かながわ福祉情報コミュニティ

障害福祉情報サービスかながわのニュースです 障害福祉情報サービス かながわへ

お知らせ


<神奈川県からのお知らせ> [2022/12/02]
12月11日共生社会実践セミナーを開催します!

 県は、県議会とともに「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、ともに生きる社会の実現を目指し取組を進めています。
 この度、憲章の理念を広め、共生社会を自分事として考え、行動している方々の取組みを紹介する「共生社会実践セミナー」を開催します。                
■ 日時 12月11日(日曜日)13時00分から15時30分まで
■ 開催方法 本庁舎3階大会議場 及び オンライン配信  
■ 申込方法 (※事前申込制)
  次の申込フォームから参加申し込みください。    
  https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSderplAdcQGBNO6PIBdESlMOXx7FGRnBUKVvNy-ZK7lAJYLIA/viewform
■ 申込締切 12月5日(月)17時まで  
■ 参加費 無料
■ 内容 (1) 学生による活動報告        
     (2) 「いのちの授業」大賞受賞作文の朗読        
     (3) 共生社会の実践者によるトークセッション       

※ 詳細は県ホームページをご確認ください。
  https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m8u/kyousei-forum.html

○ お問合せ:共生推進本部室 共生グループ 
       電話 045-210-4961  ファクシミリ 045-210-8854

<神奈川県からのお知らせ> [2022/12/02]
「当事者目線の障がい福祉推進シンポジウム」開催のお知らせ

 県は、県議会とともに「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、今年10月には「神奈川県当事者目線の障害福祉推進条例〜ともに生きる社会を目指して〜」を公布し、来年4月1日に施行します。
 このたび、憲章や条例の理念を広め、当事者目線の障がい福祉を推進していくために「当事者目線の障がい福祉推進シンポジウム」を開催します。

1 日時 令和4年12月18日(日曜日)12時30分から15時15分まで
2 開催場所 県庁本庁舎3階 大会議場(横浜市中区日本大通1)
3 内容(プログラム)
(1) 第1部 知事挨拶・講話 当事者目線の障がい福祉の推進
(2) 第2部 講演 「中井やまゆり園における当事者目線の支援」の取組
(3) 第3部 パネルディスカッション それぞれが描く「当事者目線の障がい福祉」のみらい
4 参加申込(会場参加)
  会場での参加を希望される方は、県電子申請システムの申込みフォーム
 https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=43146
 から12月14日(水曜日)までにお申し込みください。(先着100 名、参加無料)
5 配信
  当日のシンポジウムの模様はオンラインでの配信を行います。配信のアドレスは後日県共生推進本部室ホームページ
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m8u/shien/top.html
に掲載します。

問合せ先 神奈川県福祉子どもみらい局共生推進本部室利用者支援グループ 
     電話:045-285-0548 ファックス:045-210-8854

<神奈川県からのお知らせ> [2022/12/02]
医療機関や老健施設による医療型短期入所事業所職員向け研修の開催について

 県障害サービス課では、重症心身障がい児者等が在宅で安心した生活を送ることができるよう支援するため、医療機関や介護老人保健施設による医療型短期入所事業所の開設支援を行っています。
 本講座は主に医療型短期入所事業の対象者や支援内容に関心のある職員の皆様に向けて、集合・座学研修等を行い、支援を担う人材を育成する目的で実施します。
 この度、第3回、第4回のスケジュール及び研修内容が決定しましたので、お知らせいたします。

【実施スケジュール】
第3回:令和4年12月14日(水)14:00〜16:45 総論(医療型短期入所の対象理解)
第2回:令和5年1月25日(水)14:00〜16:45 医療(呼吸ケア)

※第5回については現在日程調整中です。

※会場は「市民フロアAルーム(横浜市西区高島2―18−1 横浜そごう9F)」になります。

【掲載場所】
「障害福祉情報サービスかながわ」
→「書式ライブラリ」
 →「1.神奈川県からのお知らせ」
  →「1 神奈川県からのお知らせ」

掲載場所:https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.aspcategory=3&topid=1

【職員向け研修に関する問合せ】
 株式会社医療経営研究所
 電話 03‐5202‐6665

<神奈川県からのお知らせ> [2022/12/02]
看護師・准看護師等の届出は令和5年1月16日までに

 業務に従事しているすべての歯科衛生士・歯科技工士・保健師・助産師・看護師・准看護師の方は、法律により2年ごとの届出が義務付けられています。
 貴施設に該当職種の方がいらっしゃる場合は、令和5年(2023年)1月16日(月曜日)までに、貴施設を管轄する保健所(保健福祉事務所や福祉保健センター等)へ業務従事者届を提出していただく必要があります。
 お手数ですが、貴施設の該当職種の皆様にお知らせくださるようお願いします。
 なお、今年度の業務従事者届から、医療従事者届出システムを通じて、インターネットによるオンライン届出が可能となります。オンライン届出の実施方法等については、厚生労働省の専用ホームページを御参照ください。

