1. 障害福祉サービスガイド
  2. サービスを利用する手順|訓練等給付

サービスを利用する手順

訓練等給付

※ 共同生活援助を利用する方のうち、身体介護等が必要な方は、介護給付と同様の手続きが必要です。

  1. サービスの利用を希望する方は、まず、お住まいの市町村の窓口に利用申請をします。
  2. その後、「サービス等利用計画案」を「指定特定相談支援事業者」で作成し、市町村に提出します。
  3. 市町村は、利用者の聴き取り調査や一次判定等を行った後、提出された計画案等をふまえて、サービス量などが適正かどうかを判断するために、暫定支給決定をします。
  4. 一定期間サービスを利用した後、正式に支給決定されます。
  5. 「指定特定相談支援事業者」はサービス担当者会議を開催。サービス事業者等との連絡調整を行い、担当する事業者等の記載された「サービス等利用計画」を作成します。その後サービス利用が開始されます。
  1. 受付・申請
    市町村の窓口を見る
    市町村の障害サービスを担当する窓口に、サービス利用の申請を行います。
  2. サービス等利用計画案の提出依頼
    指定特定相談支援事業者を探す
    サービス等利用計画案の作成を依頼する「指定特定相談支援事業者」を市町村へ届け出たうえで、作成依頼の契約をします。
  3. 聴き取り調査
    認定調査員がご自宅などへ訪問し、心身の状況について本人や家族などから聴き取りながら、80項目の基本調査を記入します。
  4. 一次判定
    市町村は、訪問調査による80項目の基本調査に基づき、コンピュータによる判定を行います。
  5. サービス利用意向聴取
    特定相談支援事業者がご自宅などに訪問し、生活の悩みや希望するサービスなどの内容を聞き取ります。
  6. サービス等利用計画案の
    提出・勘案
    特定相談支援事業者が、聞き取った内容などを踏まえてサービス等利用計画案を作成し、市町村へ提出します。
  7. 暫定支給決定
    一定期間サービスを利用し、利用意思の確認等をします。
    ※共同生活援助(グループホーム)は暫定支給決定がありません。
  8. 個別支援計画
  9. 支給決定通知書・受給者証の交付
  10. サービス等利用計画の作成
    特定相談支援事業者が、支給決定の内容からサービス事業者の調整などを行い、利用計画を作成し、市町村へ提出します。
  11. 利用契約
    受給者証を利用予定の事業者や施設に提示して利用を申し込み、契約を結んでください。
  12. サービス利用
    障害福祉サービスを見る
    契約に基づいてサービスを利用します。サービスの利用後は「利用者負担額」等を事業者や施設にお支払いください。

このページのトップに戻る