新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:63
1 / 4
 2020/01/17:<神奈川県からのお知らせ> 令和元年 度 高齢者向け施設災害時被害状況確認訓練 (情報受発信訓練)の実施について
各高齢者施設・住まい及び 介護保険事業所 管理者様
日ごろから、本県の福祉施策の推進に
御理解と 御協力を賜り厚くお礼申し上げます。
県では、今年度も介護情報サービスかながわの「災害時被災状況確認システム」を活用し、 各施設から被害状況を 報告していただく訓練を令和2年2月4日(火)に実施します。 今回は昨年県内において台風による甚大な被害があったことから、令和元年台風 19 号を上回る規模の長雨及び豪雨が発生したとの想定で行います。
災害発生時には、このシステムにより報告いただいた各施設の被害情報をもとに必要な支援を行うことを想定していますので、各施設におかれましてはぜひ訓練に参加していただくようお願いします。
訓練は、「介護情報サービスかながわ」に登録されている「災害時被害状況調査用メールアドレス」 と「お知らせ配信用メールアドレス」を使用し て行いますので、
まだ、登録されていない施設におかれましては、「災害時被害状況確認システム操作マニュアル」をご覧いただき、訓練前までに登録してください。
なお、訓練に関する内容や災害時被害状況確認システムの操作マニュアル等は、介護情報サービスかながわに掲載されていますのでご確認ください。

(掲載場所)
<訓練の内容
介護情報サービスかながわ
→「書式ライブラリ 」
→「11. 安全衛生管理・事故関連・防災対策 」
→「令和元年度 高齢者向け施設の災害時被害状況確認訓練(情報発信訓練のお知らせ」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/

<災害時被害状況確認システム操作マニュアル>
介護情報サービスかながわ
→「書式ライブラリ 」
→「20 振興会からのお知らせ(操作マニュアル) 」
→「01 介護情報サービスかながわ 指定事業者用、操作マニュアル類」
→「災害時被害状況確認システム 操作マニュアル」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/

****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
高齢福祉課保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4858
****************
 2020/01/16:<神奈川県からのお知らせ>手話講習会の講師を派遣します。ぜひ手話講習会を開催してみませんか?
 神奈川県では事業者の皆様が従業員を対象に開催する手話講習会について、講師派遣に係る費用を県で負担しています。事例なども通して、聴覚障がい者(ろう者)の方へのより良い対応・接遇について考えてみませんか!

1 内容
  手話講師等が2人1組2時間以内を基本として、手話の魅力や聴覚障がい者(ろう者)への理解を深めていただき、より良い対応につなげていただくため、講義や技術指導を行います。

2 開催する事業者へのお願い
  ・会場の確保
  ・従業員など参加対象者への周知、参加促進(従業以外の方も参加可能です)
  ・参加者のとりまとめ

3 案内掲載場所
  県ホームページ「手話言語の普及推進」→「手話講習会」
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f537527/p1192121.html

4 申込方法
  県ホームページ掲載の「手話講習会 講師派遣依頼票」にご希望の日時等、必要事項をご記入の上、委託先の神奈川県聴覚障害者連盟にファクシミリにてお申込みください。

5 問合せ先
  まずは気軽にご相談、お問合せください。
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  電話番号 045-210-4804
  ファクシミリ 045-210-8859
 2020/01/16:<神奈川県からのお知らせ>【訪問看護ステーション管理者の皆様】「看護職員就業実態調査結果(訪問看護ステーション)について」
 本県の医療行政の推進につきましては、日頃格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 このたび、訪問看護ステーションにおける、看護職員の就業状況について実態を把握し、今後の施策に活用することを目的に実施いたしました、「看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)」の結果を公表いたしましたのでお知らせします。http://www.pref.kanagawa.jp/docs/fp3/index.html
 多くのステーションの皆様にご協力いただき、ありがとうございました。

