新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:262
1 / 14
 2021/06/11:●神奈川県からのお知らせ●感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合の対応についての算定延長の届出について
通所介護及び通所リハビリテーション事業所 御中
(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市に所在する事業所を除く)

このことについて、「通所介護等において感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合の評価に係る基本的な考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」(令和3年3月16日付け老認発0316第4号・老老発0316第3号厚生労働省老健局認知症施策・介護推進課長他通知)により示されているところです。感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合の対応について(以下、「3%加算」という。)は、加算算定終了の前月においてもなお、算定基礎と比較して月の利用延人員が5%以上減少している場合には、当該月の翌月15日までに利用延人員数の減少に対応するための経営改善に時間を要すること等の加算算定の延長を希望する理由を添えて、加算算定の延長の届出を行い、当該延長の届出の翌月から3月間加算算定の延長を行うことが可能です。
ついては、3%加算の延長を希望する場合には、翌月15日までに神奈川県知事あてに届け出てください。なお、期日までに加算算定の延長の届出がない場合には、当初の算定期間終了後は3%加算を算定することはできませんのでご留意ください。

1 届出方法 郵送

2 必要書類
(1) 介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(別紙2)
(2) 体制等状況一覧表
(3) 加算届管理表
(4) 感染症又は災害の発生を理由とする通所介護等の介護報酬による評価届出様式
※(4)加算算定の延長を求める理由を必ず記載してください。
(5)返信用封筒



(書類等掲載場所)

【通所介護】
介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 3.加算届
     → 7. 通所介護 【在宅サービスグループ】
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=242&topid=4

【通所リハビリテーション】
介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 3.加算届
     → 8. 通所リハビリテーション 【在宅サービスグループ】
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=243&topid=4



***********************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
在宅サービスグループ
TEL 045-210-4824(直通)
***********************

 2021/06/04:●神奈川県からのお知らせ● 「苦情解決研修会<第1回基礎編>」開催のお知らせ
 本県の社会福祉事業の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、次のとおり「苦情解決研修会」を開催します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時
  令和3年7月16日(金)13時30分~16時30分   
 
2 開催方法
  Zoom(ウェビナー)によるオンライン研修

3 内容
  【講義】「苦情対応に求められる基本的視点(仮)」
   
【報告】「苦情対応の実践報告~現場の取り組みから~」
 

4 詳細及び申し込み方法
  詳細及び申込方法については、下記ページ掲載のご案内をご覧ください。

  http://www.knsyk.jp/c/tekiseika/6acc08c531b05a23bfae8ce336876827                               

○問合せ先
かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
電話 045-312-1121(内線3558)
FAX 045-322-3559
Email tekisei@knsyk.jp
 
 2021/06/03:●神奈川県からのお知らせ●生活支援ロボットについて
県では、
①生活支援ロボットの購入やリースを考えている施設等に、安心してロボットを導入していただけるよう、ロボットメーカーのご協力のもと、事前に一定期間ロボットを試していただける「生活支援ロボットのモニター制度」を設けています。
以下のとおり、今年度の活用施設等の募集を開始しましたので、生活支援ロボットを使ってみたい施設の方など、ぜひご応募ください。
【募集期間】令和3年5月13日(木曜日)~令和4年1月20日(木曜日)
【募集対象】県内の介護・障がい者(児)施設、医療機関、学校等
※ ロボットによっては、県内在住の個人の方も申込み可能です。
【 問合せ先 】
神奈川県産業労働局産業部産業振興課 さがみロボット産業特区推進センター
電話:046-236-1577/FAX:046-236-1519
? 詳細・お申込み方法
県ホームページから「さがみロボット産業特区 モニター」と検索
【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「5.国・県の通知」
>その他

