かなナビ

Ⅰ 介護サービス情報の公表制度創設の背景

※以下、「情報公表制度」と略称します。

1 なぜ、情報公表制度ができたのか

介護サービス情報の公表制度は、平成18年4月に施行されました。なぜ、公表制度ができたのか、その背景をさぐってみます。

利用者がサービスを選択するためには、
  1. 選択できるだけの供給量が充実していること
  2. 選択のための情報が提供されていること
  3. 利用者が適切に選択できる知識を持っていること
の条件が整っている必要があります。

介護保険施行後、介護市場に民間企業の参入が進み事業所は急増しましたが、サービス選択のための客観的な情報は提供されていませんでした。また、利用者は介護についての知識が十分ではないために、サービスを適切に選択することはできない状況にありました。

そこで、介護保険の基本理念である「利用者のサービス選択」を現場レベルで実現するために、介護サービス情報公表制度ができたのです。

2 情報公表制度の基本的な考え方

介護サービス情報の公表制度は、介護保険制度の基本理念である「利用者本位」「高齢者の自立支援」「利用者による選択(自己決定)」を現実のサービス利用において保障するための仕組みです。

情報公表制度の基本的な考え方は、あくまでも介護サービスの内容を明らかにし、利用者がサービス選択を適切に行えるようにするための情報開示の徹底であり、サービスの評価ではないということが特徴です。

様々な価値観がある中で、サービスの質を一定のものさしで測ることは難しく、介護サービスの評価は、あくまでも利用者自らが行うという考え方を基本としています。

次のページへ進む ☞



介護サービス情報の公表制度とは

Ⅰ.介護サービス情報の公表制度創設の背景
※以下、「情報公表制度」
  1. なぜ、情報公表制度ができたのか
  2. 情報公表制度の基本的な考え方
Ⅱ.情報公表制度の仕組み
  1. 情報公表制度の概要
  2. 基本情報とは
  3. 運営情報とは
  4. 評価との違い