 問合せ先:神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ
      電話045-210-1111(内線4761)
 2020/01/15:<神奈川県からのお知らせ>社会福祉施設等設備災害復旧費補助金の交付希望 について
台風15号及び台風19号により設備等に被害を受けた施設・事業所に対して交付される予定の、社会福祉施設等設備災害復旧費補助金について、 補助金の交付を希望する施設・事業所は、至急県に 電話 連絡の上、事業計画書の提出をお願いします。
①1月16日17 時までに県高齢福祉課まで電話で連絡してください。
②その後、1月21日までに事業計画書を県へ提出してください。(メール・ FAX提出可)

(対象事業所・ 施設)
 ライブラリーに掲載する通知を参照してください。施設だけでなく、訪問・居宅 ・居住系サービス事業所なども対象になります。

(補助対象経費)
 被災した事業所等の事業再開に必要な需用費、役務費(設備修理等想定)、委託料、使用料、備品購入費
※「事業再開」とは、被災以降、継続的に又は一時的に事業を縮小しながら被災地で介護サービス等を提供している場合も含みます。
被災により一時的にサービス提供の場所を移動してサービス提供を行っていた場合も、対象とします。

(県からの通知・資料等掲載先)
ライブラリー
⇒19 補助金・助成金等
⇒令和元年台風15号及び台風19号に係る社会福祉施設等設備災害復旧費補助金について

(問合せ・連絡先、提出先)
特別養護老人ホーム、老人短期入所施設、軽費老人ホーム、養護老人ホーム
→高齢福祉課 福祉施設グループ 電話 045-210-4851
fshisetsu.508@pref.kanagawa.jp

介護老人保健施設、介護医療院、有料老人ホーム
、地域密着型サービス
→高齢福祉課 保健・居住施設グループ 電話045-210-4856
hoken-kyojyu.tt77@pref.kanagawa.jp

訪問系・通所系事業所(地域密着型以外)、居宅介護支援事業所、福祉用具
貸与事業所
→高齢福祉課 在宅サービスグループ 電話 045-210-4840
kaigoshidou@pref.kanagawa.jp
 2020/01/06:<神奈川県社会福祉協議会からのお知らせ>令和元年度「第2回サービス提供責任者初任者研修」開催のお知らせ
 日頃より、本会事業へのご協力を賜り感謝申しあげます。
 さて、本会では社会福祉を担う施設・機関の人材育成を支援するため、各種研修を実施しておりますが、このたび標記研修を開催することとしましたので、お知らせ致します。
 ホームヘルパーの定着・育成を礎とする、よりよい訪問介護サービスの提供は、サービス提供責任者の資質向上なくしてありません。
 ご多忙とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、詳細は本会ホームページをご確認ください。

--------------------------------------------------------------------

1.研修名
 令和元年度第2回サービス提供責任者初任者研修

2.主催
 社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会

3.対象及び定員数
 県内介護保険指定訪問介護事業所のサービス提供責任者になって間もない方(1年未満程度)、あるいは採用内定中の方で、2日間のカリキュラムすべてに参加できる方 70名程度

4.日程
 令和2年2月3日(月)10時~17時
 令和2年2月18日(火)10時~16時30分

5.会場
 神奈川県社会福祉会館(横浜市神奈川区沢渡4-2 横浜駅西口より徒歩15分程度)

6.受講料
 11,000円

7.講師
 松井奈美氏(植草学園短期大学)、田川和子氏(NPO法人福祉ネットワーク協会)、平野佑子氏(社会福祉法人中心会)、コッシュ石井美千代氏(有限会社ほっと)

8.申込締切
 令和2年1月7日(火)15時
 (※12月28日より1月5日は休業いたしますので、ご了承ください)

9.実施要項・申込書
 本会ホームページに掲載
 実施要項:
 http://www.knsyk.jp/s/hataraku/pdf/r1_2servicesekinin.pdf

 申込書:
 <http://www.knsyk.jp/s/hataraku/pdf/r1_2servicesekinin_m.pdf>
 http://www.knsyk.jp/s/hataraku/pdf/r1_2servicesekinin_m.pdf