○ 厚生労働省の専用ホームページはこちらです。
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryojujisha-todokede-sys.html

 引き続き、紙媒体による業務従事者届の届出も可能であり、紙媒体による届出方法は、従来と同様です。届出用紙は、県の専用ホームページからダウンロード可能です。

○ 県の専用ホームページはこちらです。
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/cnt/f945445/gyoumujyuuji.html

 専用ページでは、届出用紙(データ)やQ&A等を掲載しています。紙媒体により届け出る場合は、届出用紙を記入(令和4年12月31日現在の状況)・印刷の上、保健所等へ提出してください。

○ 本届出の受付等のお問合せは、管轄する保健所等までお願いします。

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/30]
就労移行・定着支援事業所と障害者就労支援センターとの連絡会開催について

市内の就労支援機関のネットワークを形成し、障害者就労支援の推進を図ることを目的に、横浜市内就労移行・定着支援事業所と障害者就労支援センターとの連絡会を開催します。ぜひ、ご参加ください。

対 象:就労移行・定着支援事業所施設長又はサービス管理責任者、就労支援センターセンター長
申込み:横浜市電子申請・届出システム(下記よりお申込み下さい)   https://shinsei.city.yokohama.lg.jp/cu/141003/ea/residents/procedures/apply/c5062b3d-bf58-4484-882d-c938cb4acb70/start
申込期間:令和4年11月7日(月)から12月6日(火)
※締切り延長しました     

※詳細は下記PDFを確認して下さい。
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N495.pdf

【連絡会に関する問合せ】
  横浜東部就労支援センター
  電話 045-450-5181
【電子申請による申し込みに関する問合せ】
  横浜市障害自立支援課就労支援係
  電話 045-671-3992

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/28]
令和4年度自殺対策相談実践研修のお知らせ

令和4年度自殺対策相談実践研修について
横浜市の自殺対策の一環として、自殺に至る心理状態やリスクアセスメント、対応方法をロールプレイを通して相談技術を学ぶ研修です。この研修は、相談支援従事者を対象としています。ぜひご参加ください。

【日時】令和5年1月26日(木) 10時00分から16時00分まで
(昼休憩:13時00分〜14時00分)
【会場】横浜ワールドポーターズ6階 イベントホールB 
(所在地:横浜市中区新港2-2-1)
【講師】株式会社つるがみねグループ 鶴ヶ峰心理グループ・南藤沢心理相談室
代表取締役 ヴィヒャルト 千佳こ 氏
【申込】 横浜市電子申請・届出サービスからお申込みください。
受付期間:令和4年12月1日(木)8時30分〜令和5年1月6日(金)17時
申込フォームURL:
https://shinsei.city.yokohama.lg.jp/cu/141003/ea/residents/procedures/apply/da054a58-10c5-46f8-8dee-95b436d5d142/start
【問合先】横浜市こころの健康相談センター  TEL045-662-3558

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/25]
神奈川県社会福祉施設等物価高騰対応支援金(障害分)支給申請について

※横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市を除く※

指定障害福祉サービス事業所等 開設法人代表者様

このたび、県内の障害福祉サービス提供体制を維持するため、原油価格・物価高騰に
直面する障害福祉施設等に対し、事業継続に向けた支援金を支給することとしました。

つきましては、次のとおり支給申請を受け付けますので、支給を希望する場合は
法人で取りまとめの上、期日までに申請書等を県へ送信してください。

〇 申請方法

 ・ 申請期間 令和4年11月28日(月)〜令和5年1月20日(金)

 ・ 申請方法 e-kanagawa神奈川県電子申請システムによる電子申請

〇 申請書等の掲載場所

 障害福祉情報サービスかながわ→ 書式ライブラリー →
 →1 神奈川県からのお知らせ → 1 神奈川県からのお知らせ
【URL】
 https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=3&topid=1

〇 問合せ先
 神奈川県高齢者・障がい者施設等物価高騰対応支援金コールセンター
 電話:045−285−1031
 (受付時間は平日9時 30 分〜17 時)

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/24]
『8050問題を考える』 精神障がい者の地域移行に関わる支援者研修

━2022.11.24配信━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<神奈川県からのおしらせ>
精神障がい者の地域移行に関わる支援者研修
『8050問題を考える〜複雑化した家庭への支援〜』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━https://www.kanafuku.jp

神奈川県では、精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築推進事業の一環として、
精神障がい者の地域移行に関わる支援者向けの研修を実施します。

==================
◆8050問題を考える〜複雑化した家庭への支援〜◆
≪オンライン開催・参加費無料≫
==================

精神障がい者が地域の一員として安心して暮らすことができるよう、
関係者の皆さんで学びを深めませんか?

