新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:210
1 / 11
 2022/05/20:●神奈川県からのお知らせ●令和4年度第1回開設予定事業者向け説明会の実施について
開設予定事業者 様

本県の介護保険制度の適正な運営につきましては、日頃格別の御理解をいただき、厚くお礼申し上げます。
さて、介護保険事業の円滑な運営を推進するため、標記説明会を次のとおり実施しますので、開設予定の事業者は原則、参加をお願いします。

●対象
 神奈川県内(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市を除く市町村)に事業所を開設予定の法人の役員・従業者又は管理者就任予定者

●開催日
令和4年6月13日(月)

●対象サービス
訪問介護、通所介護、訪問看護

●申込方法
県への電子申請(e-kanagawa電子申請システム)により、令和4年6月6日(月)までに出席票を提出してください。
【e-kanagawa電子申請システム】
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=33111

※募集定員に達し、受講をお断りする場合は、その旨連絡します。なお、受講が可能な場合は御連絡いたしませんので、当日、運営の手引き、出席票(事前に県へFAX送信したもの)等をお持ちの上、直接会場までお越しください。

●時間、会場、持ち物等については、「令和4年度第1回開設予定事業者向け説明会の実施について(通知)」を御確認ください。


●通知及び出席票掲載場所
「介護情報サービスかながわ」(http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/)
→ライブラリ(書式/通知)
→10.セミナー・講習会・研修
→令和4年度開設予定事業者向け説明会



問合せ先
神奈川県高齢福祉課 在宅サービスグループ 
電話:045(210)4824 
 2022/05/19:●神奈川県からのお知らせ● 「苦情解決研修会<第1回基礎編>」開催のお知らせ
本県の社会福祉事業の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、次のとおり「苦情解決研修会」を開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時
 令和4年7月26日(火)13時30分~16時15分   

2 開催方法
  Zoom(ウェビナー)によるオンライン研修

3 内容
  【報告】「運営適正化委員会について」
   
【講義】「苦情対応と事業者に求められる法的責任」

【講義】「苦情対応の基本」
 

4 詳細及び申し込み方法
  詳細及び申込方法については、下記ページ掲載のご案内をご覧ください。

http://www.knsyk.jp/c/tekiseika/6acc08c531b05a23bfae8ce336876827                               

○問合せ先
かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
電話 045-534-5754
FAX 045-312-6302
Email tekisei@knsyk.jp
 2022/05/19:●神奈川県からのお知らせ● 令和4年度神奈川県社会福祉関係者等表彰被表彰候補者の推薦について
 本県では多年にわたり民間の社会福祉事業等に貢献し、特に功績があった方を対象に、神奈川県社会福祉関係者等表彰要綱及び同実施要領に基づく標記表彰を実施します。 
 ついては、標記表彰候補者をぜひご推薦ください。
 なお、表彰式については、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては中止とする場合もございますので、御承知おきください。


1 詳細及び推薦方法
  次のリンク先から実施要綱及び実施要領をご覧いただき、所定の推薦書によりご推薦ください。
(URL= https://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/hyosho/syahukuhyosyo.html)

2 推薦期限
  令和4年6月10日(金)

3 問合せ先
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  地域福祉グループ   武田、望月
  電話 045-210-1111  内線4750
 2022/05/18:●神奈川県からのお知らせ●ともに生きる社会かながわ憲章Tシャツの一般販売について
 障がい者の働く機会応援キャンペーン ともに生きる社会かながわ憲章Tシャツ一般販売のお知らせです。

 県は、県議会とともに「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、ともに生きる社会の実現を目指して取り組んでいます。

 現在、障がい福祉サービス事業所では、新型コロナウイルス感染症の影響により、イベントでの出店・販売機会が減っています。
このような中で、障がい者の働く機会を応援するため、7月25日から31日の「ともに生きる社会かながわ推進週間」に向けて、県内の障がい福祉サービス事業所と連携して、「ともに生きる社会かながわ憲章」Tシャツの一般販売を行います。

 Tシャツは、神奈川県内の障がい福祉サービス事業所で働く障がい者が製作します。
売上の一部は、工賃として障がい者に還元されます(約300円)