10.問合せ・申込先
  神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター

〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-2
TEL 045-311-1429(月~金8:30~17:15)
FAX 045-313-0737
E-mail kensyu@knsyk.jp <mailto:kensyu@knsyk.jp>  
HP   http://knsyk.jp/
 2019/12/26:<神奈川県からのお知らせ> 令和元年度地域包括支援センター職員等養成研修(現任者研修個別テーマ編(第1回))の実施について
 介護保険事業の円滑な推進につきましては、日ごろ格別の御尽力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、標記研修を一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会に委託して実施します。
 各市町村地域包括支援センター主管課長あてに、管内地域包括支援センターへ周知及び出席者の取りまとめについて依頼しております。
 各市町村所管課を通じて、積極的な受講申込みをお願いいたします。
開催日時 
令和2年1月31日(金)午後1時30分~午後4時30分(受付:1時10分から)
 研修会場
    ウィリング横浜 12階研修室 126-127
  〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内

【掲載場所】介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「10.セミナー・講習会・研修」
>「その他」
>「令和元年度地域包括支援センター職員等養成研修(現任者研修個別テーマ編(第1回))実施要領、申込書」
   (実施要領、受講申込書を添付)
実施要領
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/work/lib/CT609ID10286N758.pdf
受講申込書
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/work/lib/CT609ID10287N759.xls

問合せ先
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課企画グループ
 副技幹 横溝由佳
直通:045-210-4835
 Tel :045-210-1111 内線4836
 Fax :045-210-8874
 2019/12/26:<神奈川県からのお知らせ> 令和元年度地域包括支援センター職員等養成研修(管理者向け研修)の実施について
 介護保険事業の円滑な推進につきましては、日ごろ格別の御尽力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、標記研修を一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会に委託して実施します。
 各市町村地域包括支援センター主管課長あてに、管内地域包括支援センターへ周知及び出席者の取りまとめについて依頼しております。
 各市町村所管課を通じて、積極的な受講申込みをお願いいたします。
開催日時 
 令和2年2月3日(月) 午前9時40分~午後5時10分
 研修会場
    横浜市従会館4階ホール
  〒220-0031 横浜市西区宮崎町25

【掲載場所】介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「10.セミナー・講習会・研修」
>「その他」
>「令和元年度地域包括支援センター職員等養成研修(管理者向け研修)実施要領、申込書」
   (実施要領、受講申込書を添付)
実施要領
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/work/lib/CT609ID10288N760.pdf

受講申込書
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/work/lib/CT609ID10289N761.xls


問合せ先
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課企画グループ
 副技幹 横溝由佳
直通:045-210-4835
 Tel :045-210-1111 内線4836
 Fax :045-210-8874

 2019/12/23:<神奈川県からのお知らせ>「電話相談員研修」のご案内
 このたび神奈川県精神保健福祉センターでは、令和2年1月31日(金)に令和元年度 「 電話相談員研修 」 を開催いたします。
皆様の御参加をお待ちしております。

 神奈川県ホームページ(アドレスは、「▼ 詳細・申し込み用紙はこちら から」を参照してください。)から、申し込み用紙を入手いただき、 1月28日(火)までに電話又はFAXにて、お申し込みください。

1 日時
  令和2年1月31日(金)午後1時30分~ 午後4時30分

2 場所
  神奈川県 精神保健福祉センター 2階 視聴覚室

3 内容・講師
 「電話相談における認知行動療法の活用 ~理論学習と事例検討から~」
  林潤一郎 氏 (成蹊大学 准教授 公認心理師 臨床心理士)

4 対象
 県・市町村相談 機関、県保健福祉事務所(センター含む)、市保健所、県所管域相談支援事業所、NPO法人などで、電話相談業務に従事している職員。 定員 50名。

5 費用 無料

▼ 詳細・申し込み用紙はこちらから
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nx3/cnt/f531244/documents/dennwa2019.pdf