②「さがみロボット産業特区」の取組を活用して商品化された生活支援ロボットの導入経費に対して補助する、「ロボット導入支援補助金」の交付申請を受け付けています。
ぜひ、新型コロナにも有効なロボットの導入をご検討ください。
【補助金額】
・購入する場合
ロボット1台ごとに、購入価格(本体価格+対象付属品等の価格)の3分の1
・ロボット製造元等から貸与を受ける場合
ロボット1台ごとに、当該年度における賃料総額(本体価格+対象付属品等の価格)の3分の1
【募集期間】令和3年6月1日(火曜日)~令和4年1月31日(月曜日)
※ 予算の上限に達した場合には、期限前でも受付を終了します。

▼詳細は下記のウェブサイトをご覧ください
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/robot-donyu-hojo.html
【問合せ先】
神奈川県産業労働局産業部産業振興課 電話 045-210-5630
さがみロボット産業特区グループ    電話 045-210-5650

【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「5.国・県の通知」
>「ロボット導入支援補助金の申請受付開始について」
 2021/06/01:●神奈川県からのお知らせ●感染対策のための実地での研修に係る令和3年度における第二次募集について(講師が施設等を訪問します!)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年5月28日付で厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
感染症の専門家による実地での研修について、第二次募集が行われることになりました。(講師が施設等を訪問し、施設等の個別性に応じた指導や助言を受けることができます。)
 研修受講を希望する介護保険施設又は事業所におかれましては、国事務連絡別添「感染症対策のための実地での研修に関する実施要綱(第二次募集)」を御確認の上、お申込みいただくようお願いします。
 なお、応募期間は令和3年6月11日(金)まで(定員に達し次第締切)となっておりますのでご注意ください。
 本事務連絡等については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。


 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html



  ****************
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
   福祉施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4855
   保健・居住施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4857
   在宅サービスグループ
   TEL 045-210-1111 内線4824
  ****************
 2021/05/31:●神奈川県からのお知らせ●新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第22報)
各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 管理者様


 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 さて、令和3年5月20日付けで厚労省老健局高齢者支援課他から事務連絡がありましたのでお知らせします。
 なお、本通知および別添については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載しているのでご確認ください。

【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
      → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
 http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
****************
 2021/05/31:●神奈川県からのお知らせ●まん延防止等重点措置の期間延長及び高齢者施設等従事者へのPCR検査の受検要請等について(通知)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 令和3年5月28日に、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「法」という)に基づくまん延防止等重点措置期間が令和3年6月20日まで延長されました。それを受け、令和3年5月28日に県対策本部会議を開催して「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」を改正し、対象区域に平塚市、小田原市、秦野市を追加するとともに、新たに法第24条第9項に基づき、高齢者施設等に対して、施設従事者へのPCR検査等の受検を促すよう要請するなど、更なる感染防止対策を実施することといたしました。
ついては、日本財団と県が連携して実施しているPCR検査を未だ受検していない施設・事業所に対し、改めて従事者の受検を要請します。
PCR検査のお申し込みは、別添、【県のPCR検査事業の概要】により御案内しますので、是非、お申し込みくださるようお願いします。

現在、高齢者施設等でも感染者やクラスターが増加しています。
社会福祉施設等が提供する各種サービスは、利用者の方々やその家族の生活を継続する上で欠かせないものであり、利用者に対して必要なサービスが継続的に提供されることが重要であることから、今後も、感染防止対策の徹底を継続いただきますようお願いします。
引き続き、特に次の点にご留意いただきながら対応くださるようお願いします。

1 サービス提供の継続
○ 施設サービス・在宅サービスともに、感染防止対策を徹底の上、必要なサービスが提供されるよう、サービスを継続すること。
○ 在宅サービスにおいて、職員が自宅待機になる等、事業の継続が難しい場合には、ケアマネジャーや市町村と協力し、代替サービスを調整すること。

