習会・研修
   → その他
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

問合せ先
 鎌倉保健福祉事務所三崎センター 保健予防課 渡邊 国分
 電話 046-882-6811
 FAX  046-881-7199
住所 三浦市三崎町六合32(三浦合同庁舎)
 アクセス 京急三崎口駅よりバス10分「三崎警察署前」バス停下車徒歩1分
 2019/08/28:「鎌倉保健福祉事務所三崎センター主催 介護関係職員等応援研修の参加者募集」
当所の保健福祉事業の推進につきましては、日頃格別の御理解と御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび、介護保険関係に従事されている皆様を対象に、標記研修会を別添のとおり開催することになりましたので、ご案内します。
 追加内容は、研修番号2と4(黄色塗りつぶし部分)の「日時、内容、講師」の部分で
す。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
 申し込みにつきましては、開催日から1週間前までに、申込書に記載の上FAXをご送付いただくか、または電話でお申し出ください。(定員に余裕があれば、開催日前日までお申し込みを受付けます。)

(掲載場所)
介護情報サービスかながわ
 → 書式ライブラリー
  → 10.セミナー・講習会・研修
   → その他
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

問合せ先
 鎌倉保健福祉事務所三崎センター
 電話 046-882-6811(保健予防課)
 FAX 046-881-7199
 住所 三浦市三崎町六合32(京急三崎口駅よりバス10分「三崎警察署前」バス停下車徒歩1分)
 2019/08/28:茅ヶ崎市保健所から研修のお知らせ 「令和元年度 第1回保健衛生研修」のご案内
茅ヶ崎市・寒川町内で働く専門職の方々を対象に、「災害時支援」をテーマに研修会を開催します。講演やロールプレイを通して、WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)について学び、危機的な出来事に見舞われた被災者を支援できることを目的に行います。
講演タイトルは「災害支援者としての心がまえ サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)」、講師は東京武蔵野病院副看護部長、精神看護専門看護師、PFA指導者研修修了者である山﨑 千鶴子 氏です。DPATに所属し、東日本大震災、熊本地震の際に活動された経験をお持ちの方です。
ふるってご参加ください。

日時:令和元年10月3日(木)14時~17時
場所:茅ヶ崎市保健所 講堂
申込方法:添付「申込書」をファクシミリにて
申込期限:令和元年9月24日(火)まで



【掲載場所】介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「10.セミナー・講習会・研修」
>「その他」

http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

問い合わせ先
茅ヶ崎市保健所 保健企画課
電話  0467(38)3313(直通) 
FAX 0467(82)0501



 2019/08/22:<平塚保健福祉事務所からのお知らせ> 「令和元年度 感染症対策研修会」のご案内
各施設管理者様
当所の保健福祉業務につきましては、日頃御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、今年度も当所にて感染症対策研修会を開催します。日頃の支援にお役立ていただければ幸いです。御参加をお待ちしています。

詳しくは、募集チラシをご覧ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/x2p/documents/kannsenn_1.pdf

問合せ先
神奈川県平塚保健福祉事務所 保健予防課 鈴木
電話 0463-32-0130(内線274)
ファクシミリ  0463-35-4025 
 2019/08/19:経腸栄養分野の小口径コネクタ製品の切り替えに関する PMDA 医療安全情報の発行について
各高齢者施設・介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和元年7月31日付けで厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課から通知がありましたので、お知らせします。
 なお、当該通知については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので、御確認ください。


(掲載場所)
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 5.国・県の通知
     → その他
      (http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=425&topid=6)


****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4859
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
****************
 2019/08/16:<介護保険施設・介護保険事業所向け>実践教育センターが主催する公開講座の申込期間を延長しました
介護保険施設・介護保険事業所 職員各位

8月1日から募集を開始している「実践教育センター公開講座」の定員に余裕がありますので、9月13日(金)消印有効まで申込期間を延長します。
本講座は保健・医療・福祉分野の現任者及び県民を対象にした無料の講座です。「私たちの健康を支える健やかな睡眠のために~眠れない/眠い原因を考える、そして対処する~」というテーマで、睡眠医療の第一人者である秋田大学大学院の三島和夫先生に講演をお願いしています。
 一般県民の方も受講可能ですので、お知り合いの方もお誘いの上、お申込みいただきますようお願いいたします。
詳しくは、募集チラシ及び実践教育センターホームページをご覧ください。
  http://jissen.kuhs.ac.jp/

また、「介護情報サービスかながわ」の次の場所にも掲載しておりますので、併せてご確認ください。
「書式ライブラリー」→「10 セミナー・講習会・研修」→「その他」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

