かながわ福祉情報コミュニティ

障害福祉情報サービスかながわのニュースです 障害福祉情報サービス かながわへ

お知らせ


<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/16]
指定障害児通所支援事業者の指定更新のご案内

 ★横浜市・川崎市・相模原市及び横須賀市以外に所在する事業所対象★
 児童福祉法に基づく「指定障害児通所支援事業者」については同法第21条の5の16第1項により、6年ごとに指定の更新を受けなければ指定の効力を失うこととされています。引き続き指定を受けるためには、指定更新手続きが必要です。
 県では、平成30年3月末日に指定有効期間満了日を迎える県所管域の指定障害児通所支援事業所を対象に、次のとおり指定更新申請を受け付けることといたしましたので、お知らせいたします。
 平成30年4月以降に指定有効期間満了日を迎える指定障害児通所支援事業所の指定更新手続きにつきましては、1月下旬にご案内いたします。
 なお、休止中の事業所につきましては、特別な場合を除き、指定の更新は受けられませんので、ご注意ください。
 皆様方のご協力をお願いいたします。
 横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市に所在する指定障害児通所支援事業所等につきましては、それぞれの市の担当課にお問い合わせください。

○ 指定更新申請書類の受付期間等
  平成30年3月末日に指定有効期間満了日を迎える指定障害児通所支援事業所は
 1月29日(月)から2月23日(金)必着で、指定更新申請書類を提出してください。
  ※ 別表「平成30年3月末日に指定有効期間満了日を迎える事業所一覧」を
   添付していますので、必ずご確認ください。万一、対象事業所であるにもかか
   わらず、別表にない場合には、当課の確認漏れの可能性がありますので、お手
   数ですが、急ぎお電話でご連絡ください。
○ 詳しくは、次のページをご覧ください。
  「書式ライブラリ」 → 「1.神奈川県からのお知らせ」
   → 「4-2 事業所指定更新のお知らせ(児童福祉法関係)」
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=137&topid=1
○ 問合せ先
  神奈川県 障害福祉課 事業支援グループ
  電話 045-210-4717(直通)
     045-210-4732(直通)

<かながわ福祉サービス振興会> [2018/01/12]
「平成29年度 障害者グループホーム職員研修」開催のご案内

 このたび、神奈川県受託事業「障害者グループホームサポートセンター事業」による
「障害者グループホーム職員研修」を開催いたします。
 本研修は障害者グループホーム職員の質の向上と、障害者の権利擁護を目的とし、
全9回を予定しております。
 今年度最終回となります第9回のご案内です。参加者同士の情報交換・交流促進も
目的としておりますので、ぜひご参加ください。
 ※政令市・中核市を除いた神奈川県内の障害者グループホーム職員が対象となります。

■開催日程
  第9回『平成30年度の神奈川県における障害者グループホーム関連施策の動向』
    日時:平成30年2月14日(水)10:00〜13:00 
    会場:かながわ県民センター 301会議室 
■参加費  無料
■定員   50名程度 ※定員になり次第、お申し込み締め切りとなります。
 
▼お申込み・案内チラシはこちら
http://gh.kanafuku.jp/seminar.html

□お問合せ先
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
障害者グループホームサポートセンター事務局
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
電話:045-227-7044(9:00〜17:30) FAX:045-671-0295
E-Mail:info5@kanafuku.jp

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/12]
「支援会議・サービス調整会議実践研修」の募集案内

「支援会議の意義と活用を学ぶ〜会議を効果的にひらくためには〜」を開催します。
 募集案内及び参加申込書を掲載しましたのでお知らせします。
 受講を希望される方は、募集案内を確認のうえ、お申し込みください。

日  時:平成30年2月10日(土) 10:30〜16:30
会  場:ヴェルグよこすか 第1会議室
(京浜急行 横須賀中央駅(東口)より徒歩5分)
定  員:40名(先着順)
受 講 料:1,500円
申込期限:平成30年2月2日(金)

○掲載場所
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT128N32.pdf

<問合せ・申込先>
特定非営利活動法人かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク 事務局
(受託事業者) 
〒243-0014 神奈川県厚木市旭町1−9−7 旭町三紫ビル302
電話 :046−220−5380  FAX :046−220−5381
E-mail:run@kcn.or.jp

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/11]
「相談支援専門員 専門コース別研修」の募集案内