2 感染防止対策の徹底
○ 感染の疑いを早期に把握するため、毎日の検温、食事等の際における体調の確認を行うこと等により、日頃から利用者の健康の状態や変化の有無等に留意すること。
○ 特に、レクリエーションやリハビリテーション等の実施に当たっては、可能な限り同じ時間帯、同じ場所での実施人数を減らし、利用者同士の距離について、互いに手を伸ばして届く範囲以上の距離を保つこと。また、定期的に換気を行い、清掃を徹底し、共有物については必要に応じて消毒を行うこと。併せて声を出す機会を最小化し、マスクを着用すること。
(カラオケはクラスター発生の要因にもなっていることから、特に留意すること。)
○ 食事の際には、利用者同士の対面を避けるなど、適切な距離を保つこと。
○ 日頃から職員の健康管理に留意し、食堂や詰め所で飲食をする場合はマスク飲食や黙食とし、日々の体調を把握して、少しでも調子が悪ければ自宅待機する等の対策に万全を期すこと。
○ 面会者からの感染を防ぐため、面会は、地域における発生状況等も踏まえ、看取りなど緊急の場合を除き制限するなどの対応について検討すること。その際は本県の「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン」に沿って検討すること。
○ 感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応について案内するため、「高齢者福祉施設における対応の手引き」(令和3年4月23日)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室とで連携し作成したので、日頃からの感染防止対策や入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行うこと。

【対応の手引き掲載ページ】
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html#%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D

3 感染疑い・感染発生時の連絡の徹底
○ 感染が疑われる者が発生した場合は、個室隔離等の対応を行い、協力医療機関や地域で身近な医療機関、受診・相談センター等に電話連絡し、指示を受けること。
○ 当該施設内での情報共有を行うとともに、指定権者への報告を行うこと。また、当該利用者の家族等に報告を行うこと。
( 指定権者への速やかな報告により、必要に応じて、緊急的な衛生用品の支援、サービス継続支援につながります。)
○ 感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォームに入力いただき、日々の状況を報告すること。(横浜市・川崎市・横須賀市に所在する事業所・施設を除く)
県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課等が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)
○ 所管の保健所等の指示に従い、入所者等の濃厚接触者の特定に協力するとともに、施設の感染拡大の防止のため、ゾーニングや消毒・清掃を実施すること。
○ 感染者や濃厚接触者が発生した場合、介護サービスを継続して提供できるよう、通常時には想定されないかかり増し経費を支援します。(別添チラシ参照)

4 退院した利用者の受入れ
○ 退院基準を満たし退院をした者や、陽性確認後療養期間を終了した者について、新型コロナウイルス感染症の疑いがあるとして入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当せず、感染拡大に伴う病床逼迫を防ぐため、適切に受入れ対応すること。
○ 新型コロナウイルス感染症以外の理由により入院していた患者が退院した場合にも、同様に新型コロナウイルス感染症の疑いがあるという理由で入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当しないこと。

 
また、その他の詳細な対策については、「社会福祉施設等の感染防止対策の再確認、徹底について」(令和2年12月7日付け本県通知)に基づき、感染防止対策の再確認及び徹底を図っていただくようお願いします。

 【「県のPCR検査事業の概要」等の掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
****************
 2021/05/31:●神奈川県からのお知らせ●「介護支援専門員研修の開催等について」
 介護支援専門員専門研修・更新研修の開催や募集については、県ホームページで案内しています。受講の申込みは、各実施機関に直接お問い合わせください。

【介護支援専門員としての実務経験について】
 介護支援専門員証の有効期間が満了していない場合、介護支援専門員証の有効期間中の実務経験の有無によって、受講すべき研修が異なります。
 介護支援専門員の実務経験として認められる範囲については、県ホームページをご確認ください。

【専門研修課程1および実務経験者向け更新研修(専門研修課程1と同内容)】
 ■6月~7月募集■
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
 (電話:045-847-6674)
  募集:令和3年6月18日から令和3年7月9日まで

・社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
 (電話:044-223-6509)
  募集:令和3年6月21日から令和3年7月12日まで

 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年6月23日から令和3年7月14日まで

 ■7月~8月募集■
 ・合同会社 介護の未来
 (電話:0463-38-0210)
  募集:令和3年7月15日から令和3年8月4日まで

【専門研修課程2および実務経験者向け更新研修(専門研修課程2と同内容)】
 ■6月~7月募集■
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
 (電話:045-847-6674)
  募集:令和3年6月18日から令和3年7月9日まで