【問合せ先】 神奈川県精神保健福祉センター 相談課 電 話 045-821-8822(代表) FAX 045-821-1711
 2019/12/23:<神奈川県からのお知らせ>居宅介護支援事業所の皆様へ重要なお知らせ(特定事業所加算届出事業所)
 本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただき御礼申し上げます。
 介護支援専門員実務研修にかかる指定研修機関による実習受入れ事業所説明会について、以下の場所に開催日時等のご案内及び申込書等について掲載させていただきます。
この指定研修機関による説明会及び講習会への出席をもって、特定事業所加算の算定要件である、「介護支援専門員実務研修における科目『ケアマネジメントの基礎技術に関する実習』等に協力又は協力体制を確保していること」に該当するとみなされますので、加算の届出(今年度中に加算の届出を所管市町村にする予定の事業所を含む)をしている事業所は必ず出席してください。

 【掲載場所】
  書式ライブラリー>「5 国・県の通知」>
「令和元年度神奈川県介護支援専門員実務研修 実習受け入れ事業所説明会について」
  http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=998&topid=6

(文書名)
「令和元年度 神奈川県介護支援専門員実務研修 第2期実習受け入れ事業所説明会のご案内」


【説明会に関する問合せ先】
 社会福祉法人横浜市社会福祉協議会 福祉保健研修交流センター 
 ウィリング横浜
 TEL 045-847-6674

****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2019/12/19:【参加者募集中 】 かながわ災害福祉広域支援ネットワーク研修
 県では、平成 28 年7月に福祉関係団体等と協働して「かながわ災害福祉広域支援ネットワーク」を形成し、 大規模災害時には、被災自治体からの要請等に基づき、当該ネットワーク構成団体の介護職員等を高齢者関係施設や障がい児・者施設等へ派遣する よう進めているところです。
 このたび、(福)神奈川県社会協議会に委託して 大規模災害発生時の福祉的支援に関する 研修を 次のとおり 実施します 。

<講演>
テーマ「災害を忘れない。~あらためて考える、平常時の備え~」
日時(場所):令和2年1月 28 日(火) 13:30 16:00 横浜情報文化センター)
内容:熊本地震及び台風 19 号において被災された施設職員の方や、被災地支援に携わった方などによる講演

<演習Ⅰ(講義・グループワーク)>
基礎研修
日時(場所):令和2年1月10 日(金) 9:30 16:30 県社会福祉会館)
内容: 災害時に発生する地域課題や福祉避難所、「ふだん」からのネットワークのつながり等

<演習Ⅱ(講義・グループワーク)>
情報の大切さ、ありがたさを学ぶ
日時(場所): 令和2年1月 17 日(金) 13:30 16:30 県社会福祉会館)
内容:災害時の情報の整理や情報伝達訓練等
★ご案内チラシ兼申込書の掲載
(掲載場所)
介護情報サービスかながわ
 書式ライブラリー
  10. セミナー・講習会・研修
   その他
(http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib list.asp?id= 609 & 21)
 被災地での支援はもとより、自施設が被災した際の災害対策にも役立つ研修内容です 。
また、演習では、他施設の職員や行政職員が 1 つのグループとなって行うことから、普段は交流しない職種の方々とも交流できる場にもなっています。 いずれも参加費は無料です。ぜひ、ご参加ください。
※ 申込締切は、研修によって異なりますのでご注意ください。

問合せ先(委託事業者)
(福)神奈川県社会福祉協議会
総務企画部 松本、伊部、志田
電話 (045) 311-1422
ファクシミリ(045) 312-6302
 2019/12/17:<介護保健施設・介護保険事業所向け>  実践教育センターの「2020(令和2)年度教育課程(多職種連携推進課程)第2回学生募集」について

 介護保健施設・介護保険事業所 職員各位

 神奈川県立保健福祉大学実践教育センター(横浜市旭区中尾1-5-1)では、保健・医療・福祉の分野で既に活躍している様々な職種の方々の一層のレベルアップを図るために、6か月から12か月の期間、継続して学ぶ教育課程を開講しています。
 この度、2020(令和2)年度教育課程(多職種連携推進課程)第2回学生募集を実施します。

開講、募集概要は次のとおりです。
<募集人員>30名程度
<開講期間等>2020年4月~同年12月、毎週土曜日
<出願期間>2020年1月9日(木)~1月27日(月) (消印有効)
詳しくは、実践教育センターホームページをご覧ください。
 http://jissen.kuhs.ac.jp/nyuushi/2013100700235/