内容
  相談支援専門員 専門コース別研修
 「『障害児相談支援』の基本を学ぶ」を開催します。
 募集案内及び参加申込書を掲載しましたのでお知らせします。
 受講を希望される方は、募集案内を確認のうえ、お申し込みください。

日  時:平成30年2月2日(金) 9:30〜17:00
会  場:サンピアンかわさき 第3会議室
(JR川崎駅・京浜急行川崎駅より徒歩20分またはバス)
定  員:50名(先着順)
受 講 料:1,500円
申込期限:平成30年1月22日(月)

○掲載場所
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT128N29.pdf

<問合せ・申込先>
特定非営利活動法人かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク 事務局
(受託事業者) 
〒243-0014 神奈川県厚木市旭町1−9−7 旭町三紫ビル302
電話 :046−220−5380  FAX :046−220−5381
E-mail:run@kcn.or.jp

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/11]
平成29年度神奈川県発達障害支援センター支援者向け研修Gのご案内

主に相談や支援業務に従事されている方を対象に、支援技術の向上を目的に下記のとおり
研修会を開催します。参加を希望される方は、下記のウェブサイトを参照し、申込書を
FAXまたはメールにて送信してください。

支援者向け研修G
○「発達障害の支援の取り組み〜感覚プロファイルの評価を中心に〜」
講師:神奈川県立総合療育相談センター
福祉医療部医務課 小児科 齋藤 和代 氏(医師)
日時:平成30年1月29日(月)15:30〜17:00(15:00開場)
会場:神奈川県立総合療育相談センター3階研修室(神奈川県藤沢市亀井野 3119)
定員:60名
参加費:無料
*神奈川県発達障害支援センター 研修案内−神奈川県ホームページ−
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f984/p502845.html
FAX 0465-81-3703
メール nakaya.1356.sienc@pref.kanagawa.jp

<横浜市からのお知らせ> [2018/01/11]
平成29年度 横浜市強度行動障害支援力向上研修【実践研修】の実施について

 横浜市では、横浜市強度行動障害支援力向上研修【基礎研修】等の受講者を対象に、強度行動障害に対する適切な支援計画を作成することが可能な支援者の育成を図るための研修を実施します。
 なお、本研修は神奈川県より「強度行動障害支援者養成研修(実践研修)」として指定を受けた研修です。
 詳細は、掲載ページの募集案内をご覧ください。

【日程】平成30年3月5日(月)〜平成30年3月6日(火) 2日間
【定員】80名
【会場】男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)

〇掲載ページ
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N118.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/11]
平成29年度子ども自立生活支援センター公開専門研修

平成29年度子ども自立生活支援センター
自閉症支援実践講座 「障害特性からはじめる支援(仮題)」

『フレームワークを活用した自閉症支援』で紹介されているワークシートを用いて障害特性を確認する手法を学びます。知的障害や自閉症を含む発達障害児者にかかわる学校関係者や福祉サービス従事者を対象にしています。ぜひご参加ください。

○日時 平成30年2月4日(日) 午前9時から午後12時30分

○場所 神奈川県立子ども自立生活支援センター中央棟3階会議室
   (神奈川県平塚市片岡991−1)

○対象 教職員及び福祉サービス事業所職員等

○講師 水野 敦之 氏
   (広島県発達障害地域支援マネジャー/自閉症教育・支援コンサルタント)

○定員 60名程度 
  
 ※申込者多数の場合には、県域(政令指定都市以外)を優先とし、受講者の選考をさせていただきます。

○申し込み締め切り 
 1次締め切り 平成30年1月18日(木)
 2次締め切り 平成30年1月25日(木)

※1次締め切り後、定員に空きがある場合は、2次締め切りまで延長します。

○申し込み方法 
 申込書に必要事項を記載の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
 電話での申し込みには対応できません。

○その他 駐車場の準備がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

(研修案内、申込書掲載場所)
 「書式ライブラリ」 → 「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」
 → 「4 その他の研修会のお知らせ」
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=4&topid=4

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/11]
ロボット導入支援補助金の対象ロボットを追加しました

神奈川県産業労働局産業部産業振興課からのお知らせです。
「さがみロボット産業特区」で商品化されたロボットの導入経費に対して補助を行
う「ロボット導入支援補助金」について、対象ロボットを追加しました。

■新たに補助対象となるロボット
 ・ベッドサイド水洗トイレ/TOTO(株) ※個人も申込可

※ すでに補助対象となっている脊髄損傷者用歩行アシスト装置「ReWalk」につい
 ては、新たに「ReWalk-R」(病院・施設向け)が補助対象となりました。

【募集期間】平成30 年1月31 日(水曜日)まで

 ▼詳細については、下記の県ウェブサイトをご覧ください。
  http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p1046613.html