 憲章の理念を広めながら、障がい者を応援できる当キャンペーンにぜひご参加ください。

<Tシャツについて>
サイズ:S、M、L、LL、3L
金額:1,800円(税込、送料別)このうち、約300円が障がい者の工賃として還元されます
購入方法:神奈川県障害者共同受注窓口のホームページ(https://www.kyodo-juchu.com)に掲載の申込フォームからお申込ください。

申込期限は令和4年5月31日です。


【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
「ライブラリ(書式/通知)」
>「5.国・県の通知」
>「その他」
 2022/05/16:●神奈川県からのお知らせ●令和4年度(第29回)神奈川県介護賞被表彰候補者の推薦について
本県では、多年にわたり県内の社会福祉事業に従事し、介護業務について特に功労のあった方を表彰していますので、ぜひご推薦ください。

なお、表彰を中止した令和3年度において、「神奈川県介護賞実施要綱」、「神奈川県介護賞実施要領」の各要件を満たしている候補者については、原則として、今年度においても要件を満たしているものとみなします。
ただし、要綱第2条第4号及び第4条第2号については、今年度を基準とします。

1 詳細及び推薦方法、
  次のリンク先から実施要綱及び実施要領をご覧いただき、所定の推薦書によりご推薦ください。
  https://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/hyosho/kaigosho.html

2 推薦期限
  令和4年6月10日(金)

3 問合せ先
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  福祉介護人材グループ  下元
  電話 045-210-1111 内線 4769
 2022/05/16:●神奈川県からのお知らせ●令和4年度(第10回)かながわ福祉みらい賞被表彰候補者の推薦について
本県では県内の社会福祉施設等において利用者の直接支援業務に携わる若い福祉従事者で、業務上有益な創意工夫や改善、支援方法の優れた取組み等により、他の社会福祉施設の目標や模範となるような功績があった方を表彰しています。
 ついては、研究発表や地域貢献など、若手職員及び若手チームが現在取り組まれている活動、あるいは他の施設のモデルとなるような取組みがありましたら、ぜひご推薦ください。

なお、表彰を中止した令和3年度において、「かながわ福祉みらい賞実施要綱」、「かながわ福祉みらい賞実施要領」の各要件を満たしている候補者については今年度においても要件を満たしているものとみなします。
ただし、要綱第3条第1項第6号及び同条第2項第5号及び第5条第2項については、今年度を基準とします。

1 詳細及び推薦方法
  次のリンク先から実施要綱及び実施要領をご覧いただき、所定の推薦書によりご推薦ください。
  https://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/hyosho/miraisho.html

2 推薦期限
  令和4年6月10日(金)

3 問合せ先
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  福祉介護人材グループ  下元
  電話 045-210-1111 内線4769
 2022/05/12:●神奈川県からのお知らせ●「県立特別支援学校医療的ケア児通学支援事業について」
時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。
本県の特別支援教育の推進及び医療的ケアに関わる事業の実施につきまして、日頃格段の御理解と御協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、県教育委員会では、医療的ケアの必要度が高く、スクールバスによる通学が困難な医療的ケア児を対象に、令和4年度から新たに福祉車両等を活用した通学支援を実施します。
 本事業は、福祉車両等に訪問看護ステーション等の看護師が同乗することで、医療的ケア児の安全な通学を支援していくものであり、6月以降の開始を予定しています。
本事業の概要をぜひご一読いただき、少しでも御興味や関心、御協力可能といった場合には、下記御問合せまで電子メールで御連絡いただけますと幸いです。
何卒、御理解御協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


問合せ先
神奈川県教育委員会教育局支援部特別支援教育課教育指導グループ 若尾 

電話 (045)210-8276
ファクシミリ (045)210-8923
電子メール wakao.k7fm@pref.kanagawa.lg.jp
 2022/05/09:●神奈川県からのお知らせ●「看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)」にご協力ください。
訪問看護ステーション管理者 様

本県の健康医療行政の推進につきましては、日頃格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
県では「保健・医療・福祉人材の養成・確保」を県政の重点施策に位置づけ、その一環として看護職員確保対策を推進しています。
このたび、看護職員確保対策の基礎的資料とするため、昨年度に引き続き、訪問看護ステーションの看護職員就業状況について調査を実施いたします。お忙しいところ大変恐縮ですが、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