また、「介護情報サービスかながわ」の次の場所にも掲載しておりますので、併せてご確認ください。
「書式ライブラリー」→「10 セミナー・講習会・研修」→「その他」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21


問合せ先
神奈川県立保健福祉大学実践教育センター実践教育部
電話045-366-5871(直通) 
 2019/12/16:【再掲】<平塚保健福祉事務所からのお知らせ>講演会のお知らせ
講演会タイトル「地域支援のかたち ~5分100円の御用聞きがつくりだしたもの~」

日時 令和2年1月9日(木) 14時~16時30分

場所 平塚保健福祉事務所 3階 大会議室

内容 ・まちに生活する方の困りごとの掬い方
    ~生活のささくれが小さな障壁となって暮らしの彩を奪っていく~
   ・豊富な事例に基づく独自の関わりとその取組み方
    ~“5分100円”から“ゴミ屋敷”の片づけまで「会話で世の中を豊かにする」~
   ・御用聞きを支える担い手の集め方
    ~2年半で360余名の担い手の応募がある御用聞き。担い手が集まるその秘密とは~

    【講師】 古市 盛久氏(株式会社御用聞き代表取締役社長)

対象 湘南東部・西部保健福祉圏域の福祉関係者
   及びご関心のある方はどなたでも参加いただけます。

申込み方法 受講希望者は、添付のチラシ(リンク先※をご覧ください)裏面の申込書に必要事項を記入の上、締切日までにファクシミリにてお申込みください。
※ https://www.pref.kanagawa.jp/docs/x2p/cnt/f47/p498294.html


締切り 令和2年1月6日(月)
申込み・問合せ 平塚保健福祉事務所保健福祉課
        住所  平塚市豊原町6-21
        電話  0463-32-0130 内線268
        ファクシミリ 0463-35-4025
 2019/12/16:【再掲】<神奈川県からのお知らせ>講演会「写真で考える看取り」~生と死、それはいのちをつなぐバトンリレー~のご案内(令和2年1月30日開催)
介護保険サービス事業所 各位

講演会「写真で考える看取り」~生と死、それはいのちをつなぐバトンリレー~
のご案内

 神奈川県鎌倉保健福祉事務所は、写真を映写しながら「看取る時」「看取られる時」の心情や関係職種の関わりについて語りかける講演会を開催します。

 人は「看取る時」「看取られる時」に、何を思い、何を感じるのかの疑問について、写真を見ながら、臨場感を伴う話を聞くことで、最期を迎える時を考える契機の一助にしたいと考えています。

 そこで、多数の著書があり、TV出演等幅広く活動されている、写真家でフォトジャーナリストの國森康弘氏から、「看取る時」「看取られる時」の様々な心情や関係職種の関わりについて、優しく語りかけていただきます。

つきましては、御多忙のところ誠に恐縮ですが、対象者への周知及び関係職員の御出席について御配慮くださいますようお願いいたします。

日時:令和2年1月30日(木曜日)
   午後2時から4時(開場 午後1時30分)
場所:逗子文化プラザ さざなみホール(逗子市逗子4-2-10)
   JR横須賀線 逗子駅から徒歩5分、京浜急行 新逗子駅から徒歩2分
対象:テーマに関心のある方
定員:140名(参加無料)※参加者多数の場合、抽選とさせていただきます。
手話通訳:あり(要 事前申込)
申込方法:電話またはファクシミリ。①参加者氏名 ②連絡先 ③お住まいまたはお勤め先・学校等の市町名 ④手話通訳の要否 をお伝えください。 
申込締切:12月20日(金曜日)
申込先:神奈川県鎌倉保健福祉事務所 保健福祉課
    電話:0467-24-3900 内線232     
    ファクシミリ:0467-24-4379
     
※詳細・申込書は「介護情報サービスかながわ」↓をご覧ください。
  → 事業者
  → 書式ライブラリー
  → 10.セミナー・講習会
  → その他
   http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21