○資料掲載先
[書式ライブラリ]
 ⇒[1.神奈川県からのお知らせ]
  ⇒[1 神奈川県からのお知らせ]
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT3N2418.zip

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/10]
「多職種連携推進課程」平成30年度学生募集(第2回)のお知らせ

 神奈川県立保健福祉大学実践教育センターでは、「多職種連携推進課程」の平成30年度の学生募集(第2回)を行っております。
 4月の入学式から12月の卒業式までの9ヶ月間、毎週土曜日に開講し、多彩な講師をお招きして多職種による連携・協働について学ぶ課程です。様々な職種の仲間と共に、実践に役立つ知識や技術を幅広く学んでいきます。IPW(Interprofessional Work)の前のIPE(Interprofessional Education)を経験されていない多くの現任者の方をトコトン応援する課程です!課程の仲間とともに「学び」と「実践」を繰り返して、IPEを体感し実践力を高めましょう!そして分野や領域を超えた地域包括ケアによる地域共生社会の実現を目指しましょう!
 募集期間は1月5日(金)から2月1日(木)です。詳しくは、実践教育センターホームページhttp://jissen.kuhs.ac.jp/nyuushi/2013100700235/をご覧ください。
 保健医療福祉分野で働いている現任者の皆様、ぜひ一緒に学び、多職種連携・協働を推進する実践者を目指しましょう!お申し込みを心よりお待ちしております。

お問合せ先:神奈川県立保健福祉大学実践教育センター
        電話 045(366)5871

<横浜市からのお知らせ> [2018/01/10]
平成29年度 横浜市障害者虐待防止研修の実施について

 横浜市では、障害者福祉施設等従事者による虐待防止を目的として施設の要となる「管理者」「サービス管理責任者」を対象とした研修を実施します。

 1 管理者研修(定員50名)
  ・第1日目:平成30年2月8日(木) 10時00分〜17時00分
   【会場】TKPガーデンシティ横浜
  ・第2日目:平成30年2月19日(月) 10時00分〜17時00分
  【会場】東芝研修センター

 2 サービス管理責任者等研修(定員50名)
  ・第1日目:平成30年2月8日(木) 10時00分〜17時00分
   【会場】TKPガーデンシティ横浜
  ・第2日目:平成30年2月23日(金) 10時00分〜17時00分
   【会場】東芝研修センター

 3 受講条件等   掲載ページの実施要綱を参照下さい

 ○掲載ページ
  [書式ライブラリ]
   ⇒[2.横浜市からのお知らせ]
    ⇒[G研修・説明会等【横浜市】]
     (平成30年1月10日付け掲載)
  http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=114&topid=2

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/10]
平成29年度 就労移行等実態調査の実施について

★県内の就労移行支援事業所、就労継続支援A型及びB型事業所
 及び生活介護支援事業所、自立訓練事業所(生活訓練・機能訓練)が対象です★

 厚生労働省からの通知に基づき、平成29年4月1日時点において指定を受けている事業所を対象に、標記調査を実施します。
 政令市・中核市に所在する対象事業所については、各市の障害福祉所管課を通して調査を実施いたしますので、ご留意ください。
 詳細については、下記に掲載した依頼文、記入要領、調査票をご確認ください。

【掲載場所】
「書式ライブラリ」→「1.神奈川県からのお知らせ」→「1 神奈川県からのお知らせ」
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=3&topid=1

【問合せ先】
 神奈川県保健福祉局福祉部障害福祉課 社会参加推進グループ  高橋
 電話 045-210-1111(内線4711)
 FAX  045-201-2051

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/10]
Jアラートの発動を想定した国民保護サイレン一斉再生訓練を実施します

 ★横浜市内及び川崎市内ではサイレン音再生(放送)は行いません。

 弾道ミサイルが日本に落下、または上空を通過する場合には、Jアラート(全国瞬時警報システム)で国民保護サイレン音などが流れます。
 これまで本県でサイレン音が流れたことはありませんが、万一に備え、サイレン音や住民の皆様が取るべき行動を確認できるよう、市町村と連携して、国民保護サイレン一斉再生訓練を実施します。
 詳細は、次の県ホームページをご覧ください。

○武力攻撃やテロから身の安全を守るために - 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7115/p1131136.html