1.調査名  令和3(2021)年度 看護職員就業実態調査(訪問看護ステーション)

2.調査目的  訪問看護ステーションの看護職員就業状況について実態を把握し、看護職員確保対策に活用する。

3.調査対象  神奈川県内の訪問看護ステーション805事業所
        ※今回の調査は、保険医療機関(みなし指定)は該当いたしません。

4.調査方法  神奈川県ホームページ(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/cnt/f7610/cyousa_houmon.html)から
        調査票をダウンロードし御入力の上、電子メールにて返送してください。
        (メールでの提出が困難な場合はファックスでも可)
5.提出先  神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ 宛
【メールアドレス】chiho-kanjin@pref.kanagawa.lg.jp
※件名は「【事業所名】就業実態調査」とし【 】に事業所名を入力してください

6.提出期限  令和4年5月20日(金曜日)

7.その他  ・調査で得られたデータは、本調査の目的以外に使用しません。
        ・データは統計的に処理し、個人が特定できないようにします。
        ・統計処理された調査結果は県のホームページに掲載予定です。

 問合せ先 : 神奈川県健康医療局保健医療部医療課人材確保グループ
   電話 045-210-4759
   FAX 045-210-8858
 2022/05/09:●神奈川県社会福祉協議会からのお知らせ●「サービス提供責任者研修」初任者編 開催のお知らせ
この度、介護保険指定訪問介護事業所のサービス提供責任者になって間もない方に向けた「サービス提供責任者初任者研修」を開催致します。
ホームヘルパーの定着・育成を礎とする、よりよい訪問介護サービスの提供は、サービス提供責任者の資質向上なくしてありません。ご多忙とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。なお、詳細は本会福祉研修センターのホームページをご確認ください。
----------------------------------------------------------------------------------------
■「令和4年度第1回サービス提供責任者初任者研修」
 サービス提供責任者の役割や責務を理解し、訪問介護計画の作成・展開方法等の習得を目的に開催します。

1.対象及び定員数  
県内介護保険指定訪問介護事業所のサービス提供責任者になって間もない方(1年未満程度)、
あるいはサービス提供責任者の職務に就く予定の方/ 54名

2.実施方法
  本研修はオンデマンド(研修動画の配信)と集合研修の組合せにより実施します。
 ①講義動画の視聴(1時間30分) ⇒ ②視聴後レポート作成(提出) ⇒ ③集合研修(1日)
  ※内容の詳細はホームページをご確認ください。

3.日程  【動画配信】令和4年6月23日(木)~7月6日(水)
【集合研修】令和4年7月15日(金)10時~16時30分
4.会場
  神奈川県社会福祉センター(横浜市神奈川区反町3-17-2 東急東横線反町駅より徒歩1分)
5.受講料
  9,000円
6.講師
  白井孝子氏(東京福祉専門学校)、田川和子氏(NPO法人福祉ネットワーク協会)、
  平野佑子氏(社会福祉法人中心会)、コッシュ石井美千代氏(有限会社ほっと)

7.申込方法
 福祉研修センターホームページより申込書をダウンロードし、FAXにて申込み下さい。
ホームページ https://www.kfkc.jp/kenshu/detail.html?id=54
 【申込締切】令和4年5月26日(木)17時

8.動画視聴にあたって
 パソコンとインターネットに接続できる環境が必要です。視聴には通信料が発生します。
 職場等で視聴が困難な方については、放映会にて視聴頂くことが可能です。
  (放映会:6月29日(水)10:00~12:00 県社会福祉センター)
----------------------------------------------------------------------------------------

※研修情報の詳細や申込方法は、本会研修センターホームページをご覧ください。
「サービス提供責任者初任者研修」要綱・申込書掲載ページ
https://www.kfkc.jp/kenshu/detail.html?id=54