・社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
 (電話:045-223-6509)
  募集:令和3年6月21日から令和3年7月12日まで

 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:044-311-8731)
  募集:令和3年6月23日から令和3年7月14日まで
  
 ■7月募集■
 ・特定非営利活動法人 かまくら地域介護支援機構
 (電話:0467-46-0788)
  募集:令和3年7月7日から令和3年7月27日まで

 ■7月~8月募集■
 ・合同会社 介護の未来
 (電話:0463-38-0210)
  募集:令和3年7月15日から令和3年8月4日まで

【実務未経験者向け更新研修】
 ■5月募集■
 ・合同会社 介護の未来
 (電話:0463-38-0210)
  募集:令和3年5月7日から令和3年5月27日まで
 
 ■5月~6月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年5月14日から令和3年6月11日まで
 
 ■9月~10月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年9月16日から令和3年10月15日まで

【再研修】
 ■5月~6月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年5月14日から令和3年6月11日まで

【主任介護支援専門員研修】
 ■6月募集■
 ・一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会
 (電話:045-671-0284)
  募集:令和3年6月1日から令和3年6月30日まで

【主任介護支援専門員更新研修】
 令和3年度に実施する研修の実施時期や申込み時期の予定について掲載しました。

 本県から各介護支援専門員へ資格更新に関する案内は行っておりません。
 介護支援専門員証の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で介護支援専門員証の有効期間満了日を確認の上、更新に必要な研修を計画的に受講、修了し、介護支援専門員証の更新手続きを行ってください。
 
 なお、今後の状況により変更が生じる場合は、県ホームページを通じてお知らせしますので、必ず最新の情報を御確認ください。

 介護支援専門員の研修情報
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762.html

 主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p553196.html


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2021/05/30:・神奈川県からのお知らせ・「令和3年度神奈・らくらく介護研修」受講者募集のお知らせと募集要項
神奈川県立保健福祉大学実践教育センターでは、保健・医療・福祉業務に従事する方又は看護・介護教育に従事する方々を対象に「令和3年度神奈川らくらく介護研修」を開催します。
詳しくは、実践教育センターホームページで募集案内及び募集要項をご覧ください。
R3年度神奈川らくらく介護研修Aコース
バイオメカニクスに基づいた介助する側・される側、両者に負担の少ない介助方法講師:神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部リハビリテーション学科准教授 島津 尚子 先生
R3年度神奈川らくらく介護研修Bコース
自然な動きの支援で安楽な移乗、移動の介助方法
~褥瘡予防の視点から~
講師:公立黒川病院包括ケア病棟師長 佐々木 多恵子 先生 公立黒川病院リハビリテーション科主任 管原 一禎 先生
 2021/05/28:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設等における感染防止対策及び施設内療養を含む感染者発生時の支援策(通知)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年5月21日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお送りします。
 同事務連絡では、これまでに通知された内容に加え、
  ①「施設内療養時の対応の手引き」が作成されたこと【別添2】
  ②病床ひっ迫等により、やむを得ず施設内療養を行うこととなった場合であって、必要な感染予防策を講じた上でのサービス提供等を実施した場合、施設内療養者1名につき、15 万円の支援を行う補助制度を活用することができること【別添7】
が新たに示されていますので御確認ください。

○本県の対応
 ①「施設内療養時の対応の手引き」について
  本県では、既に施設内療養時の対応を含めた「高齢者福祉施設における対応の手引き」(令和3年4月23日)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室とで連携して作成し、周知しています。
   日頃からの感染防止対策や、入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行うとともに、感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付け県事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォームに入力して日々の状況を報告願います(政令市・中核市に所在する事業所・施設を除く)。
 【対応の手引き掲載ページ】
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html#%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D
 ②感染者が発生した場合等の経費補助について
  感染者や濃厚接触者が発生した場合、介護サービスを継続して提供できるよう、通常時には想定されないかかり増し経費を支援します。今回お送りする厚生労働省事務連絡の別添7の補助についても対応予定ですので申し添えます。(別紙チラシ参照)