1 日時
  平成30年1月31日(水) 午前11時00分
2 対象地域
  県内全市町村
3 再生(放送)方法
  横浜市、川崎市を除く市町村の防災行政無線で国民保護サイレンを再生(放送)
  ★横浜市内、川崎市内では再生(放送)は行いません(市役所・区役所内のみ)
4 コールセンターの設置
  訓練に対する問合せに対応するため、県ではコールセンターを設置しています。
  電話045-210-3465 (神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課内)
  受付時間:平日9:00〜17:00

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/09]
平成29年度 うつ病講演会のお知らせ

 神奈川県精神保健福祉センターでは、"知っておきたい「うつ病」のお話"と題し、
うつ病の正しい知識と対応方法を理解するための講座を開催いたします。
 詳しくは、県ホームページに掲載のチラシをご覧の上、お申込みください。

1 日時  平成30年3月15日(木)午後2時〜4時
2 会場  平塚市美術館 1階ミュージアムホール(平塚市西八幡1-3-3)
      *駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、
       公共交通機関をご利用下さい。
3 内容  知っておきたい「うつ病」のお話
      〜こころとからだの変化と回復する力〜
      講師 横浜尾上町クリニック院長・東洋英和女学院大学人間科学部教授
         精神科医 山田 和夫 氏
4 対象  一般県民 100名
5 申込み 3月9日(金)までに精神保健福祉センターへFAX又は、お電話で
     お申込みください。
6 チラシ掲載場所 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531125/p858114.html

○問合せ先 県精神保健福祉センター 相談課
      電話 045-821-8822(代)
      ファクシミリ 045-821-1711

<川崎市からのお知らせ> [2018/01/04]
障がい児の為の夢を叶えるチャレンジ教室実践講座受講者募集のお知らせ

川崎市では障がいのあるなしに関わらずアート活動に親しめる環境づくりを進めています。
障がい児に向けた各種教室やワークショップ、イベント等の開催の為の実践講座を開催します。

【対象】宮前区を中心に川崎市内在住在勤で障がい児に向けた各種教室やワークショップ、イベント等を非営利で開催したい団体や個人の方

【開催概要】
各種教室やワークショップ、イベント等の企画立案から開催実施までの流れ、アート/ミュージック等各種エンターテインメントごとの留意点等の提示、実際に講師を交えてのワークショップ体験等

 日時:2018年2月12日(月/祝)12:00〜16:00
 場所:宮前市民館(大会議室)
 受講料:無料
 主催:一般社団法人canawell(カナウェル)
 (公益財団法人川崎市文化財団「パラアート推進公募型事業委託」として実施)

【申込方法】
メール、FAXで、住所・氏名・団体名等・お電話番号・「実践講座参加希望」の旨を明記してお送りください。
(申込先 一般社団法人canawell(カナウェル))
メールアドレス:info@canawell.or.jp
FAX:044−852−8854
※応募締切 1月19日(金)必着。応募者多数の場合は抽選になります。

【お問合せ先】
一般社団法人canawell(カナウェル)
〒216-0033川崎市宮前区宮崎3−17−4−309
TEL:044−930−7078(平日11〜16時)
   090-3223-2739(担当:岩永携帯)

(事業所管)
川崎市市民文化振興室文化創造推進担当
電 話 044−200−3170
FAX 044−200−3248
メール 25bunka@city.kawasaki.jp

<神奈川県からのお知らせ> [2018/01/04]
「平成29年度退院後生活環境相談員及び地域援助事業者等研修会」のご案内

このたび、医療保護等で入院している方の地域移行・地域生活支援を推進する人材育成のため、神奈川県所管域の医療機関等関係機関、相談支援事業所職員向け研修を、件名のとおり開催いたします。本人主体の地域移行・地域生活支援について考える良い機会と思いますので、ぜひご参加ください。

【掲載場所】
 「書式ライブラリ」→「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」→「4 その他の研修会等のお知らせ」
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=4&topid=4
 
