1. 障害福祉サービスガイド
  2. 障害者総合支援法について|児童福祉法に基づく障害児通所支援及び障害児入所支援

障害者総合支援法について

児童福祉法に基づく障害児通所支援・障害児入所支援

平成25年4月1日の障害者総合支援法施行に先立ち、「児童福祉法」が一部改正され、平成24年4月1日に施行されました。

それまで、障害児を対象とした施設・事業においては、施設入所等は児童福祉法、児童デイサービス等の事業関係は障害者自立支援法、重症心身障害児(者)通園事業は予算事業として実施されてきましたが、平成24年4月より児童福祉法に根拠規定が一本化され、体系も再編されました。

また、「障害児通所支援」を利用する際には、障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う「障害児相談支援」が必要となりました。

障害児施設・事業の一元化イメージ
児童デイサービス、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児通園施設(医)、重症心身障害児(者)通園事業が、「障害児通所支援(市町村)」として児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援に一元化されました。
知的障害児施設、第一種自閉症児施設(医)、第二種自閉症児施設、育児施設、ろうあ児施設、肢体不自由児施設(医)、肢体不自由児療護施設、重症心身障害児施設(医)が、「障害児入所支援(都道府県)」として福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設に一元化されました。
障害児通所支援
  1. 児童発達支援
  2. 医療型児童発達支援
  3. 放課後等デイサービス
  4. 保育所等訪問支援
障害児入所支援
  1. 福祉型障害児入所施設
  2. 医療型障害児入所施設
障害児相談支援
  1. 障害児支援利用援助
  2. 継続障害児支援利用援助

このページのトップに戻る