【送付通知】
 ○令和3年5月21日付け事務連絡
  高齢者施設等における感染防止対策及び施設内療養を含む感染者発生時の支援策


****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
****************
 2021/05/27:●神奈川県からのお知らせ●令和3年度開設予定事業者向け説明会の中止について
開設予定事業者 様

本県の介護保険制度の適正な運営につきましては、日頃格別の御尽力をいただき、厚くお礼申し上げます。
さて、標記セミナーを開催する予定でしたが、このたび、新型コロナウィルス拡大防止のためまん延等重点措置がとっていることから、中止することといたします。参加を予定していた方々には申し訳ありませんが、何卒ご理解くださいますようお願いします。
なお、ご質問がある場合は別紙の用紙に質問内容等記載の上、FAX又はメールにてお送りください。
今年度開催が決まった場合は介護情報サービスかながわに掲載する予定です。


●通知掲載場所
「介護情報サービスかながわ」(http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/)
→ライブラリ(書式/通知)
→10.セミナー・講習会・研修
→令和3年度開設予定事業者向け説明会
(https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=984&topid=21)

問合せ先
神奈川県高齢福祉課 在宅サービスグループ 
電話:045(210)4824  FAX:045(210)8874
 2021/05/27:●神奈川県からのお知らせ● 2021年度 神奈川県訪問看護ステーション協議会 第1回人材育成研修(中央研修)~訪問看護におけるプリセプター教育講座~
 県内訪問看護ステーション 管理者 様

  時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 2040年の超高齢社会に向け訪問看護師に期待される役割は大きく、当協議会では人材確保・定着を目指すために、新任看護師と指導者が使える新任訪問看護育成マニュアル・プログラムを作成し周知してきました。
 ステーション内教育者についてのアンケートでは「管理者が担っている58%・教育担当者がいる27%」の回答結果があり、教育担当者の研修が必要な状況がうかがえました。
 そこで「訪問看護におけるプリセプター教育講座」を企画いたしました。教育担当の看護師さん、管理者さん、人を育てることを一緒に学んでみませんか? 
 つきましては、別紙のとおり標記研修を開催することとなりましたので、関係職員の受講についてご検討くださるようお願いします。


○別紙:「介護情報サービスかながわ」に掲載
 2021年度神奈川県訪問看護ステーション協議会 第1回人材育成研修(中央研修)
  ~訪問看護におけるプリセプター教育講座~ チラシ

○介護情報サービスかながわ
  ⇒ 事業者 → 書式ライブラリー(書式/通知)
   ⇒ 10.セミナー・講演会・研修
    ⇒ その他


【問合せ先】
 一般社団法人 神奈川県訪問看護ステーション協議会
 事務局
 電話 045-671-9103

 2021/05/27:●神奈川県からのお知らせ●「介護支援専門員研修の開催等について」
 介護支援専門員専門研修・更新研修の開催や募集については、県ホームページで案内しています。受講の申込みは、各実施機関に直接お問い合わせください。

【介護支援専門員としての実務経験について】
 介護支援専門員証の有効期間が満了していない場合、介護支援専門員証の有効期間中の実務経験の有無によって、受講すべき研修が異なります。
 介護支援専門員の実務経験として認められる範囲については、県ホームページをご確認ください。

【専門研修課程1および実務経験者向け更新研修(専門研修課程1と同内容)】
 ■6月~7月募集■
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
 (電話:045-847-6674)
  募集:令和3年6月18日から令和3年7月9日まで

・社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
 (電話:045-223-6509)
  募集:令和3年6月21日から令和3年7月12日まで

 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年6月23日から令和3年7月14日まで

【専門研修課程2および実務経験者向け更新研修(専門研修課程2と同内容)】
 ■6月~7月募集■
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
 (電話:045-847-6674)
  募集:令和3年6月18日から令和3年7月9日まで

・社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
 (電話:045-223-6509)
  募集:令和3年6月21日から令和3年7月12日まで

