かなナビ
 

Ⅱ 介護保険制度の仕組み

1 介護保険の仕組み

介護保険制度は、平成12年4月からスタートしました。
皆様がお住まいの市区町村(保険者といいます。)が制度を運営しています。

私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。
65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。

また、40歳から64歳までの人は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、介護サービスを受けることができます。

平成30年4月をもって、介護保険の予防給付(要支援の方に対するサービス)のうち介護予防訪問介護と介護予防通所介護が介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)に移行され、市町村の事業として実施しています。

総合事業には、従前の介護予防訪問介護と介護予防通所介護から移行し、要支援者と基本チェックリストで支援が必要と判断された方(事業対象者)に対して必要な支援を行う事業(サービス事業)と、65歳以上の方に対して体操教室等の介護予防を行う事業(一般介護予防事業)があります。
65歳以上の高齢者が要介護状態になった時に介護サービスを1割(一定以上所得者の場合は2割※)負担で利用できる仕組みです。

※平成30年8月より、一定以上の所得がある方には、サービス費の3割をご負担いただくことになります。

65歳以上の方 加入者 (被保険者) 年齢により2つの被保険者に分かれます。 公的医療保険に加入している 40 ~ 64歳の方 (第2号被保険者) 市町村 (保険者) ケアマネジャー 連携 保険証の交付 要介護認定や 結果の通知 介護保険料の納付 要介護認定の申請 介護サービスの提供 介護報酬の請求 介護報酬の審査・支払い 介護サービス・介護予防サービス 事業者 地域包括 支援センター 支援 相談 相談 ケアプラン作成依頼 ケアプラン作成 支援 介護サービスの利用 費用の1~3割を支払う(第2号被保険者は1割負担) 連絡調整 連絡調整

介護保険を利用するためには、お住まいの市町村に要介護認定申請をしなければなりません。申請にあたって相談する機関は、最寄りの地域包括支援センターになります。何かわからない場合は、地域包括支援センターに電話をするとよいでしょう。

介護保険の財源は、税金と保険料から構成され、平成28年度における介護市場の規模は、約10.4兆円になっています。

介護サービスを提供する事業者は、都道府県や市町村の指定を受ける必要があります。介護サービスは、52種類にもわたるため、サービスのマネジメントをする介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアプランを作成することによりサービスの提供につなげます。



2 要介護認定とは

要介護認定とは、市町村に設置される介護認定審査会で要介護状態の程度を判定することです。この判定結果により、要支援1~2、要介護1~5の7つの区分が認定され、それに応じて利用限度額が決まります。
 介護保険を利用する場合は、必ず市町村に要介護認定申請をする必要があり、申請から認定結果の通知を受け取るまでの期間は、法令で30日以内と定められています。要介護認定のプロセスは次のとおりです。


出典:厚生労働省


介護保険適用サービスは、要介護・要支援度に応じて、介護サービスの利用料の限度額が設定されています。認定区分と一か月あたりの利用限度額は次のとおりです(平成30年4月現在)。


わかりやすく言うと、要介護1に認定された場合に利用できるサービスの量は、約16万6千円で、その1割(一定以上所得者の場合は2割)を利用者が負担することになります。


3 ケアマネジメントとは

介護保険では、要介護認定を受け、実際に介護サービスを利用する場合、サービスのマネジメントを専門家に依頼することができます。

ケアマネジメントとは、介護サービスを利用するご本人の要介護状態や生活状況を把握したうえで、ご本人が望む生活を送れるよう、様々な介護サービスを組み合わせてケアプランを作成し、そのプランに従ってサービスが提供できるよう事業者との調整を行い、実際にサービスが提供された結果を確認するという一連の業務をいいます。

ケアマネジメントは、介護サービスの一体的提供、並びに高齢者自身によるサービス選択を現場レベルで担保する仕組みとして導入されました。また、すべての介護サービスの提供プロセスは、P,D,C,Aサイクルに沿って提供されることが基本になっています。


ケアマネジメントの業務は、介護支援専門員(ケアマネジャー)が行いますが、利用者の金銭的な負担はありません。必要な費用は、保険から全額給付されます。

ケアプランを作成しないと、介護サービスを利用することができませんので、要介護認定を受けたら、自宅に近いところにある居宅介護支援事業所にケアプランの作成等を依頼する必要があります。

実際に居宅介護支援のサービスを見てみよう!(サービス紹介ページにリンク)
近くに所在する事業所を検索してみよう!(事業所検索画面にリンク)

☜ 前のページへ戻る 次のページへ進む ☞

介護保険制度とは

Ⅰ.介護保険制度導入の背景
  1. なぜ、介護保険ができたのか
  2. 介護保険制度のこれまでの改正
  3. 介護保険制度の目的
  4. 介護保険制度の基本理念
Ⅱ.介護保険制度の仕組み
  1. 介護保険の仕組み
  2. 要介護認定とは
  3. ケアマネジメントとは
  4. 保険料はどうやって決まるの?
  5. サービス利用の手続き
  6. 介護サービスの種類にはどんなものがあるの
  7. 介護予防・日常生活支援総合事業のサービス利用の流れ
  8. 利用者負担はどのくらい
  9. サービスを選択するには
  10. 苦情の申出先は
  11. 地域包括ケアシステムとは
Ⅲ.もっと詳しく知りたい方のために
  1. 介護保険法
  2. 指定基準
  3. 介護報酬
  4. 社会保障審議会