サービス提供責任者初任者研修に関する問合せ・申込先
  神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター
〒221-0825 横浜市神奈川区反町3-17-2
TEL 045-534-6215(月~金8:30~17:15)
FAX 045-313-0737
E-mail kensyu@knsyk.jp 
HP   https://www.kfkc.jp/
 2022/05/02:●神奈川県からのお知らせ●「当事者目線の障がい福祉に係る将来展望委員会」県ホームページ 委員会報告書掲載のお知らせ
 県では令和3年度に当事者目線の障がい福祉に係る将来展望検討委員会を設置し、県立障害者支援施設の支援内容についてのこれまでの検証等を踏まえ、今後障がい者の地域生活への移行やその人らしい暮らしを実現するためには、何より地域づくりが重要であるとの認識に立ち、そのための施策等について、令和3年 7月から10 回にわたり会議を重ねて、広範に検討を行いました。今回報告書を取りまとめ、県ホームページに掲載しました。

報告書は県ホームページからご覧ください。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m8u/tenboukentou/tenboukentoutop.html
 2022/05/02:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設等における感染対策に活用可能な手引き、教材及び研修等について
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和4年4月27日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
 高齢者施設等における感染対策については、「高齢者施設における感染対策の更なる推進について」(令和3年3月9日付け厚生労働省健康局結核感染症課ほか連名事務連絡)において、取りまとめて示されているところです。
 今般、感染症の専門家による実地での研修を希望する施設等の令和4年度の募集を開始したことも踏まえ、改めて高齢者施設等における感染対策に活用可能な手引き、教材及び研修等について取りまとめられました。
 つきましては、国事務連絡より手引き、マニュアル等をご参照いただき、感染対策にご活用ください。
 本事務連絡等については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。


【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22


問合せ先
電話 (045)210-1111(代表)
福祉施設グループ     (内線4855)
保健・居住施設グループ  (内線4857)
在宅サービスグループ   (内線4824)
 2022/04/28:●神奈川県からのお知らせ● 神奈川県立保健福祉大学実践教育センター「令和4年度研究入門講座STEP2」の受講者募集のお知らせ
当センターは、保健・医療・福祉分野に携わる専門職の一層のレベルアップを図るための現任教育を実施しております。
つきましては、別紙のとおり標記研修を開催することとなりましたので、関係職員の受講についてご検討くださるようお願いします。

別紙:「介護情報サービスかながわ」に掲載
    令和4年度 研修入門講座 募集チラシ

掲載場所:介護情報サービスかながわ
      ⇒ 事業者 → 書式ライブラリー(書式/通知)
       ⇒ 10.セミナー・講演会・研修
        ⇒ その他
 
<問合せ先>
公立大学法人神奈川県立保健福祉大学
実践教育センター実践教育部 松永、中村
電話 045-366-5800(代表)
 e-mail kensyu-13.j@kuhs.ac.jp
 2022/04/28:●神奈川県からのお知らせ●感染対策のための実地での研修に係る令和4年度における募集について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和4年4月26日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
介護保険サービスの提供に当たっては、「介護保険サービス従事者向けの感
染対策に関する研修について」(令和2年11月9日付け厚生労働省老健局高齢者支援課ほか連名事務連絡)等において、介護保険サービスに従事する職員がサービスを提供する際に留意すべき感染防止策に係る研修教材を公開するとともに、感染症の専門家を希望する介護保険施設又は事業所(以下、「施設等」という)に派遣し、「実地での研修」を行っているところです。
今般、別添のとおり令和4年度において感染症の専門家による実地での研修
を希望する施設等を募集いたします。

1.実地での研修について
○ 募集期間
令和4年4月27日(水)~5月27日(金)

○ 応募要件
管理者或いは感染対策教育担当者が職員向け研修プログラムを全て受講
済みであること。

※令和4年度感染対策のための実地での研修
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/newpage_25396.html

※上記受講すべき研修プログラムについては、「介護保険サービス従事者向けの感染対策に関する研修」を参照のこと。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/kansentaisaku_00001.html



2.備考
〇 目的、対象等の詳細は別添を参照してください。
〇 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、専門家との
マッチングが実施できず、研修が実施できない場合があります。
〇 受付数に到達次第、募集を締め切ります。
○ 今年度は本研修に加え、別途、施設等を対象としたオンラインによる
集団研修(講義及びグループワーク)を実施する予定です。詳細については後日ご連絡させていただきます。

本研修についての御質問は、研修事務局へ直接お問い合わせください。
 感染症対策のための実地での研修事務局
メールアドレス: k_toiawase@jmar.co.jp