【日時】 平成30年2月2日(金) 午後1時から5時まで
【定員】 150人 
【会場】 小田原市民会館小ホール(小田原市本町1−5−12)
【内容】 <基調講演>
      講師:沼津中央病院 医療相談課長 澤野 文彦 氏(精神保健福祉士)
     <パネルディスカッション及びフロアディスカッション>
      ○パネリスト
       大和病院  総合支援課長 日向 清史氏
       富士見台病院  精神保健福祉士 諸星 昌知 氏
       相談支援事業所 びーな’S 所長 石川 孝行 氏
       小田原市障がい福祉課 見坊 俊明 氏
       ピアサポーター(2名)
      ○コーディネーター
        沼津中央病院 医療相談課長 澤野 文彦 氏
【費用】 無料
【申込方法】申込書に、所属名、氏名、連絡先等記入のうえ、次の申込先までファクシミ      リでお送り下さい。
   申込先:神奈川県精神保健福祉センター調査・社会復帰課 玉置・鈴木(圭)宛て
           FAX 045−821−1711
   締切り:平成30年1月26日(金) 
【問合せ先】
 神奈川県精神保健福祉センター調査・社会復帰課 玉置・鈴木(圭)
  電話045-821-8822(代表)

<神奈川県からのお知らせ> [2017/12/29]
「みんなあつまれ2017」の出店・出展事業所を募集します

 共生の理念を広めるイベント「みんなあつまれ2017」を、平成30年3月17日土曜日、18日日曜日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場において開催するにあたり、飲食部門での出店またはアート部門での出展を希望する障がい福祉サービス事業所を、別添募集要項のとおり募集します。
 広く事業所の活動をPRし、日常の活動につなげていく機会となりますので、多くの事業所の応募をお待ちしています。
 応募締め切りは、1月15日(月曜日)です。
 詳しくは、下記掲載の「募集要項」をご覧ください。

・みんなあつまれ2017出店者・出展者募集要項
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT66N394.pdf
・みんなあつまれ2017応募用紙1(飲食部門)
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT66N396.xlsx
・みんなあつまれ2017応募用紙2(アート部門)
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT66N398.xlsx

○ 問合せ先
  みんなあつまれ2017実行委員会事務局
  (神奈川県保健福祉局福祉部共生社会推進課内)
  電話 045-210-4961
  ファクシミリ 045-201-2051
  電子メール tomoiki.info.28gj@pref.kanagawa.jp

<神奈川県からのお知らせ> [2017/12/28]
神奈川県強度行動障害対策研修「バーンアウト症候群に陥らないために」

平成29年度 神奈川県立中井やまゆり園 強度行動障害対策研修の案内
 福祉施設職員、教育関係職員等の方を対象に、下記のとおり研修を開催します。

 参加を希望される方は、下記のウェブサイトより用紙をダウンロードし、FAXにてお申込みください。

 ○「バーンアウト症候群に陥らないために〜フロー理論を中心として〜」

 講師:社会福祉法人みずき福祉会理事長 阿部美樹雄氏
 
 日時:平成30年1月26日(金) 14:00〜16:30(13:30開場)

 開場:神奈川県看護協会キャリア支援研修センター藤沢
    〒251ー0055 藤沢市南藤沢5−9 朝日生命藤沢ビル9階

 その他:参加費無料

 ※神奈川県立中井やまゆり園 研修案内−神奈川県ホームページー

 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5889/

<横浜市からのお知らせ> [2017/12/28]
相談支援実践研修Tの開催について

〜横浜市内の相談支援専門員の皆さんへ〜

障害のある方ご本人がわくわくできるサービス等利用計画書を作成できていますか?

サービス等利用計画書は、障害のある方が主役となり、ご本人の希望する生活の実現に向けた人生の設計図になるものです。
つまり、その計画は、ご本人がわくわくできるものになっているはずです。
しかし、日ごろの実践の中で、「対象者は違うのに同じような計画書になっている…」「何年経っても支援目標が達成されない…」という状況はありませんか?
そこで、本研修では、【ご本人が主役のサービス等利用計画書の作成の考え方に基づく、計画相談支援の実践】について、講義と演習を交えながら学んでいきます。
今一度、原点に立ち戻り、一緒に学び直していきましょう!