 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年6月23日から令和3年7月14日まで
  
 ■7月募集■
 ・特定非営利活動法人 かまくら地域介護支援機構
 (電話:0467-46-0788)
  募集:令和3年7月7日から令和3年7月27日まで

【実務未経験者向け更新研修】
 ■5月募集■
 ・合同会社 介護の未来
 (電話:0463-38-0210)
  募集:令和3年5月7日から令和3年5月27日まで
 
 ■5月~6月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年5月14日から令和3年6月11日まで
 
 ■9月~10月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
  募集:令和3年9月16日から令和3年10月15日まで

【再研修】
 ■5月~6月募集■
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
 募集:令和3年5月14日から令和3年6月11日まで

【主任介護支援専門員研修】
 令和3年度に実施する研修の実施時期や申込み時期の予定について掲載しました。

【主任介護支援専門員更新研修】
 令和3年度に実施する研修の実施時期や申込み時期の予定について掲載しました。

 本県から各介護支援専門員へ資格更新に関する案内は行っておりません。
 介護支援専門員証の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で介護支援専門員証の有効期間満了日を確認の上、更新に必要な研修を計画的に受講、修了し、介護支援専門員証の更新手続きを行ってください。
 
 なお、今後の状況により変更が生じる場合は、県ホームページを通じてお知らせしますので、必ず最新の情報を御確認ください。

 介護支援専門員の研修情報
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762.html

 主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p553196.html


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2021/05/27:●神奈川県からのお知らせ●「外国人介護人材受入施設環境整備事業費補助金」の受付を開始しました
 本県では、外国人介護職員が円滑に就労・定着できるようにすることを目的に、外国人介護職員を受け入れるための環境整備等を行った事業所に対し、その取組に要した経費の一部を助成する事業を実施します。
 このたび、標記事業について、今年度の申請受付を開始しますので、県ホームページをご確認いただき、ぜひご申請ください。
 
―――――――
■交付対象
―――――――
 神奈川県内に所在し、介護保険法上の介護事業を行い、外国人介護職員を受け入れる(予定を含む)施設
 ※外国人介護職員の在留資格の種類にかかわらず対象となります。
―――――――
■補助金額
―――――――
 補助率2/3 補助上限額20万円(1施設あたり)
――――――――――
■対象期間
――――――――――
 原則交付決定のあった日から令和4年1月31日まで
――――――――――――――――――――――
■対象経費
――――――――――――――――――――――
補助事業の実施に必要な次に掲げる経費
報酬、共済費、賃金、報償費、旅費、需用費(食糧費除く)、役務費(通信運搬費、手数料、保険料、通訳料、翻訳料)、委託料、使用料及び賃借料、備品購入費、負担金、補助及び交付金
――――――――――
■申請方法
――――――――――
 次の県ホームページに、申請方法が掲載されていますのでご確認ください。
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f535601/gaikokujinkaigo.html

問合せ先
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
 福祉介護人材グループ TEL 045-210-4755

 2021/05/25:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設等において新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合等に活用することができる制度等について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年5月18日及び5月19日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお送りします。
 つきましては、これらの制度等を御活用いただき、引き続き感染対策を徹底の上、サービスの継続に努めていただくようお願いします。

【送付通知】
 ○令和3年5月18日付け事務連絡
  高齢者施設等において新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合等に活用することができる制度等について
 ○令和3年5月19日付け事務連絡
 「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2)(一部改正)」(令和2年10月15日付事務連絡)に関するQ&Aについて


 なお、県の高齢者施設等に対する支援内容については、県ホームページ「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」で御案内しています。
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
****************
 2021/05/25:●神奈川県からのお知らせ●新型コロナウイルス感染症の発症に伴う医療関係職種等の各学校、養成所及び養成施設等の対応について
県内の訪問看護ステーション、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護療養型医療施設  管理者様

新型コロナウイルス感染症の発症に伴う医療関係職種等の各学校、養成所及び養成施設等の対応について

本県の保健医療行政の推進につきましては、日頃から多大なご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 標記について、令和3年5月14日付けで厚生労働省医政局より事務連絡がありましたので、お知らせいたします。
 主な内容は以下の通りです。
 