 本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。


【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22
 2022/04/28:●神奈川県からのお知らせ● 障がい福祉サービス事業所と連携し、「ともに生きる社会かながわ憲章」Tシャツを一般販売します!(第2弾)
県は、県議会とともに「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、ともに生きる社会の実現を目指して取り組んでいます。
このたび、新型コロナウイルス感染症の影響により、イベントでの出店・販売等の機会が減っている障がい者の働く機会を応援するため、去年12月に続いて、7月25日から31日の「ともに生きる社会かながわ推進週間」に向けて、障がい福祉サービス事業所と連携して、「ともに生きる社会かながわ憲章」Tシャツの一般販売を行います。

販売価格 Tシャツ1枚あたり 1,800円(税込み) 

サイズ S、M、L、LL、3Lサイズ
※Tシャツの生地は綿 100%になります。(第1弾販売時のドライ生地とは異なります)
※送料660円(購入枚数問わず、発送先1件あたりにつき 振込手数料別)

申込方法 神奈川県障害者共同受注窓口のホームページ(https://www.kyodo-juchu.com/)に掲載している申込フォームから令和4年5月31日(火曜日)までにお申込みください。

お申込みを頂いた方に、7月上旬(予定)にTシャツを発送します。

お問合せ 県共生推進本部室共生グループ ?045(210)4961
 2022/04/14:●神奈川県からのお知らせ●【重要】【4/20回答締切:神奈川県調査】新型コロナの往診等実施状況調査へのご回答にご協力お願いします。
★高齢者施設入所者をコロナから守るための神奈川県からの大切なお知らせ★

 日頃からコロナ陽性者の療養にご協力いただきありがとうございます。
 直近では新規感染者数が増加に傾向となるなど、第7波の到来が強く懸念されています。
 その第7波対策としては、高齢者施設への医療支援の強化が重要と考えております。
 コロナ陽性者が発生した場合に速やかに支援を実施できるようにするためには、事前に各施設の医療機関との連携等の状況を把握させていただき、県や保健所設置市へ連絡いただく体制の構築が大変重要となります。
 つきましては、各施設の医療機関との連携等の状況を把握させていただく調査を実施しますので、下記webフォームよりご回答をお願いします。
 この調査にご回答いただくことが各自治体による速やかな支援の実施につながりますので、お忙しいところ恐縮ですが、ご協力をお願いします。

 なお、回答の内容によっては県から問合せをさせていただく場合がありますので、ご承知おき願います。

【調査概要】
高齢者施設における新型コロナの往診等実施状況調査
https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/b065ff6229b39783675f31164067eb18082b00fdf6c279586e2caa38f39f3813

<回答期限>
4月20日(水)

<回答対象施設>
・介護老人施設
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・介護老人保健施設
・介護医療院(介護療養型医療施設含む)
・特定施設入居者生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・認知症対応型共同生活介護
・養護老人ホーム
・軽費老人ホーム
・有料老人ホーム
・サービス付き高齢者向け住宅

【資料】
 【依頼文】高齢者施設における新型コロナの往診等実施状況調査(施設向け)

【資料掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22


【問合せ先】
(webフォームの設問に関すること)
 医療危機対策本部室 感染症対策企画グループ
 https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/342c9f2e0c65dd4ef9e47ae05015cf1b11c57e2d4effadeea9ec844a29e29d6e

(設問以外の本調査に関すること)
 医療危機対策本部室 企画グループ
 iryoukiki-kikaku.3p6r@pref.kanagawa.lg.jp

(高齢者施設等に関すること)
 高齢福祉課 福祉施設グループ
       保健・居住施設グループ
 2022/04/11:●神奈川県からのお知らせ●「(仮称)神奈川県当事者目線の障がい福祉推進条例」の骨子案に関するパブリック・コメントを実施しています。
県では、津久井やまゆり園での凄惨な事件の後、県議会と共同で「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、園の再生を進める中、より良い支援に向けて様々な議論や検討を行い、「当事者目線の障がい福祉」が重要だと認識しました。
この考えを、当事者や支援者をはじめとした県民の皆様、市町村、関係団体等で共有し、オール神奈川で「当事者目線の障がい福祉」に取り組むために、「(仮称)神奈川県当事者目線の障がい福祉推進条例」の制定に向けた検討を行い、このたび条例の骨子案を作成いたしました。
つきましては、「(仮称)神奈川県当事者目線の障がい福祉推進条例」骨子案について、県民の皆様からのご意見を募集いたします。