【日時及び会場】(計1.5日間:両日の参加が必須)
 ≪1日目≫
  日時:平成30年2月14日(水)10:00〜13:30
  会場:横浜市総合保健医療センター4階講堂(港北区鳥山町1735)
 ≪2日目≫
  日時:平成30年2月16日(金)10:00〜17:30
  会場:横浜ラポール2階大会議室(港北区鳥山町1752)

【対象者】
・ 市内の指定特定相談支援事業所で計画相談支援を実施している相談支援専門員
・ 今後計画相談支援への従事を予定している相談支援専門員

※詳細は、添付資料にてご確認ください。
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N108.pdf
 ≪掲載場所≫
 「書式ライブラリ」→「2.横浜市からのお知らせ」→「G研修・説明会等【横浜市】」

<横浜市からのお知らせ> [2017/12/28]
横浜市が発出する通知に関する情報の点字化事業の周知協力について

                               
                              平成29年12月28日 
指定同行援護事業所
移動支援事業所   管理者 様
                         横浜市健康福祉局障害企画課長


   横浜市が発出する通知に関する情報の点字化事業の周知協力について(依頼)


 横浜市では、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の趣旨を踏まえ、平成29年11月より視覚障害のある方の「情報の保障」に関する事業として、点字による情報提供を希望する方に対して、本市から発出する一部の通知の「通知名」、「発送元」及び「問合せ先」について、点字で情報提供を行っています。
 つきましては、この事業をより多くの視覚障害のある方に利用いただきたく、貴事業所を利用されている横浜市内在住の利用者に対して、本事業の概要や登録届出方法の周知に御協力くださいますようお願い申し上げます。

1 事業概要
 (1) 点字対応を希望する市民からの届出の受付
    本市から発出する通知について、点字対応を希望する視覚障害のある方から、点
   字対応を希望する旨を届け出ていただきます。
 (2) 庁内での届出者情報の共有
    健康福祉局障害企画課で届出者名簿を作成し、通知を所管する所管部署に情報共
   有します。
 (3) 通知の名称等の点字化及び送付
    通知を所管する部署は、点字化の対象となる通知(※)を発出する際に、「通知
   名」、「発送元」及び「問合せ先」を点字化した文書を当該通知に同封します。
    また、希望者に対しては、電子メールで通知を郵送した旨をお知らせします。
   ※ 本事業の対象となる通知は、本市ウェブサイト上に随時更新し掲載しています
    ので、適宜御確認ください。(対応可能な通知例:障害福祉サービス受給者証
    等)

2 事業の対象者
  横浜市内在住の身体障害者手帳の交付を受けている視覚障害のある方

3 登録方法
  登録届出書(第1号様式)に必要事項を記入の上、担当まで郵送等で提出してくださ
 い。
  なお、登録届出書への記入が困難な方は、事業所従業員の代筆による記入も可である
 ほか、電話やEメールでの届け出も受け付けますので担当まで御連絡ください。

4 その他
  本事業の要綱、各届出書様式や対象となる通知は本市ウェブサイトに掲載していま
 す。
  【本市ウェブサイトURL】
  http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/shogai/sabetsu-kaisyou/tenji

              【お問い合わせ先・届出書の提出先】
               〒231-0021 横浜市中区日本大通18 KRCビル6階
               横浜市健康福祉局障害企画課(差別解消法担当)
               電話:045−671−3601  F A X :045-671-3566
               メールアドレス:kf-tenji@city.yokohama.jp

<横浜市からのお知らせ> [2017/12/28]
相談支援実践研修Uの開催について

〜横浜市内の相談支援専門員の皆さんへ〜

個別支援会議の開催目的は達成できていますか?

相談支援では、障害のある方ご本人の希望する生活の実現に向けて、ご本人やご家族、関係者一同がチームとなって取り組んでいけるように、働きかけることが求められます。
その機会の一つが個別支援会議であり、相談支援専門員にはその場を意義のある場とすることが求められます。
しかし、日ごろの実践の中で、「何のための会議かわからない…」「同じ人ばかり話している…」という経験はありませんか?
そこで、本研修では、本人を中心としたチームを築くために、【会議の構造や役割等】ついて、講義と演習を交えながら学んでいきます。ぜひ積極的にご受講ください!


【日時及び会場】(計1.5日間:両日の参加が必須)
 ≪1日目≫
  日時:平成30年3月5日(月)10:00〜13:05
  会場:横浜市総合保健医療センター4階講堂(港北区鳥山町1735)
 ≪2日目≫
  日時:平成30年3月7日(水)10:00〜17:30
  会場:横浜ラポール2階大会議室(港北区鳥山町1752)

【対象者】
・ 市内の指定特定相談支援事業所で計画相談支援を実施している相談支援専門員
・ 今後計画相談支援への従事を予定している相談支援専門員

※詳細は、添付資料にてご確認ください。
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N110.pdf
 ≪掲載場所≫
 「書式ライブラリ」→「2.横浜市からのお知らせ」→「G研修・説明会等【横浜市】」

次のページを表示
▲ ページトップへ