・新型コロナウイルス向けのワクチン接種やPCR検査等について、実習施設側に対し、学校養成所等としての感染防護の取組状況や、学校養成所等側が行っている学内外での感染対策や実習前後での学生等への感染管理教育の内容等を説明し、検査等が受け入れの必須要件にならないよう、受け入れ機関との対話を積極的に行うように努める。
・医療関係職種の実習を行う際に、病院等の実習施設から学生等の受入れに当たって新型コロナウイルス感染症向けのワクチン接種を求められた場合において、早期の接種が必要と判断される場合には、学校養成所等におかれては、可能な限り実習施設となっている病院での接種を受けられるように調整する。その際、ワクチン接種は、あくまで任意のものであるので、学生等に強制することのないよう実習先に説明し理解を求める。

 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 国からの通知文は以下のURLより閲覧できます。
  URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/cnt/f5456/tsuchi_r3.html

問合せ先
神奈川県健康医療局保健医療部医療課人材確保グループ
電話 045-210-4759
 2021/05/20:●神奈川県からのお知らせ●「令和3年度介護に関する入門的研修(基礎講座)新任介護職員向けコース開講について」
本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただきお礼申し上げます。
 
 福祉・介護施設などに就労した無資格の新任介護職員に対し、介護に関する基礎的な知識と、介護の業務に携わる上で知っておくべき基礎となる事項を学ぶことができるよう、新任介護職員向けに介護に関する入門的研修(基礎講座)を開講します。介護職員として求められる専門性の土台作りに、介護職員として学び続ける動機づけとしてご活用ください。
 
 【研修要綱掲載場所】
 介護情報サービスかながわ
 →書式ライブラリー
 →10.セミナー・講習会・研修
 →介護に関する入門的研修

 【研修実施機関】社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会
 【研修期間】(事前学習)6月23日~6月30日
       (動画配信)7月1日~7月16日 
       (レポート受付期間)7月20日~7月23日(必着)
 【研修申込先】神奈川県社会福祉協議会ホームページ「介護に関する入門的研修(新任
 介護職員向けコース)」申込フォーム(https://www.kfkc.jp/kenshu/kaigo.html)
        (施設ごとにお申込みください。)   
 【研修申込期間】5月10日10時~6月11日(17時締切)
 【受講料】   無料(ネット通信料等研修受講にかかる経費は各自負担)
 【問合せ先】  社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター
         TEL045-311-1429 FAX045-313-0737(平日8:30~17:15)

****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************

 
 2021/05/19:●神奈川県からのお知らせ●東京2020大会における首都高速道路の料金について
各介護保険事業所 管理者 様

 日頃から本県の高齢者福祉施策に御理解と御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 標記のことについて、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間中は、首都高速道路を利用する交通の料金について、夜間(0時~4時)は5割引し、昼間(6時~22時)に料金上乗せ(1,000円)が実施されます。
 しかし、障害者手帳の保有者が運転・同乗する車両及び福祉関係車両(社会福祉法第2条に規定する社会福祉事業の用に供する車両であって、施設等の利用者が同乗するものに限る)は、東京都へ事前申請することで大会期間中における首都高の料金上乗せ(1,000円)の対象外となりますのでお知らせします。
現在、「有料道路における障がい車割引制度」の適用を受けている方は、「申請不要」で料金上乗せの対象外となります。
詳しくは東京都オリンピック・パラリンピック準備局ホームページ及び首都高ホームページを御確認ください。
(東京都オリンピック・パラリンピック準備局ホームページ)
https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/taikaijyunbi/torikumi/yusou/2020shutokosoku/2020shutokosoku_shinsei/index.html
(首都高ホームページ)
https://www.shutoko.jp/fee/fee-info/2020rp/
なお、本件に関するお問合せは、直接「2020料金上乗せ 対象外申請窓口」へお願いします。

【2020料金上乗せ 対象外申請窓口】
  電話 03-6627-6319(平日9時から17時まで)
  FAX 03-5388-1354(耳の不自由な方のFAX通信)