問合せ先:鎌倉保健福祉事務所 保健福祉課 金子
     電話0467-24-3900(内線232)
 2019/12/13:<小田原保健福祉事務所から研修会のお知らせ>「在宅難病患者保健福祉従事者等研修会」のご案内
大型台風などの災害時には、停電が起こります。心配なのは、電気で動く医療機器(人工呼吸器・吸引器・在宅酸素など)を使っている在宅療養中の人です。災害時における対応や備えについて、ALS患者・家族と医療機器の専門家からお話いただきます。医療機器利用者への災害時対応の知識や情報を得て、支援に活かしてみませんか。 

1 日 時  令和2年1月17日(金)14時~16時30分
2 場 所  神奈川県小田原合同庁舎 2階 DE会議室
      (小田原市荻窪350-1)
3 内 容  「 災害への備え ~医療機器利用者への支援を考える~ 」
(1)ALS患者・家族の体験談  「 災害時対応の実際 ~備えのヒントや工夫~ 」
    講 師 日本ALS協会 神奈川県支部役員 (ALS患者・家族)
(2)講演
   ①「災害に備えた医療機器利用者への対応について ~停電と故障対策~ 」
    講 師 独立行政法人 国立病院機構 箱根病院 神経筋・難病医療センター 
        臨床工学技士 瓜生 伸一氏
   ②「フィリップス・ジャパンの災害時における医療機器利用者への対応について 」
    講 師 フィリップス・ジャパン株式会社 厚木支店 江畑 良海氏
4 対象者 
  医療機関、訪問看護ステーション、介護・障害福祉サービス事業所、地域包括支援センター、
  市役所・町役場等で、難病患者家族の在宅療養生活・災害時対応に関する相談・支援に従事する者
  (医師、保健師、看護師、ケアマネジャー、社会福祉士、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、行政職員等)
5 定 員  60名
6 受講料  無料
7 案内文(参加申込書)
  介護情報サービスかながわ
  >書式ライブラリー
  >10.セミナー・講演会・研修
  >その他の研修
(http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1025&topid=21)                 

 参加御希望の方は、案内文にございます申込書に必要事項を御記入の上、令和2年1月10日(金)までに電話またはFAXにてお申込みください。

【問合せ・申込先】
 神奈川県小田原保健福祉事務所 保健予防課 宮﨑
 電話 0465(32)8000(代表) 内線3242
 FAX 0465(32)8138
 2019/12/11:●神奈川県からのお知らせ●令和元年度「成年後見制度セミナー(現任者編)」を開催します!
 成年後見制度の重要性が増す中、制度への理解を深め、市町村長申立てを促進するため、次のとおり標記セミナーを開催します。
 地域包括支援センター及び障害者相談支援事業所において、権利擁護業務を担当されている皆様のご参加をお待ちしています。

1 日時 令和2年2月12日(水)午後1時30分から午後4時30分まで

2 場所 神奈川県立国際言語文化アカデミア 研修ホール(定員200名)(住所:横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1)

3 対象者
   市町村職員、県・市町村社会福祉協議会職員、県職員、
   地域包括支援センター・障害者相談支援事業所職員(市町村から指定、委託を受けた機関に限ります)

4 内容
(1) 申立書の書き方の実際(成年後見制度市町村長申立てに係る申立書記載方法等)(司法書士)
(2) 申立てに関する問合わせ事例(神奈川県社会福祉協議会)
(3) 消費者被害について(神奈川県消費生活課)
    ※詳細は、書式ライブラリ掲載のプログラムをご覧ください。

5 申込方法
  書式ライブラリ掲載の申込用紙に必要事項を記入の上、令和2年1月22日(水)までにファクシミリにて申し込みください。
 ※定員になり次第、受付終了

6 書式ライブラリ
   書式ライブラリ―>10.セミナー・講習会・研修

7 問合せ・申込み先
   神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
   電話  045-210-4750
   ファクシミリ 045-210-8859