ここ数年、社会問題として多数取り上げられている「8050問題」。
本研修では複雑化した課題を持つ家庭(高齢者と同居する子どもがひきこもり当事者の場合等)
への支援や介入方法、他分野との連携方法などなど・・・
25年にわたり数千人のひきこもり当事者や家族の相談に乗ってきたジャーナリストの
池上正樹氏がさまざまな事例を交えながらお話しします。

【テーマ】8050問題を考える〜複雑化した家庭への支援〜
【講師】池上 正樹 氏(ジャーナリスト KHJ全国ひきこもり家族会連合会 理事 広報担当)
【開催日時】令和4年12月20日(火)15:00〜17:00
【受講対象者】神奈川県内の精神障がい者の地域移行に関わる方  
【開催方法】オンライン 
【受講料】無料
【内容】
 1.同居家族がひきこもり当事者の場合の事例
 2.他分野の支援、連携の具体策
 3.質疑応答

▼詳細・申込みはこちら▼
https://www.kanafuku.jp/services/syogaifukushi/nimo.html

主催:神奈川県障害福祉課 企画協力:神奈川県鎌倉保健福祉事務所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールに関するご質問・お問合せは、下記までご連絡下さい。
------------------------------------------------------------------------
発行・配信
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 業務支援課
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
TEL:045-514-1263 FAX:045-671-0295 URL:https://www.kanafuku.jp
------------------------------------------------------------------------

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/22]
R4年度相談支援従事者専門コース別研修「障がい児支援」の開催について

 令和4年度神奈川県相談支援従事者専門コース別研修「障がい児支援」の開催について、「障害福祉情報サービスかながわ」に実施申込書を掲載しましたのでお知らせします。
 受講を希望される方は、申し込みチラシをご確認の上、お申込みください。

<掲載場所>
ウェブサイト「障害福祉サービスかながわ」→「書式ライブラリ」→「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」→「2.相談支援従事者研修」

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/22]
特定非営利活動法人ステラポラリス「第5回ステラ祭り」開催について

特定非営利活動法人ステラポラリスが「第5回ステラ祭り ステラ大食い障害者祭り!〜当事者から共生社会を創り出す〜」を開催します。
「共生社会実現」の普及および当法人の実践である「ピアサポート」の紹介を行い、地域と一体となった活動を目指すことを目的としています。ぜひご参加ください。
 
【日時】 令和4年12月11日(日)10時00分から16時00分まで
【場所】 かながわ県民センター 2階ホール
     (〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
【内容】 ■メンバー企画
     ■パネルディスカッション
     「激論!昼から生バトル!!どうする依存症列島」
     (日本社会事業大学専門職大学院准教授 曽根直樹先生) 他
     ※参加費無料、申し込み不要
     ※詳細は特定非営利活動法人ステラポラリスのホームページをご覧ください。
      https://www.stella24p.org/
【後援】 神奈川県・横浜市健康福祉局・横浜市社会福祉協議会
     NPO法人横浜市精神障害者家族連合会
     保土ヶ谷区精神障害者家族会「たちばな会」
【問合先】特定非営利活動法人ステラポラリス(10:00〜17:00/担当:永田)
     TEL045-442-7373/FAX045-442-7358

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/22]
集中的検査に係る抗原検査キットの配布について

(11月24日更新)
 通知文の「6 使用実績の報告」に報告用Webフォームについて記載しましたので、ご確認ください。


※横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市及び寒川町を除く

 このたび、「高齢者施設等の従事者等に対する検査の実施の更なる推進について」(令和4年9月9日付け厚生労働省事務連絡)に基づき、指定障害福祉サービス事業所等における新型コロナウイルス感染症によるクラスター対策強化のための措置として、集中的検査を実施します。それに伴い、県保健所管内に所在する指定障害福祉サービス事業所等の従事者の方用に、抗原検査キットを配布します。
 抗原検査キットは令和4年11月下旬より、各施設・事業所あてに順次配送いたします。
 つきましては、クラスター対策強化のため、集中的検査に積極的に取り組まれるようお願いします。
 またお手数ですが、週に1回、使用実績を専用のWebフォームによりご報告ください。

