利用したいサービスで探す

日中活動系サービス(利用者が事業所・施設に通うサービス)にはどのようなものがありますか。

以下のサービスを利用することができます。


サービスを選択してください。
【内容】
常に介護を必要とする障害者に対し、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
【対象者】
常時介護が必要な障害者であって、障害支援区分3(併せて施設入所支援を利用する場合は区分4)以上である者
 または年齢が50歳以上で障害支援区分2(併せて施設入所支援を利用する場合は区分3)以上である者
【内容】
自立した日常生活や社会生活ができるよう、身体障害者等を対象に一定の期間身体機能や生活能力向上のためのリハビリテーションを行います。
【対象者】
地域生活を営む上で、身体機能・生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な身体障害者等。
具体的には次のような例が挙げられます。
・ 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行等を図る上で、身体的リハビリテーションの継続や身体機能の維持・回復などの支援が必要な者
・ 特別支援学校を卒業した者であって、地域生活を営む上で、身体機能の維持・回復などの支援が必要な者
【内容】
自立した日常生活や社会生活ができるよう、知的障害者と精神障害者を対象に一定の期間生活能力の維持・向上のためのリハビリテーションを行います。
【対象者】
地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な知的障害者・精神障害者。具体的には次のような例が挙げられます。
・ 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行を図る上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な者
・ 特別支援学校を卒業した者、継続した通院により症状が安定している者等であって、地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な者
【内容】
就労を希望する65歳未満の障害者で、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれるものに対し、生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、求職活動に関する支援、その適性に応じた職場の開拓、就職後における職場への定着のために必要な相談などの支援を行います。
【対象者】
就労を希望する者であって、単独で就労することが困難であるため、就労に必要な知識及び技術の習得若しくは就労先の紹介その他の支援が必要な65歳未満の者
【内容】
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師の養成施設において、資格取得に必要な訓練を行います。
【対象者】
あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を取得することにより就労を希望する者
【内容】
一般企業等での就労が困難な障害者に対し、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。(雇用契約を結んで働きます。)
【対象者】
企業等に就労することが困難な者であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の者(利用開始時65歳未満の者)。具体的には次のような例が挙げられます。
・ 就労移行支援を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者
・ 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった者
・ 企業等を離職した者等就労経験のある者で、現に雇用関係がない者
【内容】
一般企業等での就労が困難な障害者に対し、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
【対象者】
就労の機会を通して生産活動の知識や能力の向上が見込まれる者や過去に一般企業に就職していたが年齢や体力面の問題で雇用されることが困難になった者。具体的には次のような例が挙げられます。
・ 就労経験がある者であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難になった者
・ 就労移行支援事業を利用した結果、就労継続支援B型の利用が適当と判断された者
・ 50歳に達している者又は障害基礎年金1級受給者