 2019/12/10:<神奈川県からのお知らせ>令和元年度神奈川県委託事業「介護職員処遇改善加算取得促進事業『介護職員処遇改善加算 取得促進セミナー』」追加開催について
介護職員処遇改善加算対象サービス各事業所・施設 御中


●本事業は、神奈川県が指定する事業所だけでなく、横須賀市に所在する事業所および地域密着型サービス事業所も対象となっております。●


 神奈川県では、介護職員処遇改善加算の取得を促進するため、公益財団法人介護労働安定センターに委託し、介護職員処遇改善加算取得にセミナーを開催します。
 「申請事例に基づき無理のない加算取得について」ご説明します。

●セミナーのポイント
・処遇改善加算取得に必要な人事処遇制度
・就業規則・賃金規程の変更方法
・無理のない定期昇給の仕組み作り
・介護職員への支給の方法は?
・処遇改善加算申請書の作成方法
・令和元年10月1日施行「介護職員等特定処遇改善加算」取得に向けた対応方法

※受講者は、事業所様の経営者、管理者、介護処遇改善加算等の申請に関与する方の他に、本制度を理解する観点から、事業所のリーダー、管理者候補等の職員のご受講についてもご検討の上、お申込みください。(一法人・各事業所から10数名などの多人数のご出席要望の際は、調整させていただきます。)
※本セミナーとは別に、さらに専門家による【無料】の個別相談が受けられます!
事業所の現況を踏まえ、申請に向けた個別のご相談もできるので、介護労働安定センター神奈川支所までお問合せ下さい。

●開催日程等
 ○藤沢会場
 令和2年1月22日(水)10:00~12:00  定員:80名
 会場:藤沢商工会館ミナパーク6階 多目的ホール3
    (藤沢市藤沢607-1)
 ○厚木会場
 令和2年1月28日(火)10:00~12:00 定員:50名
 会場:プロミティあつぎビル8階 AB会議室
    (厚木市中町4-16-21 )

●参加料 無料

●対象事業所
次の1から3をすべて満たす事業所が対象となります。
1 神奈川県内(横浜市、川崎市及び相模原市除く)の事業所
2 加算区分(2)(3)(4)(5)を届け出ている事業所及び加算の届出をしていない事業所
3 下記サービス事業所であること。

○居宅系サービス
 訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、通所介護、(介護予防)通所リハビリテーション
○施設系サービス
 (介護予防)特定施設入居者生活介護、介護老人福祉施設、(介護予防)短期入所生活介護、介護老人保健施設、(介護予防)短期入所療養介護、介護療養型医療施設、介護医療院
○地域密着型サービス
 夜間対応型訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、地域密着型通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、(介護予防)認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設

●講 師 栗原 知女 氏
 出版社を経てフリージャーナリストとして独立、介護や看護の現場を多数訪問取材をし、インタビュー記事やルポルタージュを手掛ける。 現在は介護事業所のキャリアパス構築支援や助成金・処遇改善加算に係るセミナー講師として全国で活躍中。

●案内及び参加申込書掲載場所
 介護情報サービスかながわ
  →ライブラリ
   →0.介護職員処遇改善加算
    →令和元年度介護職員処遇改善加算取得促進支援事業
   (http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1001&topid=19)


受託先【問合せ先・申込先】
 公益財団法人 介護労働安定センタ- 神奈川支所
 〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通 6-79 港和ビル 8F
 TEL:045-212-0015
 FAX:045-212-0016
 E-mail:kanagawa@kaigo-center.of.jp
 2019/12/04:<神奈川県からのお知らせ>「苦情解決研修会(実践編Ⅱ)事例を通して苦情解決の流れを体験する」開催のお知らせ
苦情相談事例を使って事業者としての解決策を検討し、終結までの対応を考え、サービスの質の向上につなげるまでの流れを理解します。
苦情の担当者としてするべきことは何か、事業者としての組織的な対応とは
どのようなことか、改めて振り返ってみましょう。