1 検査実施期間
  令和4年12月から3ヶ月間(予定)

2 対象施設等
  県保健所管内(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市及び寒川町を除く)に所在する、令和4年9月1日までに指定を受けた指定障害者支援施設・指定障害福祉サービス事業所・指定障害児通所支援事業所・地域生活支援事業を行う事業所等 

詳細は以下に掲載しておりますので、必ずご確認ください。
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT192N438.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/22]
就労系障害福祉サービス事業所の職員を対象にしたセミナーのご案内

 令和3・4年度厚生労働省科学研究費「就労系障害福祉サービス事業所のテレワークによる就労の推進に関する研究」の研究班により全国の就労系障害福祉サービス事業所の職員を対象にしたセミナーが開催されます。
 詳しくは、下記をご覧ください。

○障害のある人の新たな働き方『テレワークによる就労』を支える就労系障害福祉サービス事業所の実践セミナー
 https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT4N1410.pdf

1 日時 2022年12月9日(金) 9:00〜18:00
2 方法 オンライン(ウェビナー使用)

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/21]
サビ児管研修 補足研修 募集開始

サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者の補足研修(後期開催コース)の募集を開始しました。
書式ライブラリのご案内や研修事業者の募集要領をご確認のうえお申込みください。

書式ライブラリのご案内
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=127&topid=4

研修事業者ホームページ

特定非営利活動法人かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク
https://www.kcn.or.jp/

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/18]
障害福祉事業所のアルバイト等募集情報一覧の更新について

今年度から障害福祉分野の人材確保支援策の一環として、障害福祉事業所のアルバイト・ボランティア・インターンシップ募集情報及び実習受け入れ可能な事業所情報の一覧を作成し、市内大学へ配付しています。
このたび、各情報の一覧を更新しますので、皆様におかれましては、ぜひ御活用くださいますようお願いいたします。
なお、前回の一覧に掲載している事業所等も、改めて御登録が必要です。御登録がない場合は、更新後の一覧に掲載されませんので御注意ください。
詳細は通知文で御確認をお願いいたします。

【掲載場所】
「書式ライブラリ」→「2 横浜市からのお知らせ」→「@ 横浜市からのお知らせ」

https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=12&topid=2

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/18]
令和4年度早期療育普及研修のご案内

 県立総合療育相談センターでは、早期療育普及研修を、次のとおり開催しますのでお知らせします。
 本研修では、早期療育における障害理解への援助について、知的障害児、身体障害児それぞれのお子さんの状況をふまえた講義と、子どもの育ちを支える家族支援の講義を予定しております。ぜひご参加ください。
 なお、詳細については、次のページをご覧ください。

○令和4年度早期療育普及研修 - 神奈川県ホームページ
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/j3t/kenshu/r4souki.html

○日時:令和5年1月13日(金) 9時30分から16時10分まで
○開催方法:オンライン(ZOOM)
○対象:心身障害児の療育に業務として携わっている方
   ※政令市・中核市に所在する事業所等(県立特別支援学校は除く)の方は除きます。
○定員:30名程度
○参加費:無料
○申込期限:令和4年12月15日(木)

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/18]
「処遇改善加算等取得促進支援セミナー」開催のお知らせ

横浜市では、処遇改善加算の制度理解や、より高い加算区分の取得等を目的とした福祉・介護職員処遇改善加算取得促進支援セミナー及び専門家による無料相談を実施します。
1 セミナー配信日時
  1回目 2022年12月12日(月) 10:00 〜 12月23日(金)17:00
  2回目 2023年 1月16日(月) 10:00 〜 1月27日(金)17:00
  3回目 2023年 2月 6日(月) 10:00 〜 2月17日(金)17:00   
2 詳細及び申込方法
  詳細及び申込方法については、下記ページ掲載のご案内をご覧ください。
  https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=114&topid=2
  障害福祉情報サービスかながわ>書式ライブラリ>2.横浜市からのお知らせ>G研修・説明会等【横浜市】
  『 令和4年度福祉・介護職員処遇改善加算セミナー等の実施について(セミナー)(個別相談)』
○ 問合せ先
  介護労働安定センター
  電話 045-212-0015 FAX 045-212-0016