【掲載場所】
  「書式ライブラリ」
   →5.国・県の通知
    → その他

【意見募集期間】
令和4年4月7日(木曜日)から5月6日(金曜日)

【意見提出方法】
 フォームメール・郵送・ファクシミリ

提出方法の詳細について、または「(仮称)神奈川県当事者目線の障がい福祉推進条例」骨子案ルビ版・テキスト版は県ホームページ(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m8u/pub/c0197302.html)
をご覧ください。

【問合せ】
福祉子どもみらい局 共生推進本部室 利用者支援グループ
電話 045-285-0548 
 2022/04/04:●神奈川県からのお知らせ●看護専任教員の魅力を伝える動画の公開について
介護保険施設等に所属する看護職員の皆様

 本県の健康医療行政の推進につきましては、日ごろからご理解、ご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
さて、県では看護専任教員の魅力を広く発信し、看護専任教員の成り手の増加を図るため、動画を作成しました。
ぜひご覧ください。

○ 神奈川県公式YouTubeチャンネル「かなチャンTV」
・ 看護専任教員の魅力を語る ~ダイジェスト版~(1分程度)
https://www.youtube.com/watch?v=JZSRJH2G4m8
・ 看護専任教員の魅力を語る ~若手教員編~(5分程度)
https://www.youtube.com/watch?v=SqYdlctbVXE
・ 看護専任教員の魅力を語る ~目指している人編~(5分程度)
https://www.youtube.com/watch?v=e4NwpX6Aros
・ 看護専任教員になるには(6分程度)
https://www.youtube.com/watch?v=Vlhc_3Zck2s

【問合せ先】
神奈川県健康医療局保健医療部医療課人材確保グループ
電 話 045-210-4759(直通)
メール chiho-kanjin@pref.kanagawa.lg.jp
 2022/04/01:●神奈川県からのお知らせ●科学的介護情報システム(LIFE)の受託事業者変更に伴うお問い合わせフォーム等の一部機能の停止及び今後の対応について
 各介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和4年3月31日付けで厚生労働省老健局老人保健課から別添のとおりの事務連絡がありましたのでお知らせします。
本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。

【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 18.令和3年度介護保険制度改正・報酬改定
→ 科学的介護情報システム(LIFE)について
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1077&topid=31



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4843
****************
 2022/03/29:●神奈川県からのお知らせ●令和4年度特定行為研修受講促進事業費補助金について
訪問看護ステーション管理者 様

  県では、神奈川県地域医療介護総合確保基金事業費補助金交付要綱に基づき、令和4年度に県内の病院及び訪問看護ステーションに勤務する看護職員が特定行為研修を受講する際に、その受講に係る経費の一部に対して補助を行います。
 補助を希望する県内の病院及び訪問看護ステーションにおかれましては、事業計画書に必要事項をご記入の上、当課あてメールにて提出してください。事業計画書をご提出いただいた施設を対象に、補助金に係る交付申請を受け付けます。
 詳細については、下記ホームページをご確認ください。
 「特定行為研修受講促進事業費補助金について」
  URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/houmon/tokuteikoui-hojo.html
※ 事業計画書の提出期限:令和4年5月31日(火)

【問合せ先】
神奈川県健康医療局保健医療部医療課人材確保グループ
電 話 045-210-4759(直通)
メール chiho-kanjin@pref.kanagawa.lg.jp
 2022/03/25:●神奈川県からのお知らせ●「外国人介護人材受入施設環境整備事業費補助金」について
本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただき感謝申し上げます。

本県では、「外国人介護人材受入施設環境整備事業費補助金」を実施しています。
令和4年度標記補助金の事前着手届の受付を開始しますのでお知らせします。

■事前着手届提出対象事業者
 令和4年4月1日から5月31日までに事業着手を行う事業者

■事前着手届提出期限(必着)
 令和4年3月29日(火)(令和4年4月1日から事業着手を行う場合)
 事業着手日の1週間前(令和4年4月から5月に事業着手を行う場合)

【県ホームページ】
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f535601/gaikokujinkaigo.html

****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4768 
****************