日時:
令和2年1月28日(火)13:30~16:30

会場:
神奈川県社会福祉会館 第3第4研修室

詳細及び申し込み方法:
詳細及び申込方法については、次に掲載のチラシをご覧ください。

「介護情報サービスかながわ」→「書式ライブラリー」
 →「10.セミナー・講習会・研修」→「その他の研修」
(URL:http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1025&topid=21)


主催及び問合せ先:
かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
電話045-312-1121(内線3558)
FAX 045-322-3559
 2019/11/29:<神奈川県からのお知らせ>介護支援専門員研修の開催等について
「介護支援専門員研修の開催等について」

介護支援専門員専門研修・更新研修の開催や募集については、下記ホームページで案内しています。受講の申込みは、各実施機関に直接お問い合わせください。

また、今年度の研修募集は12月募集で最終となります。介護支援専門員証の有効期間満了日が令和2年9月ごろまでの方等、今年度中の研修受講が必要な方はこの機会にお申し込みください。
令和2年度の研修予定は、令和2年4月以降に下記ホームページでご案内予定です。

介護支援専門員の研修情報
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762

専門研修課程2および実務経験者向け更新研修(専門研修課程2と同内容)
■12月募集■
・合同会社 介護の未来
(電話:0463-38-0210)
募集:令和元年12月1日~令和元年12月23日


本県から各介護支援専門員へ資格更新に関する案内は行っておりません。
介護支援専門員証の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で介護支援専門員証の有効期間満了日を確認の上、更新に必要な研修を計画的に受講、修了し、介護支援専門員証の更新手続きを行ってください。

神奈川県ホームページ「介護支援専門員のページ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2019/11/27:<神奈川県からのお知らせ>潜在介護福祉士等再就業促進研修開催のお知らせ
 本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただき御礼申し上げます。
 このたび、介護福祉士や初任者研修修了者等、介護関係の資格をお持ちの方で、現在、介護関係の仕事に従事されていない方の復職を応援するための研修を開催することとなりましたので、お知らせします。
 この研修会は、本県から社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会に業務委託を行い「介護のしごと 再就業応援セミナー」として実施します。
 研修の開催日、開催場所、申込方法等については、下記掲載場所にありますリーフレットを御確認ください。
 また、介護関係の資格をお持ちの方で、介護の仕事に復職される場合、再就職準備金貸付制度を活用できる場合もあります。
 皆様のお近くに、介護の仕事への復職を考えられている方がおられましたら是非御案内をいただき、御活用いただきますようお願いします。
 なお、「介護のしごと 再就業応援セミナー」、「再就職準備金貸付制度」に関するお問合せは、「社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 かながわ福祉人材センター」までお願いします。

 【研修に関する問合せ先】
  社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 かながわ福祉人材センター
  電話 045―312―4816
 
 【掲載場所】
  書式ライブラリー>「5国・県の通知」
  >「令和元年度潜在介護福祉士等再就業促進研修について」
  http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=999&topid=6

  (文書名)
   「令和元年度 潜在介護福祉士等再就業促進研修」について

******************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
******************
 2019/11/26:●神奈川県からのお知らせ●令和元年度神奈川県介護予防従事者研修会のご案内
神奈川県では、介護予防・健康づくりを実践する「かながわ介護予防・健康づくり運動指導員」の認定制度を平成26年度に創設し、市町村が実施する介護予防事業の従事者を養成しています。今年度の研修会について、下記アドレスにチラシを掲載していますので、ご覧ください。本研修会修了者には神奈川県知事より修了証を交付し、指導員名簿に登録し、介護予防事業の円滑な運営のため、神奈川県より市町村へ情報提供いたします。また、認定者のいる事業所は県のホームページに掲載させていただきます。

 日時 令和2年2月1日(土)9:30~17:00
        2月2日(日)9:30~17:00
 会場 神奈川県総合医療会館7階講堂ほか
 申込期間 令和元年11月18日(月)~12月20日(金)必着
 定員 230名

書式ライブラリ
→10.セミナー・講習会・研修
   →令和元年度神奈川県介護予防従事者研修会
URL:http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=21

*************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部高齢福祉課企画グループ
TEL 045-210-1111 内線4836 
FAX 045-210-8874
*************