<横浜市からのお知らせ> [2022/11/17]
【新型コロナ感染症対策】障害者施設等の従事者に対する集中検査の実施について

厚生労働省事務連絡「高齢者施設等の従事者等に対する検査の実施のさらなる推進について」を受け、障害福祉施設等において集中的検査を実施することになりました。市内施設等の従事者全員に週2回の抗原検査を実施するという内容です。
12月から1月に実施するため、11月中に市内施設等に抗原検査キットを配送します。
詳細は、横浜市からのお知らせに掲載している添付の通知をご覧ください。

https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=12&topid=2

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/16]
「苦情解決研修会(実践編U)」開催のお知らせ

 かながわ福祉サービス運営適正化委員会では、次のとおり「苦情解決研修会」を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

1 日時:令和5年2月7日(火)13時30分〜16時30分   
2 開催方法:Zoomミーティングによるオンライン研修
3 内容:講義と演習
  「苦情を前向きに捉え、福祉サービスの質の向上につなげる〜キーワードは"気づき"〜」
4 詳細及び申し込み方法
  詳細及び申込方法については、下記ページ掲載のご案内をご覧ください。
  http://www.knsyk.jp/c/tekiseika/6acc08c531b05a23bfae8ce336876827
○ 問合せ先
  かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
  電話 045-534-5754  FAX 045-312-6302

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/16]
令和4年度神奈川県発達障害支援センター家族向け研修のご案内

主に育児中の保護者・家族の方を対象に発達障害の理解や啓発を目的に講座を開催します。
参加をご希望される方は、Eメール(ホームぺージ参照)にてお申込みください。

テーマ:発達と食育
演 題:「子どもの発達を支える食育〜家庭でできる食育と偏食克服へのヒント〜」
講 師:ハッピー食卓プラネット 代表/管理栄養士 小林浩子 氏
日 時:令和4年12月15日(木)10:00〜12:00(9:30開場)
会 場:アイクロス湘南 6階 会議室
    (藤沢市辻堂神台2−2−1)
その他:参加費無料

申込書掲載場所:
○神奈川県発達障害支援センター 公開講座及びイベント等のご案内
−神奈川県ホームページ−
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/a4b/cnt/f984/p1213510.html

○「障害福祉情報サービスかながわ」→「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」→「5.その他の研修会等のお知らせ」

<神奈川県からのお知らせ> [2022/11/16]
『ピアサポーターからのメッセージ』精神障がい者の地域移行に関わる支援者研修

━2022.11.16配信━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<神奈川県からのおしらせ>
精神障がい者の地域移行に関わる支援者向け研修
『ピアサポーターからのメッセージ』
<神奈川県にも包括構築推進事業>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━https://www.kanafuku.jp

神奈川県では、精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築推進事業の一環として、
精神障がい者の地域移行に関わる支援者向けの研修を実施します。

==================
◆ピアサポーターからのメッセージ◆
〜精神障がい当事者からの体験談と日々の取り組み〜
≪オンライン開催・参加費無料≫
==================

精神障がい者が地域の一員として安心して暮らすことができるよう、関係者の皆さんで学びを深めませんか?

本セミナーでは、精神障がい当事者であるピアサポーターが病気に立ち向かった体験と、
日々の活動や取り組みについて、お話しいただきます。

【テーマ】ピアサポーターからのメッセージ
【講師】印部 良介 氏(神奈川県精神保健福祉センター 調査・社会復帰課)
    本間 ゆかり 氏(平塚保健福祉事務所 保健予防課)
    ピアサポーター4名 
    相談センターゆいまーる・ほっとステーション平塚・地域生活サポートセンターとらいむ
【開催日時】令和4年12月6日(火)15:00〜17:00
【受講対象者】平塚市・大磯町・二宮町の精神障がい者地域移行に関わる方 
       看護師等医療従事者、障害福祉サービス事業所職員、地域包括支援センター職員、行政職員等
       定員:30名程度     
【開催方法】オンライン 
【受講料】無料
【内容】
1.ピアサポーターの成り立ちや活動
2.ピアサポーターの体験談
 ・退院後はこんな生活をしています
 ・病状のこと、日々の暮らし、症状維持のコツ
 ・精神科病院に入院した体験
 ・退院先の家探しの苦労
 ・病院と地域の暮らしの違い 等々
 
 ▼申込みはこちら▼
https://www.kanafuku.jp/plaza/entry/?id=39


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールに関するご質問・お問合せは、下記までご連絡下さい。
------------------------------------------------------------------------
発行・配信
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 業務支援課
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
TEL:045-514-1263 FAX:045-671-0295 URL:https://www.kanafuku.jp
------------------------------------------------------------------------

次のページを表示
▲ ページトップへ