問合せ先
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
企画グループ 依田
電話 (045)210-4835(直通)
 2021/05/18:●神奈川県からのお知らせ●有毒植物による食中毒防止の徹底について
各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 管理者様


 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。
このことについて、令和3年4月20日付け厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課から別添のとおり通知がありましたのでお知らせします。
なお、本事務連絡については、県ホームページ及びウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。

 【掲載場所】
県ホームページ「有毒植物の誤食にご注意ください!」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e8z/cnt/f6576/p798289.html

  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
→ 衛生管理関係
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=667&topid=22




****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ  
TEL 045-210-111  内線4824
****************
 2021/05/18:●神奈川県からのお知らせ●科学的介護情報システム(LIFE)に係る対応等について
 各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 管理者様


 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。
このことについて、令和3年4月23日付けで厚生労働省労働局老人保健課から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
LIFEによるデータ提出等を要件として含む加算について、下記に掲げる場合にはデータ提出に関して令和3年8月10日までの猶予期間が設けられることとなりました。

【猶予期間】
 令和3年8月10日まで

【猶予が認められる場合】
 ・新規利用申請に係るはがきの発送が遅延している場合
 ・LIFEの導入等に関する問い合わせへの回答がない又は解決に至らない場合

なお、本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。

【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 18.令和3年度介護保険制度改正・報酬改定
→ 科学的介護情報システム(LIFE)について
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1077&topid=31



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ  
TEL 045-210-111  内線4824
****************
 2021/05/18:●神奈川県社会福祉協議会からのお知らせ●令和3 年度「第1 回サービス提供責任者初任者研修」開催のお知らせ
日頃より、本会事業へのご協力を賜り感謝申しあげます。
さて、本会では社会福祉を担う施設・機関の人材育成を支援するため、各種研修を実施しており
ますが、このたび標記研修を開催することとしましたので、お知らせ致します。
ホームヘルパーの定着・育成を礎とする、よりよい訪問介護サービスの提供は、サービス提供責
任者の資質向上なくしてありません。ご多忙とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
なお、詳細は本会福祉研修センターのホームページをご確認ください。
----------------------------------------------------------------------------------------
1.研修名
令和3 年度第1 回サービス提供責任者初任者研修
2.主催
社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
3.対象及び定員数
県内介護保険指定訪問介護事業所のサービス提供責任者になって間もない方(1 年未満程度)、
あるいはサービス提供責任者の職務に就く予定の方で、“職場での講義動画の視聴”および
“集合研修への参加”ができる方 / 54 名
4.実施方法
本研修はオンデマンド(研修動画の配信)と集合研修の組合せにより実施します。
①講義動画の視聴(1 時間30 分) ⇒ ②視聴後レポート作成(提出) ⇒ ③集合研修(1 日)
※内容の詳細はホームページをご確認ください。
5.日程 【動画配信】令和3 年6 月18 日(金)~7 月1 日(木)
【集合研修】令和3 年7 月15 日(木)10 時~16 時30 分
6.会場
神奈川県社会福祉会館(横浜市神奈川区沢渡4-2 横浜駅西口より徒歩15 分程度)
7.受講料
9,000 円
8.講師
白井孝子氏(東京福祉専門学校)、田川和子氏(NPO 法人福祉ネットワーク協会)、
平野佑子氏(社会福祉法人中心会)、コッシュ石井美千代氏(有限会社ほっと)
9.申込方法
福祉研修センターホームページより申込書をダウンロードし、FAX 又はメールにて申込み下さい。
ホームページ https://www.kfkc.jp/kenshu/detail.html?id=54
【申込締切】令和3 年5 月31 日(月)17 時
10.動画視聴にあたって
パソコンとインターネットに接続できる環境が必要です。視聴には通信料が発生します。
職場等で視聴が困難な方については、放映会にて視聴頂くことが可能です。
(放映会:6 月22 日(火)10:00~11:40 県社会福祉会館)
11.問合せ・申込先
神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-2
TEL 045-311-1429(月~金8:30~17:15)
FAX 045-313-0737
E-mail kensyu@knsyk.jp
HP https://www.kfkc.jp/