<問合せ先>
公立大学法人神奈川県立保健福祉大学
実践教育センター実践教育部 山田
電話045-366-5871(直通) 
 2019/08/14:<神奈川県からのお知らせ>医療機関や介護保険施設による医療型短期入所事業所職員向け研修の案内
 県障害サービス課では、重症心身障がい児者等が在宅で安心した生活を送ることができるよう支援するため、医療機関様や介護老人保健施設様による障害福祉の制度に基づく医療型短期入所事業所の開設支援を行っています。
 本講座は、主に医療型短期入所事業の対象者や支援内容に関心のある職員の皆様に向けて、集合・座学研修等を行い、支援を担う人材を育成することを目的とし実施します。

【令和元年 実施スケジュール・テーマ】
第1回:8月29日(木)14:00-16:45 総論(重症心身障がいの概論等)
第2回:9月4日(水)14:00-16:45 医療(呼吸・栄養ケア)
第3回:9月24日(火)14:00-16:45 医療 (訪問看護や在宅での生活状況)
第4回:※調整中 福祉(本人・家族の思いの理解、支援の基本的枠組み、福祉の制度などを予定)
第5回:※調整中 連携(小児在宅医療における多職種連携などを予定)
第6回:※調整中 ライフステージにおける支援(児童期・学齢期・成人期における支援など予定)
第7回:※調整中 福祉(家族支援・虐待などを予定)
会場はいずれも市民フロア Aルーム(横浜市西区高島2-18-1 横浜そごう9F)

【掲載場所】
「介護情報サービスかながわ」
 →「書式ライブラリ」
  →「10.セミナー・講習会・研修」
   →「その他」

【職員向け研修に関する問合せ】
 株式会社医療経営研究所(担当:関田・勢頭)
 電話:03-5202-6665
【当該事業委託元】
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
 障害サービス課事業支援グループ
 電話:045-210-4732
 2019/08/05:<神奈川県からのお知らせ>(再掲)居宅介護支援事業所の皆様へ重要なお知らせ(特定事業所加算届出事業所)
本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただき御礼申し上げます。
 令和元年7月4日に本メールにてご案内しました、介護支援専門員実務研修に係る指定研修機関主催の実習受入れ事業所説明会については、申込の期限が8月8日(木)となっています。
 介護支援専門員実務研修にかかる指定研修機関による実習受入れ事業所説明会について、以下の場所に開催日時等のご案内及び申込書等について掲載させていただきます。
この指定研修機関による説明会及び講習会への出席をもって、特定事業所加算の算定要件である、「介護支援専門員実務研修における科目『ケアマネジメントの基礎技術に関する実習』等に協力又は協力体制を確保していること」に該当するとみなされますので、加算の届出(今年度中に加算の届出を所管市町村にする予定の事業所を含む)をしている事業所は必ず出席してください。

 【掲載場所】
書式ライブラリー>「5 国・県の通知」>「令和元年度神奈川県介護支援専門員実務研修 実習受け入れ事業所説明会について」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=998&topid=6

(文書名)
「令和元年度 神奈川県介護支援専門員実務研修 第1期実習受け入れ事業所説明会のご案内」

【説明会に関する問合せ先】
   社会福祉法人横浜市社会福祉協議会 福祉保健研修交流センター 
ウィリング横浜
TEL 045-847-6674

****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2019/08/01:<神奈川県からのお知らせ>介護支援専門員多職種連携研修を開催します
本県の福祉行政の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、本県では、地域包括ケアシステムの中核を担う介護支援専門員の総合的な対応力強化と資質向上を目的として、医療をはじめとする多職種との連携及び地域課題に関する研修を実施しますので、ぜひご受講ください。
なお、本研修は、神奈川県主任介護支援専門員更新研修の受講要件のひとつである「介護支援専門員を対象とした介護支援専門員に係る専門的知識又は技術に関する法定外研修」に該当します。


1 申込先及び研修に関する問合せ先
  一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会
電話 045-671-0284
FAX 045-671-0287

  【募集要項掲載場所(神奈川県介護支援専門員協会ホームページ)】
  http://www.care-manager.or.jp/kensyuu/syusai/tasyokusyu.html
  
2 日時及び会場(各会場同一内容)
(1) 横浜会場(神奈川県民ホール 大会議室)
1日目 令和元年9月15日(日)
2日目 令和元年10月25日(金)
 両日とも、午後1時30分~午後5時30分(受付は午後1時から)

(2) 藤沢会場(藤沢商工会館 多目的ホール)
1日目 令和元年11月9日(土)
2日目 令和元年11月28日(木)
両日とも、午後1時30分~午後5時30分(受付は午後1時から)

3 対象者 神奈川県内の事業所において現に介護支援専門員として従事している者

4 受講料 無料

5 定 員 各会場200名(先着順)

---------------------------------------
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課 福祉介護人材グループ
電話 045-210-4768
 2019/08/01:<神奈川県からのお知らせ>介護支援専門員研修の開催等について
介護支援専門員研修の開催等について

 介護支援専門員専門研修・更新研修の開催や募集については、下記ホームページで案内していますので、貴所属職員への周知についてよろしくお願いします。なお、受講の申込みは各実施機関に直接お問い合わせください。

介護支援専門員の研修情報
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762

 専門研修課程1および実務経験者向け更新研修(専門研修課程1と同内容)
■8月募集■
・合同会社 介護の未来
(電話:0463-38-0210)
募集:令和元年8月1日~令和元年8月23日
 
・学校法人西田学園(アルファ医療福祉専門学校)
(電話:042-729-1026)
募集:令和元年8月1日~令和元年8月22日
 
本県から各介護支援専門員へ資格更新に関する案内は行っておりません。
介護支援専門員証の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で介護支援専門員証の有効期間満了日を確認の上、更新に必要な研修を計画的に受講、修了し、介護支援専門員証の更新手続きを行ってください。

神奈川県ホームページ「介護支援専門員のページ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2019/07/31:<神奈川県からのお知らせ>令和元年度神奈川県委託事業「介護職員処遇改善加算取得促進事業『介護職員処遇改善加算取得に向けた専門家による無料個別支援』」について
介護職員処遇改善加算対象サービス各事業所・施設 御中

●本事業は、横須賀市に所在する事業所及び地域密着型サービス事業所も対象となっております●

○神奈川県内で申請を行った約8割の事業所が加算(Ⅰ)を取得しています。
 今からでも加算取得や上位加算への移行は遅くありません!

○社会保険労務士が、「無料」で事業所を訪問し、制度概要から加算取得で必要な準備・申請まで、事業所の状況に合わせてご説明しますのでお気軽にご相談ください。
 
【相談例】
・処遇改善加算取得に必要な人事処遇制度
・就業規則・賃金規程の変更方法
・無理のない定期昇給の仕組み作り
・介護職員への支給の方法
・事業所の実態にあったキャリアパスの作成
・処遇改善加算申請書の作成方法
・処遇改善加算取得に併せた助成金の活用

【相談料】 無料
  
【対象事業所】
次の①から③をすべて満たす事業所が対象となります。

①神奈川県内(横浜市、川崎市及び相模原市除く)の事業所
②加算区分(Ⅱ)(Ⅲ)(Ⅳ)(Ⅴ)を届け出ている事業所及び加算の届出をしていない事業所
   ※加算区分(Ⅰ)を届け出ている事業所は対象外です。
③下記サービス事業所であること。

●居宅系サービス
訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、通所介護、(介護予防)通所リハビリテーション
●施設系サービス
(介護予防)特定施設入居者生活介護、介護老人福祉施設、(介護予防)短期入所生活介護、介護老人保健施設、(介護予防)短期入所療養介護、介護療養型医療施設、介護医療院、
●地域密着型サービス
夜間対応型訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、地域密着型通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、(介護予防)認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設


【チラシ掲載場所】
 介護情報サービスかながわ
  →ライブラリ
   →0.介護職員処遇改善加算・介護職員等特定処遇改善加算
    →令和元年度介護職員処遇改善加算取得促進支援事業
    http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1001&topid=19


(メール送信機能の仕様上加算区分のローマ数字表記が数字になっています。)

 問合せ先・申込先
  公益財団法人 介護労働安定センタ- 神奈川支所
  〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通 6-79 港和ビル 8F
  TEL:045-212-0015
  FAX:045-212-0016
  E-mail:kanagawa@kaigo-center.of.jp
 2019/07/31:<神奈川県からのお知らせ>「介護現場におけるハラスメント対策マニュアル」について
各介護保険指定事業者 様

このことについて、厚生労働省老健局振興課から事務連絡が発出され、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので、改めてお知らせします。
各介護サービス事業者におかれましては、本マニュアルを介護現場におけるハラスメントの未然防止や発生した場合の対策に活用し、介護職員が安心して働き続けられる労働環境の整備に努めてくださるようお願いします。
(マニュアル等掲載場所)
 介護情報サービスかながわ
 →ライブラリ(書式/通知)
  →5.国・県の通知
   →「介護現場におけるハラスメント対策マニュアル」について
   http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1004&topid=6

また、ハラスメントに関する対応について、労使間に問題がある場合には、次の相談窓口に相談できることを併せてお知らせします。
(相談窓口掲載場所)
 〇神奈川県
  かながわ労働センターの労働相談
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/k5n/soudan/index.html
〇厚生労働省
  神奈川県労働局 総合労働相談コーナー
http://jsite.mhlw.go.jp/kanagawa-roudoukyoku/madoguchi_annai/soudanmadoguchi

【問合せ先】
高齢福祉課 在宅サービスグループ 電話 045-210-4840
      福祉施設グループ   電話 045-210-4851
      保健・居住施設グループ 電話 045-210-4856 
 2019/07/22:<神奈川県からのお知らせ>令和元年度神奈川県委託事業「介護職員処遇改善加算取得促進事業『介護職員処遇改善加算 取得促進セミナー』」開催について
神奈川県では、介護職員処遇改善加算の取得を促進するため、公益財団法人介護労働安定センターに委託し、介護職員処遇改善加算取得にセミナーを開催します。
「申請事例に基づき無理のない加算取得について」ご説明します。

●セミナーのポイント
・処遇改善加算取得に必要な人事処遇制度
・就業規則・賃金規程の変更方法
・無理のない定期昇給の仕組み作り
・介護職員への支給の方法は?
・処遇改善加算申請書の作成方法
・令和元年10月施行「特定処遇改善加算」取得に向けた対応方法

※さらに専門家による無料の個別相談が受けられます!

●開催日程等
○7月23日(火)13:30~15:30 定員:90名
 会場:小田原箱根商工会議所1階Aホール
 (小田原市城内1-21)
○7月25日(木)10:00~12:00 定員:80名
 会場:藤沢商工会館ミナパーク6階多目的ホール3
 (藤沢市藤沢607-1)
○8月1日(木)14:00~16:00 定員:140名
 会場:厚木商工会議所5階501号室
    (厚木市栄町1-16-15)
○8月2日(金)9:30~11:30   定員90名
 会場:鎌倉商工会議所地下ホール
    (鎌倉市御成町17-29)

●参加料 無料

●対象事業所
次の1から3をすべて満たす事業所が対象となります。
1 神奈川県内(横浜市、川崎市及び相模原市除く)の事業所
2 加算区分(2)(3)(4)(5)を届け出ている事業所及び加算の届出をしていない事業所
3 下記サービス事業所であること。

○居宅系サービス
訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、通所介護、(介護予防)通所リハビリテーション

○施設系サービス
(介護予防)特定施設入居者生活介護、介護老人福祉施設、(介護予防)短期入所生活介護、介護老人保健施設、(介護予防)短期入所療養介護、介護療養型医療施設、介護医療院

○地域密着型サービス
夜間対応型訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、地域密着型通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、(介護予防)認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設

●講 師 栗原 知女 氏
 出版社を経てフリージャーナリストとして独立、介護や看護の現場を多数訪問取材をし、インタビュー記事やルポルタージュを手掛ける。 現在は介護事業所のキャリアパス構築支援や助成金・処遇改善加算に係るセミナー講師として全国で活躍中。

●案内及び参加申込書掲載場所
 介護情報サービスかながわ
  →ライブラリ
   →0.介護職員処遇改善加算・介護職員等特定処遇改善加算
    →令和元年度介護職員処遇改善加算取得促進支援事業
    (http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1001&topid=19)

受託先【問合せ先・申込先】
 公益財団法人 介護労働安定センタ- 神奈川支所
 〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通 6-79 港和ビル 8F
 TEL:045-212-0015
 FAX:045-212-0016
 E-mail:kanagawa@kaigo-center.of.jp
 2019/07/22:(再掲)<神奈川県からのお知らせ>潜在介護福祉士等再就業促進研修開催のお知らせ
 本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただき御礼申し上げます。
 このたび、介護福祉士や初任者研修修了者等、介護関係の資格をお持ちの方で、現在、介護関係の仕事に従事されていない方の復職を応援するための研修を開催することとなりましたので、お知らせします。
 この研修会は、本県から社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会に業務委託を行い「介護のしごと 再就業応援セミナー」として実施します。
 研修の開催日、開催場所、申込方法等については、下記掲載場所にありますリーフレットを御確認ください。
 また、介護関係の資格をお持ちの方で、介護の仕事に復職される場合、再就職準備金貸付制度を活用できる場合もあります。
皆様のお近くに、介護の仕事への復職を考えられている方がおられましたら是非御案内をいただき、御活用いただきますようお願いします。
 なお、「介護のしごと 再就業応援セミナー」、「再就職準備金貸付制度」に関するお問合せは、「社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 かながわ福祉人材センター」までお願いします。

【研修に関する問合せ先】
  社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 かながわ福祉人材センター
  電話 045―312―4816
 
 【掲載場所】
  書式ライブラリー>「5.国・県の通知」>「令和元年度潜在介護福祉士等再就業促進研修について」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=999&topid=6

  (文書名)
  「令和元年度 潜在介護福祉士等再就業促進研修」について

******************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
******************